FC2ブログ

商店街の活性化は「通行量」目標の放棄から

 中心市街地・商業の活性化を実現するための数値目標として掲げられる「通行量の増加」は、“万死にあたる(*)”ものでありまして、
①なかなか達成できない
②達成しても目的は実現できない
③取り組んでいる間、商業の劣化はどんどん進んでいく
ということは、取り組んでいる人の間では周知の事実ですが、取り組んできた人たちの口から顛末についての感想などが聞かれないのは、今さら恥ずかしくて、ということでしょうか。それとも、“まだ通行量が増えていない、増えさえすれば・・・”ということでしょうか。

(*)万死【ばんし】:罪が何度死んでも償えないほど重い

 通行量と商店街の関係

 大店法時代、郊外への大型店の出店が商店街に与える影響を図る数値として、通行量がよく用いられました。
「大型店の出店~消費購買客吸引~商店街の通行量減少」という因果関係が成立しました。
大型店にお客が引っ張られた結果、商店街への買い物客の来訪が少なくなった、結果として通行量が減った、というわけですね。

状況:商店街の通行量が減っている
なぜか? 商店街に買い物に来る人が減ったから
なぜか? 大型店に買い物に行くようになったから

通行量が減ったから買い物客が減ったわけではありません。
大型店出店の影響を「通行両調査」で検証する、というのは、
①大型店の出店によってお客がそちらに吸引されるだろう
②商店街への買い物来街者が減り、その結果、通行量が減るだろう
という仮説を立てて、これを確認するものでした。

ところが、何時の頃からか。
①元気のいい商店街は通行量が多い ということに着目
②商店街を活性化させるには通行量が必要だ として
③通行量を増やすには「住む人・来る人」を増やさなければならない
④という「理論」が提唱され、現場に受容されて、
⑤商店街を活性活性化させるには、住む人・来る人を増やすという路線が主流を占めるようになり、
⑥活性化の取り組みの成果は「通行量の増加」で判断できる、として
⑦商業活性化の目標は「通行量の増加」だ
ということになっているわけです。

 もちろん、①~⑦の間には論理的につながるものではありませんで、ちょっと考えれば、”通行量が増えれば商店街が繁盛する”というのは“風が吹けば桶屋が儲かる”というシナリオと勝るとも劣らない(?)レベルのシナリオであることは小学生でも分かります。

 こういうレベルの「理論」がまかり通っているのが、今現在の商店街活性化、中心市街地活性化業界でありまして、例えば、Web上に公開されている各都市の認定中心市街地活性化基本計画を見てみますと、ほとんど全部、商業活性化の取り組みの数値目標は「通行量の○%アップ」となっています。
もちろん、
「通行量が目標通りに増加したら、まちがどうなるのか」
ということにはまったく触れられておりません。
これはすべての基本計画に共通する大問題でありまして、
活性化の目標は“通行量の増大”だが、
“目標通行量が実現したらまちがどうなるか”ということは考えていない、ということですから、はて、「通行量の増加=街の活性化」というのはどういう根拠から導き出されたのか?
謎です。
提唱したご本人もそこまでは考えが及ばなかったのでしょうね。
まぁ、何を言おうとカラスの勝手、といえばそれまでですが、それにしても言説を普及させるためにはいろいろと粉飾が凝らされており、かつ、騙された人たちが熱心にその言説を振りまく、という劣化スパイラルが発生しているような・・・。

 ただし、“中心市街地・商店街活性化とは、通行量が増えることだ”という言説を検証もせずに信じ、その方向で基本計画を作った人には「万死に値する」責任があるのではないか・・・?
デタラメを信じ、それをわがまちの基本計画の方向と方法として採用した人には責任がありますね。

 それはともかく。
「商店街活性化」とは商店街がどうなることか?
ということを自力で考えることを省略して、「元気のいい商店街は人通りが多い」から、商店街を活性化させたかったら通行量を増やせ、住む人・来る人が減っているならまずそっちを増やすのが先決だ”という恐るべきデタラメを真に受けて、活性化実現の目標は通行量の増大だ、ということであとはひたすら
「通行量の増大」
を目指している、というのが基本計画のレベルです。

 もはや「通行量の増加」が最終目的の位置に座っていますが、誰もそのおかしさを指摘する人がいない・・・・。


 Web上には認定基本計画の中間総括が公開されていますが、いずれの計画を見ても「商業の化活性化」達成の数値目標である「通行量の増加」については、基本計画の見なおし以降も各種事業への取り組みにも関わらず、接近どころか減少傾向に歯止めがかかっていないという惨憺たる状況です。
にもかかわらず“計画期間中には達成する見込み”と何の根拠もなく述べられています。
 
 よしんば数値目標が達成されたとして、それが「商業の活性化」を約束するものであるかどうか。
計画期間修了時において数値が達成されると仮定して、それまでの3~4年の間に、商業者・商店街はどうなっていくと想定されますか?

 中心市街地の通行量、
定住人口増で○人
病院通院者で○人
通勤者で○人
所用で○人
イベントで○人
買い物で○人

などと、「積算」されていますが、肝心要の「買い物の場」の整備充実については「個店の仕事」とほっかぶりです。
陳腐化~劣化のスパイラルに陥って長い個店が、通行量を入店客に変換する能力を持っている、となぜ信じているのか?

陳腐化した店が軒を連ねるイベント集客の得意な商店街を見れば、「通行量迷信」にとりつかれている商店街の行く末は一目瞭然です。

商店街も個店も、ホンキで売り上げアップ、繁盛する商店街を目指すなら、「通行量」の迷妄から一日、一刻も早く脱出しなければならない。
当サイトは、あらためて「通行量神話からの脱却」を強く主張して参ります。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ