FC2ブログ

見える売場無くして商店街活性化無し

商店街定番の活性化事業と言えば、
賑わいイベント、通行量増大、空店舗解消、「三種の神器」などですが、これらの取組に共通しているのは「衝動入店・衝動購買」,すなわち街に来たときは予定していなかった(目的では無かった)が、店を見たとたん入店したくなり、アイテムを見たとたん買ってしまう、というショッピング行動が起こることを期待した取組だということです。
これらの事業に誘われて来街した人たちが、自然に入店し商品を購入するかと言えばそんなことはありません。来街目的外の行動ですから、そこには当然別の動機が発生しなければならない。通りを歩いていたら売場が眼について思わず入ってしまい、あれこれ眺めていたら欲しくなった商品があったので買ってしまった、ということですね。
衝動入店、衝動購買です。

繰り返しますが、上記の各種事業の目的は,衝動入店、衝動購買が頻度高く起こること、です。
起こるためには何が必要か?
入ってみたくなる売場、見れば欲しくなる商品、ですね。さらにそれを店前通行者にどう伝えるか、という問題があります。今現在、各種事業の成果が得られていない=衝動入店、衝動購買が起こっていないのは、行動を誘発する仕組みが出来ていないから。


仕組みとは何か?
お客に見てもらう仕組み、です。
売場を見てもらう,商品を見てもらう・そのためには何が必要か?
入りたくなる(ように見える)売場レイアウト、買いたくなる(ように見える)ティスプレイが不可欠。
「見える」条件が整っていないと来街―通行量増大事業の成果は得られません。
商店街 起死回生

前記各種事業で成果を挙げるには事業に先立って『見える売場』を作っておかなければならない。
当然のことですが、これまでは『それは個店の仕事』とされていました。しかし、個店が『見える化』の重要性に気づきそれを個人の努力だけで実現するのは難しい。何しろ前代未聞のことであり、何をどうすればお客の衝動行為を誘発できるのか、個々の店主に考えて実践せよというのは無理な話、全小売業が気づかず手を打っていない問題ですからね。
あなたの街の店主さんたちの仕事、といって済む話では無い。理論と技術を修得しないと。

たかが見える化、されど見える化。
小売業にとって『売場の見える化』がどれほど大事か、取り組むとすぐに来店客数、買上点数アップが実現するので体感できる。
是非トライして頂きたい。
『見える化』に取り組んでいる個店は消費続税、コロナの影響最小限でクリアしています。

見える化の取組に興味を持たれた人に:
取組は簡単、即効、効果は得意客の増加
組合で取り組む試行版

有志10名内外で取り組むstyle="color:#FF0000">グループ研修

商店街活性化の鉄板基礎作り,売れる売場無くして商店街活性化なし
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ