FC2ブログ

当社の主張

大きく次の2つ
1.商店街活性化の方向と方法
2.これまでの取組は何故失敗したか
この2つはセットで展開することが必要です。
もう少し具体的に見ていくと、
1は、
(1)活性化実現の方向
(2)実現に使う方法
2については、
(1)導きとなる商業理論の不在
(2)差別化路線の誤り
の指摘です。
以上について、視点をかえ、手を変え品を変えて展開していますが、〈そうか、そうだったのか〉と膝を叩いて立ち上がる人がなかなか増えません。
別の記事にも書きましたが、商店街は火の車状態、文字通り非常事態ですから、もっと取り組む人が増えるかと思いきやほとんど変化無し。取り組んでいる人は〈コロナにも負けない売場〉になっていた、取り組んでいてよかった、ということですが・・・。
その人達からの口コミも難しいということは、元来、商店街は組織としての「情報ネットワーク」が十分整備されていない、ということかも知れません。
なかには〈売れる売場づくり〉うち以外には出さないで欲しい、という人もいたりしますが、とんでも無い、他店も繁盛しないとあなたの店だけでは繁盛できません。
最も大半の人は取引先を通じて同業他店にも広めたい、といいます。問屋さんが廃業すれば大変なことになりますから。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ