中小小売業の基礎体力

定 義:変化する」環境の中で「繁昌」を維持し続けるために必要な能力。

その内容:
環境の変化に応じて、繁昌を実現していくためには、
①変化を察知し理解する能力
②対応の方向と方法を構想する能力
③実践力
が必要です。
もっと広い意味では「問題解決能力」です。
特定の・直面している問題などの解決に必要な能力ではなく、起こる可能性がある問題にことごとく対処できる、発生した問題に合わせてその問題の解決に必要な能力として現れることができる「一般的な能力」です。

商店街立地の独立自営小売業者たるもの、
1.商店街を取り巻く環境の変化を理解して、
2.変化に対応し、繁盛する業容(店づくり)を実現する
ために必要な能力を持っていることは当たり前ですね。

※環境の変化を理解する能力
※変化に対応する業容を作り出す能力
が必要であり、これは小売業が存続するためには不可欠の能力、ご承知のとおり、当サイトではこれを「基礎体力」と呼んでいます。

○「百年に一度の暴風」に対処するには基礎体力が必要です。
○百貨店も量販店も絶体絶命の苦境に陥っている最中に勝ち残っていくためには基礎体力が必要です。
○来街者数・通行量の増大を事業機会に活用するには基礎体力が必要です。

 基礎体力の現状などのチェックもせず、したがってその「補強・入れ換え」などもしないまま、シャッターの外側の「周辺事業」にいくら力を入れても、その結果をシャッターの内側の成果として享受することは出来ません。
これまで取り組んできたイベントやコミュニティ施設の設置などでお分かりのとおり。

 そうは言っても他に何をして良いか分からない“やらないよりやった方が少しでもましだろう”といった消極的な理由で事業に取り組むのは、せっぱ詰まって後がないこんにち、許されることではありません。

 小売業の経営は、創業以来のノウハウ+創意工夫でなんとかやって来ましたが、未曾有の環境変化・転換期の真っ最中に至っているこんにち、もはや基礎体力レベルの見直し、強化無くして将来の繁盛を展望することは出来ません。
これは商店街の皆さんだけではなく、百貨店、量販店あるいはショッピングセンターなどにも言えることです。

 中でも最優先で取り組まなければならないのが、他ならぬ商店街の皆さんです。
個人個人の日々の生活に直結していますからね。

 ということで、あらためて「基礎体力の強化向上」については、独立自営小売業者の皆々様には、商売を続ける限り、サボることが出来ない一生ものの課題だということをしっかり自覚され、しかるべき方法をもって実現に取り組まれますよう、あらためて提言致します。

 参考:
今どき、商店街活性化のリーダーさんたちは何を提案しているか。

その一

その二

「物売り」はもはや諦めているらしい。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ