言葉の定義

 中心市街地・商店街活性化の業界には共通する欠陥がいろいろとありますが、中でも初歩的・基本的な欠陥は、“使用している専門語の定義が共有されていない”ということです。

 例えば。
○コンパクトシティ
○中心市街地
○歩いて暮らせるまち
○中心商店街
○商店街
といった、中心市街地関連の地域・地区・街区についての用語はどのように使い分けられているのか?

 なんの定義もされないまま、その場の雰囲気でテキトーに使われているのではないか?
というのがtakeoの理解ですが如何でしょうか?

 さらに。
○活性化
○賑わい
○繁盛
○通行量
などはどうでしょうか。

 これらの言葉をきちんと定義していたなら、活性化とは通行量増大のことだ、といった恐るべき誤解は生じなかったかも知れません。
誤解する人がいたとしても、誰かに訂正されたはずです。

 ところが実際には、誰も訂正せず、それどころか、そもそも用語について定義を共有しておくべきだ、ということさえ理解されていない、というのが中活法制定以来、こんにちまでずうっと一貫している取り組みの実状、その結果は推して知るべし、というか、定義の不在こそが、全国各地で目の当たりにする状況の原因の一端だということは、分かる人には分かることですが、分からない人、分かろうとしない人には分からないことかも知れません。

 皆さんのまちの基本計画~商店街活性化計画には「用語の定義」という一節があるでしょうか。
ちょっとチェックしてみられることをお奨めします。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ