FC2ブログ

商店街のテナントミックス

 猫も杓子も[テナントミックスに取り組んでいる”わけですが、ちょっと待った、そもそもテナントミックスって何だっけ?

 ということで2003年の記事です。

 以来6年を経過していますが、残念ながら、未だに本格的なテナントミックス論議は(当社が知る限り)見あたりません。

 商店街のテナントミックス、一言でいえば「業種揃え・店揃え」のことです。もちろん、空店舗を利用して欠業種を誘致しようという話ではありません(そういうレベルの話が多いのですが)。
国が提唱する“中小小売商業の競争力の根幹”としての「業種揃え・店揃え」(『基本的な方針』P11)のことであり、商業集積全体の売場ミックスとして実現する「来訪目的・商業集積が実現するショッピングデスティネーション」の実体です。(もっとも国も最近はあまり強調しなくなっています。通行量原理主義の影響でしょうか。)

 テナントミックスを追求する、といったとたん、
①当該街区のショッピングゾーンとしての性格を決定する。
②テナントミックスを実現していく方法を決定する。
③テナントミックスの実現(これがタウンマネジメントの中核業務)
という一連の取り組みは必須です。
 当然、既存個店群も従来の自己流の業容から一皮むけた「来街目的を分担する業容」へと脱皮することが要求されるわけです。

 この作業をスルーしたままで“買い物行き先として魅力ある商店街”とか“回遊性のある商店街”などを目指すというのは、当今の小売商業の「現状と課題」についてなぁ~んも分かっちゃいない”ことを自白しているようなもの。

 中心市街地・商店街活性化の方法として当社が提唱し、各地の有志とともに商人塾の取り組みを通して実現を目指している“点から線、線ら面への展開”とは、まさにこの「テナントミックス」を実現する戦略に他なりません。
 ちなみに、中心市街地の商店街群をはじめとする商業機能が一体となって実現する新しい商業機能が「ラグジュアリィ・モール」を核とすることも皆さん既にご承知のとおり。

 皆さんがまだご存じでないのは、ラグジュアリィモールを目指す実践が既に各地でスタートしていること。
各地の商人塾はまさにこの戦略による中心市街地・商店街活性化を目指しています。

 商店街のテナントミックス、商店街立地での「繁盛」を目指す人ならば、好むと好まざるとに関わらず、きちんと理解しておくことが必要です。

 上記の記事、折を見てその後、こんにちまで実践的・理論的進化を踏まえて全面改訂するつもりです。

明日は、記事『中心市街地活性化 成功事例』
関連で諫早市を取材します。
 これまで皆さんが見聞しておいでの事例とはレベルの違う話になると思います。
お楽しみに。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ