FC2ブログ

繁盛店づくりへの段取り

 10月6日、鹿児島市で開催される繁盛店づくり講習会のテキスト提出&打ち合わせのため、本日早朝から鹿児島市へ出掛けます。

 (既報:『かごしま商い繁盛塾』) 

 鹿児島市の状況などは後で報告するとして、今日はテキストの内容について。

 テキストの標題は、
―転換期の中小小売店活性化―
今すぐスタートする繁盛店への道

 3時間という限られた時間で
①業容転換の意欲喚起
②基礎体力の強化向上の必要と方法
③店づくりの方向と方法 スタートの組み立て方
④商店街ぐるみの取り組みへ
という全体像を提案します。

 最後に提案するさっそくの取り組みは、毎度のことながら、ファサードの美化から。
ファサードの美化はなぜ必要か、
ファサードがきれいになると何がどうなるか、
しっかり理解すると昨日までとは違う世の中が見えてくるようになる(笑

 さて、いよいよ事業最盛期に突入ですが、皆さんは「勉強の機会」は確保していますか?
なんの事業に取り組むにせよ、「勉強の機会」を作っておかないと“仏作って魂入れず”、シャッターの外側限りで終わってしまいますからね。

 今年は「個店研修」という画期的な支援制度もスタートしました。

“お金が無いから勉強できない”という「問答無用の言い訳」はもはや使えません。
さっそくの取り組みをおすすめする次第です。
おっと制度の「実効ある活用」法についての提案がまだでした。
テキスト制作と平行してアップしたいと思います

それにしても。
“お客の来街目的は個店の売場で達成される”
“売場の問題をシャッターの外側の取り組みで解決することは出来ない”
“小売業とはアタマの働きが主導する仕事である”
ということは少し考えてみれば誰にでも了解される基本中の基本だと思いますが、実行しようとすればたちまち、
「意欲」欠如
「知識・技術」不足
「方向と方法」未定
という実態に直面することになります。

この情況から即スタート、繁盛を実現していくためには「勉強」が不可欠ですが、適切な勉強機会を持っている、持とうとしているところは圧倒的に少数派、主流は依然として
「意欲」不見当
「知識・技術」不適合
「方向と方法」未定
というポジションでもっぱら別件にばかり取り組んでいます。
一日も早く「正しい活性化への道」に針路を転換することが必要ですが、さて、はたしてあなたはその音頭をとる決意ヲしていますか?

あなた以外に適任者がいるとも思えないわけですが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ