与論島活性化への道


 8月スタートの第二期ゆんぬ商人塾。
受講者20名と一期に勝る参加者を得て順調に進捗しています。

ゆんぬ商人塾の特徴は、
1.与論全島(町)活性化の魁(さきがけ)
2.町・商工会・商店街組織という三者プラスによる取り組み
3.参加者は老・壮・青、商・農・工 渾然一体
4.各般の支援メニューをミックスして全課を踏破
といったところです。

1について。
 第一期からの確認事項で、島全体の活性化を推進していく「自助努力の組織化」、「点から線、線から面への展開」仮説のパイロット事業として「意欲・基礎体力・方向と方法」仮説の強化を通じて取り組みまれます。
開講にあたっては、既報のとおり、町長さん、教育長さん以下多数の聴講がありました。

2について
与論町商工会、中心市街地活性化協議会(任意・事務局は役場)、二つの人仕様天蓋組織が取り組みの中核です。二期生の募集は商工会商業部会の役員さんを中心に行われたそうです。
新しい実践組織の結成も模索されているようです。

3について
老(といってもtakeoと同い年(笑)から壮・青、経営者・後継者・家族・従業員、もちろん男性&女性と多彩な顔ぶれです。
(上記の参加者は事業所数、実際の受講者はもっと多い)
特徴は、複数で参加される事業所が多いこと。
 さらに、商工農のほか聴講者として役場・商工会・JAの職員が参加されています。特に商工会は会長、副会長をはじめ、事務局長以下事務局員全員参加です。

4について
「まち起こし指導事業」「個店経営研修事業」という支援事業を上手に組み合わせ、それぞれの事業の趣旨、スキームを逸脱することなく、それぞれの目的を達成しつつ、上位目的を達成していく、という取り組みになっています。

「上位目的」は、「与論島全体の活性化実現のさきがけ」です。

 商人塾推進と平行して取り組まれる課題は、「繁盛店づくりからスタートする与論町活性化のシナリオ」を描ききること。
シナリオ作りと実働部隊の育成に同時並行で取り組んで行くことになると思います。もちろん、参加者個々の「事業の繁盛」という基本中の基本にはしっかり取り組んで行く。

 ということで。
与論町・ゆんぬ商人塾は、
①商工会地区
②離島地区
③小規模商店街
における個店~商店街~地域活性化のあるべき取り組みの一モデルとなっていくのではないでしょうか。

今期の取り組みが成功すれば、①~③の課題に取り組む各地からの「視察」が期待されます。
与論島、かってはハワイと並び称された南国リゾートでした。

※既報の「十九の春・世界大会」は参加者30組を得て、大成功だったそうです。
今年は果たせませんでしたが、来年はなんとか見に行きたいと思います。

既出ですが、十九の春

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ