商店街活性化 隘路からのブレイクスルー

全国的に隘路にはまり込み、出口の見えない商店街活性化、各地で出口を見いだそうとする模索が始まっています。
「事業仕分け」における“通行量の増加では解決にならない”というこればかりは至極まっとうな指摘もありましたし。

 隘路からの脱出、有力な一案というか今のところ唯一の戦略と判断されるのが「キラリ繁盛店づくり」です。その内容についてはこのところ連日のように説明しているとおり。

 ちなみに“戦略”とは何か?
これまた当サイト常連の皆さんには先刻ご承知のことですが、新規においでの方もあり、念のために確認しますと“戦略」とは:
① 複合的問題、長期的問題などへの取り組みにおいて、
② 動員可能(既有および調達可能と見込まれる)な資源を編成・運用して
③ 目的を達成するために作られるシナリオ
のことです。この戦略の定義は、“戦略”という概念が登場する状況において、これまでのところ、もっとも適切な定義ですからきちんと確認して活用してください。

 商店街活性化のシナリオとは、動員可能な資源を編成・運用して商店街活性化を実現するシナリオです。
ここで質問。
そもそもあなたが取り組んでいる“商店街活性化」ではこの意味での“戦略”がたてられいますか? たてられていませんよね。
「商店街活性化とは商店街がどうなることか」という肝心要の目的さえ曖昧なまま。“活性化事業」が取り組まれている、というのが大方の商店街の実情であり、これでは“隘路”に迷い込み出口がわからないのも無理はありません。

 さて、商店街活性化という問題解決の戦略としての“キラリ輝く繁盛店づくり“、具体的な取り組みは、ご承知のとおり、当社流商人塾およびtakeoが担当している「個店経営研修事業」として各地で実践されています。
すでに各地の取り組みにおいて「キラリ輝く繁盛店」が出現しており、当該商店街・中心市街地では「点から線。線から面への展開」という「活性化への道」が実際に切り開かれています。

 この「方法と方向」を 採用するか否かは皆さんの裁量次第ですが、本気で商店街・中心市街地活性化を目指すならば、はまり込んでいる隘路から脱出、活性化への道を切り開いていく「戦略」をたてることは、すべての商店街・中心市街地が直面している課題だと思われますが、いかがでしょうか。

 明日は、今年度最後の個店経営研修事業・大分県宇佐市四日市商店街の取り組みがスタートします.

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ