“商店街は物売りだけではない”というおそるべき認識

 “中心市街地・商店街に立地しているのは商業だけではない”
よく聞かれるセリフですね。

これに続くのは、
①商店街を活性化するには、多様な機能を活性化しなければならない。
にもかかわらず、
②これまでの商店街活性化は、商業施策・商業者の取り組みに過度に依存していた。
ということになるのですが、ちょっと待った(笑

これまでの商店街活性化は、“商業施策・商業者の取り組み”中心だった、というのは本当でしょうか?
“商業者の取り組みに過度に依存していた”? ホントですか?

ぜんぜん違いますね。
これまでの取り組みは、「劣化している商業機能を再構築する、機能を充実させる」という取り組みではなく、
①市街地の整備改善
②非物販機能の整備
③集客イベント
など、もっぱら「周辺事業(「物販」という小売商業機能から見て)」中心の取り組みだったわけで、“中小商業の競争力の根幹”といわれる“業種揃え・店揃えの最適化”を追求する取り組みはほとんど顧みられることはなかった、というのが実態です。

 商業施策=物販機能の充実を目指す取り組みはほとんど行わないまま、もっぱら非物販的事業(つまり周辺事業)に取り組んできた、というのがこれまでの商店街活性化の実態でありまして、このことについては、国の『基本的な方針』においても“もっぱら周辺事業に取り組んできた、中小小売商業の競争力の根幹である業種揃え・店揃えの最適化の取り組みが不十分だった”と総括されています。

 商店街を活性化したかったら、「業種揃え・店揃えの最適化」という「競争力の根幹」を強化する取り組みは不可欠ですが、これが不十分では活性化を実現することは出来ません。
それをですね、“「商業施策」に終始したから活性化できなかった”というのは、大きな間違いです。
事実は、活性化が実現できないのは、活性化の本命の取り組みを放置しているから。

 ところが、実際には相変わらず、
①商店街は商業機能だけではない
②活性化が成果を挙げられなかったのは、商業施策に偏重していたから
という総括(まちがいですね)から出される新しい取り組みの方向は、
③これからは「物売り」以外に注力する
ということで
④コミュニティ事業やイベントなどにいっそう取り組み、
⑤来街者・通行量を増やすことで街を活性化する
という考えがまかり通っておりまして、今話題の「地域商店街活性化法」のスキームもこのあたりをよく理解しておかないと、今までどおりじゃん”的・通行量増加を目的とする取り組みが強化されるだけになるかも知れません。

 確かに商店街という街区には「小売商業=物売り」以外の機能も立地していますが、「居住機能」を除けばそこに立地している都市機能のほとんどが「小売商業機能」がきちんと機能していてはじめて、それから派生したというものが多いのです。
このことを無視したシナリオ、、“非物販機能の開設して来街者を増やす、来街者が増えれば商業も活性化する”という筋書きは、これまで各地でさんざん取り組まれ、そのほとんどが失敗している「通行量を増やせば商店街は活性化する」野焼き直しです。
失敗しなかった事例でも、通行量が増えて街全体の活性化につながった、というケースは聞きません。果たして「成功事例」があるものでしょうか。

 ということで、“商店街は物販だけではない”とか“もはや商業施策では商店街は活性化できない”とかは、すべて「逃げ口上」でありまして、これまで取り組んできた各種事業の失敗=企画の至らなさを隠蔽するものですね。
これまでの取り組みを真摯に総括して新しい活性化を確かに実現できる方向を目指す、というあるべきスタイルではなく、自力思考を欠いた「乗り移り」ですから、その行く手に活性化された商店街などが見えることはありません。

 “商店街は物売りだけではない”というのは当たり前のことでありまして、こういう当たり前を仰々しく今さらながらに持ち出して、提案する取り組みといえば、相も変わらぬ「周辺事業」ばかりでは商店街の劣化スパイラルは加速するばかり。

 こういう方向とは即刻絶縁して「物売り」の再構築に専念する体制を作ることが喫緊の課題ですが、なぁ~んも考えない人たちが、「学識経験者」気取りで “そうだ、我々の街の機能は物売りだけでは無い” と胸を張ったりすると、出来ることも出来なくなります。

 この期に及んでも商業者がその自助努力を自分たちの事業機会である「物売り」の活性化に集中出来ないようでは商店街の命運は決まったようなもの、街にどんな「非物販機能」が配置されても商店街としての役割を果たすことは出来ず、事業機会は消滅です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ