啓蒙の推進

◇啓蒙の定義:
 啓蒙とは何か。それは人間が、自ら招いた未成年の状態から抜け出ることだ。
未成年の状態とは、他人の指示を仰がなければ自分の理性を使うことが出来ないということである。
人間が未成年の状態にあるのは、理性がないからではなく、他人の指示を仰がないと、自分の理性を使う決意も勇気ももてないからなのだ。だから人間は自らの責任において、未成年の状態にとどまっていることになる。
 こうして啓蒙の標語とでもいうものがあるとすれば、それは「知る勇気を持て」、すなわち「自分の理性を使う勇気をもて」
ということだ。
(カント『永遠平和のために/啓蒙とは何か』光文社古典新訳文庫p10)

 言い出しっぺ筋のカントさんによれば、啓蒙とは世間的・辞書的通念とは異なり、
○正しいことを知る ことでも
○正しい知識を広める ことでもなく、もちろん、
○知的に遅れている人を導く
ことでもないわけです。世上理解されている啓蒙とは大違い。
(お手元の辞書などを見るとその誤解ぶりを確認することが出来ます。)

 カント的啓蒙とは、“自分自身の「考える力」を活用してものごとを考える”という態度のことですね。この文脈で表現すると“自力試行の店づくり”は「啓蒙的店づくり」になりますね。

 自力思考という態度を身につけることが「啓蒙のすすめ」でありまして、上記のとおり“正しいことを普及させる”ことではありません。

 啓蒙はなぜ必要か?

 カントによれば、啓蒙のスタートは「論争」であり、“論争に加わること”です。(啓蒙的立場からの参加には“論争を注視する”という方法もありますね。)
啓蒙の推進とは、さしあたり「論争の推進」となるわけでありまして、当サイト、今年はいっそう「論争」の提起に邁進する所存です。

 あなたも是非当サイト内外の「論争」に当事者として参加されることをあらためてお奨めします。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ