FC2ブログ

「空間」と「制度」

 サイト「中心市街地活性化への道」・ゆんぬ商人塾の専用掲示板から
(参加者の質問に答えてtakeoが書き込んだものです。)

****************************
講義で質疑が出たことについて簡単に説明しておきます。

まず、「空間」について。

これは「環境」と考えてください。私たちを取り巻く環境がすべて「空間」です。
目に見える「物体」が占めている空間もあれば、目には「何もない」ように見える空間もあります。そういうところにも「空気」があります。

風景、部屋、道路、植物等々、われわれを取り巻くすべてを総称して「空間」と言っています。

われわれを「取り巻く」ということでは「衣服」も「環境=空間」の一種ですね。

空間とよく対比させられるのが時間ですね。
商人塾では「空間を演出してそこで過ごす時間を堪能する」と言いますが、これはある空間(生活局面・その局面を過ごす場所)を自分の好みを基準に演出して、そこで過ごす時間を堪能する、ということです。
時間は、主観的なものであり、特定の琴似無駆られる時間はわれわれの価値付けによって長く感じられたり、短く感じられたりします。
“♪月日の経つのも夢のうち”という浦島太郎の心境が「時間堪能」的時間です。

その二「制度」について。

普通は、仕組み、ルールのことですが、もっと広く考えれば「お約束」はすべて制度です。
毎日、三度三度食事をする、というの「制度」ですし、その制度に慣れ親しんでいるわれわれの胃も「制度」化されています。

制度は大変入り組んでいます。
われわれは良く「○○は××が原因で起きている」と言いますが、○○と××の関係を作り上げている・関係している無数の「制度」を考えると、なかなか「○○は××が原因で起きている」とは言えないことが多いのです。
また、確かに○○は××が原因で起きているとしても、両者の間には様々な制度が入り乱れていますから、××を無くしたからと言って○○が元に戻ることはありません。「制度」はお互いに支え合っておりまして、制度が始まった理由や原因が無くなっても○○の現状はこのまま趨勢として続いていく、ということがあります。
要注意です。

以上、分からないところがあれば質問してください。
引用終わり*********************************

 ゆんぬ商人塾では質問がどんどん出ますので、講義も高度化、“ヒステリシス効果”なども普通に使われるようになりました。

 第二期商人塾は「個店経営研修事業」を活用しています。
二期の特徴は、一期受講者の店舗について
1.去年と同じ人が参加している
2.今年は両親、子供、配偶者が一緒に参加している
3.本人は参加せずに2だけが参加している
など。一店から複数参加はめずらしくありません。

 以上のような参加者の傾向は他の商人塾にも共通しています。

 商人塾未経験の皆さんにとってはにわかに信じられない情景かも知れませんが、いずれも商人塾スタートまでは、何処も同じ、皆さんのところとほとんど同じ状況だったと思います。

 再来週から大分県宇佐市四日市商店街の取り組みがスタートします。今年はさらに仲間が増えていくはずです。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ