FC2ブログ

店前通行量の迷信 (2) 承前

(承前)

□中心市街地の“客相”

そもそも、中心市街地に出没するのはどういう人たちか?
まずはファイルを手元にどうぞ。

 「客相」はクオールエイドのサイト愛顧の方はとっくにご承知のとおり、「客層」ではありません。
客層は、性別・年齢・職業・居住地等々「社会的属性」でお客を区分しようという発想です。その背後には、“人の行動は社会的属性によって決まる”、“属性が分かればその人の行動を予測できる”という考え方があります。バカですね(笑

 われわれが生きている社会は、「選択的消費」が基調となっている社会です。
つまり、限られた収入をもとにどのように自分らしい生活を作り上げるか(生活の編集)、ということが消費購買行動の基本テーマになっているわけですね。
 買おうとしている商品がその人の生活でしめる位置によって、購買行動の基準が変わります。ある一人の人があるときは、価格にシビアな購買行動をとり、同じ人が別の買い物の時は、価格よりも商品の特性を重視した行動を取る、というのは当たり前にみられるところです。
 
 このように、われわれは購買ニーズの違いによって購買行動(の基準)を変える。買い物目的によって「節約」を基準にしたり、「堪能」を基準にしたりと、基準を使い分けています。この「使い分け」をクオールエイドでは「客相」と呼んでいます。

 今、中心市街地に滞在している人を、その目的によって分けてみることします。中心市街地に滞在している「客相」ですね。これを当社なりに区分してみたのが上掲の図です。図の下方に各「客相」の説明をしています。さらに念のため、例示をしておきましょう。

①遊歩客相:ショッピング(買い物、下見、冷やかし)、散策など
②居住客相:日常生活の場における行動
③用務客相:来街した用事を済ませる行動
④業務客相:お仕事

○同じ中心市街地に出没しながら、それぞれの目的は異なり、従ってもちろん、行動も異なります。

○ある特定の客相の人は中心市街地にいる間、終始、その客相のままで過ごすわけではありません。中心市街地で働いているOL(業務客相)が退社後ショッピングを楽しむときは、「遊歩客相」に変身しているわけです。

 四つの客相のうち、街の賑わいを作り出すのは、「遊歩客相」です。
他の客相は、来街目的を達成することが課題、その来街&滞在目的に「街を回遊し、堪能する」ことは本来含まれていません。
「遊歩」目的以外の客相を賑わいに参加させたかったら、この人たちが「変身」する仕掛けを作らなければならない。
居住・業務・用務客相(以下、「三客相」と呼ぶ)を遊歩客相に変身させなければ、まちに滞留・回遊し、空間&時間を堪能する=賑わいに参加することはありません。

「三客相を遊歩客相に変身させる」
中心市街地に来街目的不問で人を集める、さまざまな来街客相のその「合算通行量」をもって活性化の数値目標とする考え方には、重大な欠落がある。既にご了解のとおり。

※「客相」について、より詳しくは、「サイト内検索」を活用してください。

商業集積の特性から分ける客相は、
コンビニエンス(二ーズ)客相
コストコンシャス(ニーズ)客相
ラグジュアリィ(ニーズ)客相 です。

 一人の人がニーズの違いで買い物行き先を使い分け、行き先・買い物の違いで消費購買行動・商品選定基準が変わります。
このことは、自分自身、家族、知人その他の消費購買行動を思い出して誤解の余地が
無いようしっかり確認してください。
このあたりを理解しておきませんと、「ショッピングモールとしての再構築」が中心商店街のチャンスである、とか、その実現は既存個店の自助努力の組織化による、
といった基本中の基本について?になるかも、です。

□通行相が異なると歩行速度も異なる。

 あなたのお店の前を歩く人が通過に要する時間は、3~5秒程度でしょうか。

 遊歩客相以外に入店を訴求し、成功するにはこの5秒以内が勝負ということになります。この人たちが店前を歩いているのは、非・ショッピング目的で目的地に向かっている、どちらかといえば周囲は歩くに不便でなければ別なにがあっても気にならない、という意識です。この人たちを一瞬の間に自店のショーウインドの魅力で文字通り「秒殺」しなければ入店客になってもらえません。
他方、商店街にその気で来ている遊歩=ショッピング客相の場合、「どこかいい店はないか」とアンテナを張り巡らせつつ回遊していますから、仕掛けとマッチすれば入店確率は格段に高くなるでしょう。

 ということで、商店街は人出を狙うなら(狙うわけですが)、ショッピング目的・遊歩客相の誘引を目指さないと、せっかくの努力が水の泡におわりかねません。
おっと、その前にファサード、ショーウインドをはじめ、業容三点セットの革新はきっちり取り組んでおくことが鉄則です。

クオールエイドでは、ときどき、あまり世間では使われていないコトバを「専門用語」として使うことがあります。
疑問が生じたら、こちらで確認してください。
用語集」もあります。

 二回にわたって考えてきたように、商店街を繁昌させたかったら通行量を増やせばよい、というのは全くの迷信です。
皆さんはもちろんこういう迷信は無関係かも知れませんが、中心市街地・商店街活性化論議の中では結構はびこっていたりします。
皆さんの前に現れたら、即刻論破してください。
相手のためでもありますよね(笑

「お約束」よろしく
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ