FC2ブログ

テーマパーク再構築への道

 長崎県佐世保市の大型テーマパーク、ハウステンボスの再建策が難航しています。=2009/10/09付 西日本新聞朝刊より=

引用スタート****************************

「HTB再建に福岡経済界支援 「官民一体」に期待感 急展開には戸惑いの声も」

 経営再建中のハウステンボス(HTB、佐世保市)に対し、九州の経済をけん引する福岡経済界が支援策の検討を決めた8日、県内に期待感が広がった。今後、HTB再生に向けて「官民一体となったプラン作り」(朝長則男市長)がスタートするが、HTBの厳しい経営状況が続く中、時間的余裕はあまりない中での作業となり市民も注視している。

 福岡経済界の決定を受けて、朝長市長は「九州財界に支援をお願いするしかないと思っていた。ありがたい話」と安心した表情を浮かべた。

 経済界が発足する検討チームには県、市ともに参加する意向で、支援の具体策を決める場として強い期待を寄せる。

 朝長市長は、既に提示しているHTBの資産買い取りについても「こうじゃないといけないというわけではない。これから決める」と、経済界との合意の中で築き上げたい考えを示す。

 朝長市長から報告を受けた金子原二郎知事も「県もできる範囲で協力したい」と後押しする構えを表明した。

 こうした動きに長崎商工会議所の田中直英副会頭は「ハウステンボスを残すことが観光を中心にした県全体の経済にとって重要。佐世保市が何とか残そうと努力していることを評価したい」と歓迎。佐世保市商店街連合会の竹本慶三会長も「一歩前進。HTBが元気になることが一番で、良い方向に進むことを期待している」と話した。

 一方、市が数日前まで別の国内企業と支援策を協議していたことから、急な展開に戸惑いの声も聞かれた。

 佐世保市議会の自民市議の1人は「一体どうなっているのか気になっているが、まだ市から説明はない。水面下の交渉事と言われれば、こちらからも聞けない」と複雑な表情。朝長市長は「市民と議会の理解が得られる支援を目指す」と述べ、今後、説明責任を果たしていく構えだ。

エンド****************************

 基本的な課題は、“ハウステンボスのデスティネーションは何か”ということでありまして、当社から40分という最近距離にある広域集客施設、オープン以来中止していますが、なるほどと納得されるような「来訪目的」はこれまで一度も提示されていないのではないでしょうか。

 ここの開設を皮切りに、ドイツ、スペインなど国名を冠したテーマパークが各地にオープンしましたが、既に閉鎖されたものもあるようです。継続中のところもおおむね経営状況は厳しいようで、TDR、USJとの対照が顕著です。

 テーマパークに限ったことではありませんが、集客施設は、立地、投資規模、継続期待期間などの条件を満たす「デスティネーション=顧客の来訪目的」を構想することが最重要課題です。
集客数(集客範囲、来訪頻度)、客単価など企画の成否を左右する条件もデスティネーション(誰が何を目的に訪れるのか)次第です。施設、行事などは段階的に拡充しなければならないし、それにつれて、もちろん、デスティネーションそのものが拡充し、顧客の来訪意欲をそそらなければならない。

 集客施設の基本要因という視点から見ると、肝心の要件を備えていない「テーマパーク」が多いように思われます。

 ところで。
集客施設としての商店街も、テーマパーク同様の問題がありまして、集客数(商圏範囲、来訪頻度)、客単価は商店街活性化=経済活力の向上を実現していく取り組みのスタートでしっかり吟味、存続可能な業績を確保し続けられる商業施設としてのコンセプトを設定し、店揃え・サービス・施設環境の三脚構造でこれを実現し、継続充実しなければならない。
 一生に一度行けばOKとか、他の施設が出来たらさっさと乗り換える、といったレベルのものでは話になりません。

 中心市街地(都市の商業街区)をテーマパーク的集客施設と見た場合、
1.その来訪目的は如何に設定すべきか?
2.来訪目的を実現するためには何が必要か?
という根本的な課題があるのですが、このレベルで中心市街地・商業街区のコンセプトを考えている中心市街地活性化基本計画は、これまでのところ、見あたりません。
ということは、まちがいだらけのコンセプトのもと、投資の逐次投入と失敗、事業の朝令暮改など、伝えられる取り組みの現状の寄ってきたるところは根深く、改革改善にはよほどの覚悟が必要だということでしょう。

 とはいうものの、街区内にお店を張っている商業者にとって、取り組みの成否は即自分の事業の命運に関わることですから、テーマパークと同じかぁ、と達観するわけにはいきません。
何としても「活性化への道」をこじ開けなければならない。

 そこで質問。
中心市街地・商業街区が提供する「来訪目的=デスティネーション」は如何にあるべきか?
郊外の大型SCの存在、無店舗販売の拡充などの与件の存在も踏まえて構想してみましょう。
それでも「通行量の増加」が最高のテーマですか?

ハウステンボス:
スペイン村:

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ