商人塾の禁句(2)

 昨日も紹介しましたが、別に使ってはいけない、というよりも、だんだん使うのがアホらしくなる、そのうち忘れてしまう、というのが商人塾的「禁句」です。

 他にも色々ありますので紹介してみますね。

陳腐化しているお店、やってはいけない事項一覧;
○販売促進
○品揃えの転換
○店舗改装
○立地移動
○スタッフの増・減員
○その他いろいろお金の掛かること

 如何ですか(笑
全部“やってはいけない・禁止事項”ですからね。
間違って“やるべきこと”などと理解しないように。
なぜやってはいけないか。

 簡単でありまして。
1.店の現状(繁盛を目指す=繁盛していない=陳腐化・劣化している)を現状たらしめているのは、他ならぬ店主以下の経営行動である。

2.現状をかくあらしめている店主以下の ①経営意欲、②基礎体力 ③現在の方向と方法 をもって「繁盛への道」を構想し、実現出来るはずがない。
ということですね。

 上記禁止項目、すべてお金の掛かることばかりですが、商人塾的取り組みの第一原則は、
「お金の掛かることには取り組まない」ということ。
なぜか。
お金の掛かることに取り組むには、多少なりとも「計画」が必要ですが、さて、計画は誰がなにに基づいて立てるのか?

 云うまでもなく、
“①店主以下の陣容で、すなわち、
②お店の業績・業容をかくあらしめている人たちが
③意欲・基礎体力・既存ノウハウをもって
計画を立てる”ことになるわけです。

 お店を陳腐化させている=陳腐化している能力で繁盛店を作るために必要な「お金の使い方」を計画することが出来るでしょうか?
ということですね。
出来ないでしょ。

 もう一つ。
確かに計画を自分で立てるのは無謀かも知れない、では誰かに立ててもらったらどうか?
これはもっとダメ。

 第一に、今どき他人のお店のために繁盛実現の計画を立てることが出来る人はおりません。
第二に、優秀なプランナーさんがいたとして、作ってもらった計画を実行出来る 意欲・基礎体力・ノウハウを持っていますか?

 ということで、優秀なプランナー(いたとして)さんに大枚を払って計画を作ってもらっても宝の持ち腐れに終わります。というか、計画をもてあましているうちも劣化スパイラルは加速します。いうまでもありません。

 ちなみに以上は、そのまんま、商店街活性化や中心市街地活性化にも言えることですね。

活性化の取り組みが必要な個店・商店街・中心市街地の〈意欲・基礎体力・ノウハウ〉は陳腐化しています。
もし、陳腐化していないなら、とっくに活性化に成功していたはずですからね。

 ということで。
現状を現状たらしめている根本要因は「関係者のアタマの使い方」が陳腐化しているからだ、というのが素直な考察の帰結するところ、個店・商店街・中心市街地を活性化したかったら、関係者のアタマの使い方をどうにかしなければならない。

 そこでまたしても禁句の登場(笑
“「意識改革」はご法度の第一番”(笑

 単純素朴ながら正真正銘、キッチリ考察した結論として、
「意識変エルナ 店変エロ」
というお約束が光り輝くのであります。

 お金を掛けない「個店の転換」が動き出してはじめてモロモロのお金の掛かる事業の可能性が保証されるわけですが、
これは個店に限らず、商店街・中心市街地全体に言えることですから、関係各方面の皆さんは「繁盛店への転換」に最優先で取り組む算段・覚悟をしなければならない。

 当分の間、商店街・中心市街地活性化への取り組みの合い言葉は、
「意識変エルナ、店変エヨ」
で決まりです。
「店が変わるまで他の事業に取り組んでも無駄」
ですからね。

 以上を疑い、採用しない商店街・中心市街地は二度と再び陽の目を見ることは出来ません。ジャン、ジャン!

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ