個店~商店街~中心市街地の活性化

 いうまでもなく、全国全都市の中心市街地活性化、共通の課題は「商業の活性化」であることに疑問の余地はありません。少なくとも『中活法』のスキームで取り組む場合(すなわち、中心市街地活性化基本計画に基づく取り組み)においては。

 余談ですが、このことが理解できないととんでもないことになります。商業の活性化?、それより賑わい創出だ、コンパクトシティだ、という人はとてつもない勘違いをしていることになりますから、一度じっくり中活法~基本的な方針を熟読されることをお奨めします。
当サイトの関連記事を参照されるとスキームを誤読する危険が激減します。

 さて、中心市街地における商業の活性化とはいうまでもなく、広域圏の住民・消費者から“陳腐化している”“あそこではお金を使いたくない”と評価されるに至っている都市中心部の商業機能(個店・商店街・商業街区)をあらためて「ショッピングの場」「買い物行き先」として再構築することです。
商業の活性化とは、「ショッピングの場」としての機能を再構築すること、ですからね。“活性化が必要だ”とされる個店・商店街・商業街区は、総じて買い物行き先として備えておかなければならない機能が陳腐化しています。
このことにほっかぶりして、“人通りが増えればなんとかなる”と考え・主張している人は、
①商業の活性化とは何がどうなることか、考えたことがない。
②そもそも、自分のものを自分で買い物した経験が乏しい。
という傾向にあるのではないか?

当該商業施設・集積は商圏内でどんな評価を受けているか?
施設を見て、行き来する人を見れば一目瞭然です。
分からなければ「商業の活性化」について提言するなどもってのほか(笑

 毎度のことながら。
買い物は個々の店の売場で行われます。
どんなにきれいに整備された商業街区でも立地する個店の売場が品揃え・サービス・設備が「買い物行き先」らしく整えられてなければ、来街者は素通りするだけです。
重ねて強調しますが、商業の活性化とは当該商業施設に於いて「買い物が盛んに行われる状況を創りだすこと」ですからね。
どんどん買い物が行われてはじめて商業が活性化したことになるのであって、補助事業でお金を掛けたら人通りが多くなったとか、空店舗が減ったとかでは商業が活性化したとは言えません。

 ということが理解されると、商業の活性化という課題における個店、すなわち具体的な個々の「買い物の場」を「らしく」整備することの重要性が何ものにも優先的に取り組まなければならない課題であることが理解されます。
「買い物行き先」として吟味に叶う個店が立地しており、勝、どんどん増えていくこと、これが商店街活性化の取り組みが今すぐ目笹なければいけない目標です。

(続く)

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ