FC2ブログ

百貨店に復活の兆し?

 福岡市の代表的な百貨店・大丸、岩田屋が揃って
①ファッション
②自社企画
③お値打ち価格
という新路線を提供、好評らしいです。

原材料や工程を工夫することで感度の高いアイテムを従来の百貨店価格の6~7割という価格ラインで提供するというもの。
両企業が揃って打ち出した新路線ですが、方向が適切なら百貨店の新しい「繁盛への道」となります。

ネオ・ラグジュアリィ路線。
①自分らしい装いを堪能したい、というニーズに
②感度の高い商品群を
③リーズナブルな価格で提供する
というのは、ポストバブル~将来の百貨店の社会的使命=事業機会ですが、どうやら照準が定まってきたのかも知れません。
しっかり追求すると、愛顧客の
④来店頻度が高まり
⑤買上点数がアップし、
⑦新規顧客が増える
ことになります。
商人塾の皆さんはよくご承知のとおり。

ポストバブルのラグジュアリィは、見せびらかし、ひけらかしからの脱却、自慢から自満へ、ですからね。
バブルまでの高額ブランド拝跪を基準にラグジュアリィを考えるとせっかくの市場機会を見誤ることになります。

ネオラグジュアリィ路線に行き着いた(行き着いたとして)百貨店の課題は、
①この路線を理論化し、
②店づくり三脚構造の隅々まで貫徹する
ということですね。
サービス、プレゼンテーションの改革が進めば「ネオ・ラグジュアリィ」の誕生です。

川上や商店街への波及が起これば、「第二次一億総中流」への再スタートですね。
もちろん第二次は第一次の「量的拡大・所有の満足」から「質的充実・時間堪能」へと様変わりします。

ネオラグジュアリィの要件の一つは「国産品」です。
大丸さん、岩田屋さんの新路線は、「国産品で固める」というハードルを越えることで、これまでの苦境を「何だったんだ!」と言うくらいのレベルで脱出することが出来ます。
消費財各産地も右へならい出来れば第二総中流はすぐそこです。

こうなれば百貨店はあらためて「中心商店街の華・核店舗」ですね。
プシコーさん発案の百貨店、21世紀初頭に於いて時代を画する脱皮の時を迎えている、ということならいいのですが。

今日は鹿児島市主催の勉強会。
当社にとって九州管内での勉強会は珍しく、滞在時間8時間、日帰りというのは久しぶりのパターンです。
今回は、繁盛店づくり・三点セットという新しい提案を引っさげての勉強会、成果は帰り次第報告します。

今週は他に二個所、宿泊付きの出張で、いよいよ事業最盛期らしくなってきました。
大型台風が近づいているなか、台風と競争で南下~北上します。
とても大きく強力な台風だそうですから皆さんも警戒をば。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ