FC2ブログ

リテイルサポート21

続きを読む

商業理論と技術、活性化には不要か?

商店街で殆ど聞かれない、必須用語がありまして、
理論と技術、ですね。
商店街内部はもとより、外部から支援に入っている
学識経験者(商学部教授など)、支援専門家(コンサル
タント、中小企業診断士など)も、商店街を活性化
するには理論と技術が必要だとは言いませんね。
聞いたことがありますか?
なぜいwさなのか?
理論と技術は必要無いのでしょうか?
そんなことはありません。
理論と技術なしで売れる売場が作れるならアンケート
調査で「魅力ある店舗が少なくて困っている」などと
言う自覚は出てこないはず。
理論と技術は必要ですが、なぜ登場しないのか?
変な話ですが、部外から招聘されている学者・専門家が
理論・技術を持たないから。本当ですよ。
理論と技術を提供されていない商店街では
何が起きているか?
商店街活性化に理論と技術は必要無い、必要
なのは経験と勘だ。
商店街の一部に根強く残る考えです。
しかし、ポストコロナの進行中の環境変化に
対応出来る「経験と勘」があるでしょうか?
経験したことの無い変化に対応するには、
理論に基づく「仮説―試行」の取組になり
ます。
思い切ってW 商店街でこれからの商店街が
目指すべき方向と実現する方法について研究
してみるのも良い案ではないかと思います。
そのプロセスで理論と技術を修得する。
専門家に理論と技術を持ち込ませるわけです
この時重要なことは、白紙の状態で調査研究、
計画作成に臨まないこと。
専門家の選択には万全を期すこと。
自称プロの専門家は山ほどいますからね。
しかし上述の通り、多くの専門家は理論・技術を
持っていません。それでなぜ専門家として通用す
るのか不思議ですが。
商店街活性化の成否は、専門家の選び方で大勢が
決まる、といって過言ではありません。
専門家を選定するに当たっては、彼/彼女/起業が
日ごろ何を主張しているか、どういう取組を支援
しているか、チェックして見ましょう。。
ネット上に必要な情報を公開していない専門家・
企業は選択の対象外です。
シンクタンク、大手コンサルタント会社といえ
ども商店街が目指すべき「方向と方法」について
提案できる内容を持っているとは限りません。
要注意です。
少なくとも我々が公開している程度のことは
公開していないと検討対象にならないと思い
ます。
企業名、組織規模などで選ぶと大変なことに
なりますので要注意。
ちなみに、軒並み目標を達成出来なかった
中心市街地活性化基本計画の作成を支援した
のはシンクタンク、大手コンサルタントから
小規模事業者までいろいろでしたが、内容に
はあまり差がありませんでした。
みんな一号認定青森市、富山市の計画をなぞり
ましたから。

リテイルサポートセンター

商店街活性化とは、長期衰退趨勢に陥っているために生起している諸現象(通行量減少、空店舗増加など)に対症的に対応することでは無く、衰退の根源的原因である集積間競争への対応の失敗を直視、自然生成型商業集積からの脱却を実現すること。
我々以外誰も言っていませんが、他に商店街が商業集積として持続する道はありません。
我々は新に構築する商業集積のあり方を「協同構築型商業集積」と命名、自生型から漸進的に移行するプロジェクトを提唱しています。(ご承知の通り)
本格的な推進には関係各方面の協働が必須、さらに外部からの専門的な指導支援も不可欠です。
当社は外部からの支援に当たる組織として「リテイルサポートセンター(仮称)」の立ち上げを計画中です。
商店街、自治体の取組を強力にバックアップ、特に現代商業を俯瞰する商業理論と新たな売場づくり技術を提案します。
また、商店街執行部、自治体など共同で開催される活性化勉強会の講師も受託します。
商業集積としての性格の漸進的移行を商店街活性化の中心的事業に位置づけているのは当社だけです。

商店街活性化七つの大罪

半世紀にわたって取り組まれている商店街活性化、
怖ろしいことにスタートした当時とほとんど同じ
事業が取り組まれています。
もちろん当時と同じく効果はありません。
どうしてこんなことになっているのか、原因と
思われることを7項目上げてみました。
ご笑読ください。
商店街活性化 七つの大罪
一.「商店街活性化」の定義無し
二、各種事業の展開で実現を目指す上位目的無し
三、個店売場への支援無し
四、理論、技術の提供無し
五、指導者のスキル貧困
六、プランニング担当者のスキル貧困
七、タウンマネジメント機能せず
如何ですか?
揃いも揃ってこういうていたらくでは
活性化出来るわけがありません。
「定義無き商店街活性化」は上記の条件で集積間
競争への適応に失敗し、長期衰退趨勢に陥ってい
る商店街をどうするつもりだったのか?
中企庁「新たな商店街政策のあり方検討会」
〔石原武政座長〕は、抜本的な見直しを図る
として関係各方面の著名アクティブを糾合、
開催されましたが、議事録を見る限り、上記
七項目は一個も論議の対象にされていません。
検討会、ご承知の通り挫折中止になりました。
メンバーには自称狂犬こと木下斉さんも入って
今したが、元気よく吠えたり噛みついたりした
のでしょうか。
七つの大罪、罪該万死。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ