商人塾は「答え合わせ」ではない

 商人塾にはさまざまな人が参加されますが、ときどき、“参加する目的は自分が日頃やっていることが間違っていないかどうか、確認するため”と言う人がいます。
つまり、自分としてはちゃんと今という時代環境に適応した経営を実現している(したがって、繁盛している)自信があるが、せっかくの機会だから、自分の経営に間違いのないことを確認するために参加する、という次第です。

 その後の成り行きには二つありまして。
一つは“講義を聴いてみたら答え合わせどころではない”と思い当たり、臨店指導に真っ先に手を挙げ、講義では質問を連発、三点セットをどんどん変えていくタイプ。

 かたや、“自分がやって来たことに間違いはなかった”と「答え合わせ」に満足、ついでに“コンサルタントはみんな一緒、誰でも立派なことをいうことに変わりはない”などと訳の分からないことをいいながら、これまで通りの経営を続ける人。
講義には参加しますが、お店はピクリとも動きません。

 さて、商人塾は全体で三期に分かれているのですが、これまで取り組まれているのは第一期修了まで、ここまでは取り組むべきことに取り組めば業績がアップします。

 問題は第二期以降の取り組み。
上述のとおり、第一期=改革初年度の売り上げアップは、改善作業で達成可能ですが、二年目はそうはいきません。一年目の講義&試行の間に「業容転換理論」「環境変化の三点セット」「仮説試行法」などを駆使する「基礎体力」が作られていないと、二期の課題である本格的な「業容構築」は出来無いのです。
商人塾一期をクリアして個店経営研修事業に取り組んでいる皆さんは、この段階の仕事に着々と取り組んでいます。

 他方、「答え合わせ」に終始して来た人は、これまでの「繁盛」の要因となっていた「お店の外側の情況」が一変するとさあ大変、売り上げはアッという間に激減コースに陥ります。
自分の経営は「正解」であり、「仮説~試行」などは他店の問題と思っていましたから、基礎体力レベルの改革や蓄積はまったく出来ておらず、繁盛再現への打つ手が分かりません。
こういう情況にある人が局面を打開していくためには、まずはもう一度テキストをしっかり読み返してみることが不可欠ですが、それだけでは無理かも知れません。
一番確実なのは、あらためて新規商人塾へ参加されることですが、その前に商人塾は「答え合わせではない」ということに思い当たることが必要です。 

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ