FC2ブログ

本当の商店街活性化とは

現役の商店街活性化関係者で、国が商店街活性化の方向として「街を一個のショッピングモールに見立てて再構築する(以下「モール見立て」)を提唱していることを知っている人は殆どいないでしょうね。指導支援の学識経験者、専門家さんも知らないかも(😊)
中活法のスキームでは「タウンマネジメント」は「モール見立ての再構築」のマネジメントのことですが、現役のまちづくり会社の担当者は「モール見立て」など聞いたことがないでしょうね。中心市街地活性化基本計画の作成段階、招聘したプランナー以下作成に当たった人たちが『中活法』のスキームを理解しないまま、先行事例の見よう見まねで作ったのが問題でした。
全国で「モール見立て」を計画した都市は現在まで一個も無いというのが実状です。
商店街を取り巻く小売業界は、集積間競争の真っ最中、「モール見立て」はその渦中に「競争的棲み分け」が可能なポジションを確立することで商店街を存続させようという起死回生策でしたが、関係者にはその趣旨が理解されなかった。ひどいものです。
結果、取り組まれた事業は「環境は変化するが自分たちは変化せずに済ませたい」事業ばかり。変化せずに対応出来るわけも無く、取組は成果を挙げられず、空洞化は進むばかりです。
消費増税という施行一年前から分かっていた環境変化、不況化の増税だから『買い控え・店離れ』が生じることは明白でしたが、対応策を講じた商店街,まちづくり会社、自治体はありませんでした。
商店街活性化関係者は、学識経験者、指導専門家を含め、環境の変化を理解し、対策を立てる能力が無いことが明らかになり、彼らが計画し、取り組んでいる「商店街活性化事業」は、環境変化への対応では無いことがハッキリし手います。ただ環境が変化したのに対応しなかったために起きている結果に対して対症療法を施しているだけ。
現在取り組まれている商店街活性化とはなにか?
ぶっちゃけ、環境の変化に対応して変化すべきところ、変化せずに済ませたい、という趣旨の取組でしうね。通行量、空店舗、賑わいベント、三種の神器等々すべて「環境は変化するが自分たちは変わらずに済ませたい」事業ばかり。
「商業・まちづくり」は定義の無い商店街活性化が「陳腐化したから」というだけの理由で言い換えただけ,定義無し、中身は変わらず。学識経験者界隈は一斉になびいて「まちづくり」一色。
活性化を言い換えただけで中身は"陳腐"なままなので騙されないように。
商店街活性化、環境への適応という意味で提案されているのは,国(中小企業庁)にうよる「ショッピングモールに見立てた再構築」だけですが、国が商店街活性化の方向として「モール見立て」を提唱していることを知っている人は殆どいないでしょうね。
しかし、これ以外に活性化の選択肢は提案されておらず、ご承知の通り、我々は当初から今日まで一貫してこの道の歩き方を提案しています。
ポストコロナ、これまでの活性化の取組はまったく効果が無いことがハッキリしています。今、あらためて埃を払って『モール見立て』を再検討しなければならないとき、メルマガ最新号ではこのことを書きました。
ここで方向転換できなければ、多くの商店街の命運はつきてしまうかも知れません。
当社、もうひとがんばりする所存です。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ