点から線~面への展開

 当社が提唱する中心市街地・商店街活性化への道は ―既に耳にタコ状態かと思いますが― 次のとおりです。

1.当該中心市街地所在の商業集積が、広域において一体的に担う(分担する)商業機能を定義して、

2.有志による業容の転換(方向は1の定義による)にチャレンジ、成功することで方向と方法の可能性を実証する

3.逐次業容転換の取り組みを拡大していく

4.3と平行して空地空店舗の活用に取り組む

5.基本計画等に計画されている事業については適時・適切に取り組んでいく

 というように進んでいきます。
無理なく進められる方法ですね。

 一方、国はこれまでの商店街活性化が所期の成果を挙げられなかった原因として、
1.取り組みが「点や線」に止まり、面的な展開になっていなかったこと
2.もっぱら、市街地の整備など「周辺事業」に重点がおかれ、中小小売商業の競争力の根幹である「業種揃え・店ぞろえの最適化」への取り組みが不十分であったこと
 を指摘しています。(参照「基本的な方針」P11)

 点や線の取り組みに止まらず、面的な取り組みとして展開しなければならない、というのが中活法の基本的な構えです。

 つまり、
1.中心市街地所在の中小小売商業、商業集積の活性化を実現するには、「業種揃え・店揃えの最適化」が必須課題である。

2.1を推進するためには、これまでのような点(再開発)や銭(商店街単位)単位の取り組みに終始するのではなく、当該中心市街地所在の商業機能全体(面)を対象に、[業種揃え・店揃えの最適化]に取り組まなければならない。

 これが、中活法のスキームの骨幹です。
これを無視すると、従来的点や線レベルの取り組み、周辺事業を面に拡大するだけに終わります。

 さて、最重要課題である「業種揃え・店揃え」ですが、どう取り組んでいくべきか?
面の取り組みだからといって、いきなり面的範囲にブルドーザーを投入、更地にしてからテナントリーシングというのは、中小商業者の活性化ではなく、土地の有効活用という事業ですが、これは失敗が約束されていますから、採用できません。

 「業種揃え・店揃えの最適化」の推進、現実的なのは冒頭に書いた、有志のチャレンジからスタートする、点から線・面への展開という方法です。
当社流商人塾に端を発する取り組みこそが国が提唱する、
1.中小小売業お競争力の根幹である「業種揃え・店揃えの最適化」の
2.点や線ではなく面的な展開
という「活性化への道」を実践しようとする、これまでのところ、本邦唯一の手法だということをあらためて確認しておきたいと思います。

 さらにつけ加えておきますと、
空地空店舗の活用をテナントミックス事業と考えている人がいますが、間違いではありませんがそれだけでは不十分です。
上述のとおり、テナントミックス=業種揃え・店揃えの最適化は、中心市街地商業街区・商業集積全体で実現しないと、広域商圏における存在意義・デスティネーションを発揮することは出来ません。

 空地空店舗の活用は重要な課題ですが、順位としては既存小売業有志による「業容転換」へのチャレンジが優先しt取り組まれなければならない。
空地空店舗は相手あっての話ですが、既存個店の活性化は一刻を争う緊急課題であることを踏まえ、最優先で取り組まなければならない。

 ちなみに、個店レベルの繁盛店づくり・業容転換は、全体の「業種揃え・店揃えの最適化」の試行、チャレンジとして取り組まないと、相乗効果を発揮することが出来ません。

 というように、ホンキで中心市街地・商店街の活性化を実現したかったら、あらためて「活性化の方向と方法」を決定し、点から線・面へと取り組みを展開していくことが不可欠、「商人塾」という画期的な手法を駆使してその実践を支援するのが、クオールエイドのお仕事です。

 活性化への取り組み、点か・面かではなく、点から線・面へ、という取り組みであることをあらためて確認しました。
この際、国の「中心市街地の活性化を図るための基本的な方針」などを熟読、当社が提唱する方向と方法が、国のスキームの真ん真ん中・王道を歩むものであることを確認してください。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/chukatu/kettei/060908kihon.pdf#search='中心市街地の活性化を図るための基本的な方針'
この基本的な方針と「人出増大路線」の関係や如何に?

“点や線の取り組みに止まらず、面的な展開を”という国の逓減は、「業種揃え・店揃えの最適化」を面的規模で実現すること、中心市街地全体を一つのショッピングモールと見立てて「業種揃え・店揃えの最適化」に取り組んでいくことの提唱ですね。

 業種揃え・店揃えの最適化は、結局のところ、中心市街地に立地する店舗個々の業容転換の取り組みによって担われる以外に実現することは出来ません。
したがって、「テナントミックスの面的展開」は、点から線・線から面への波及と形で実現されていく、当社流活性化の方向と方法そのものだということになります。

さらに詳しく添加したいと思います。
興味のある人は、【都市経営・入門編】に。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ