FC2ブログ

不毛の極み・まちづくりから離脱しよう

多くの商店街で活性化と同じニュアンスで〈まちづくり〉という言葉が頻用されていますが、両者の間には越えられない〈眼に見えないギャップ〉がありまして、けして同じことではありません。ご承知の通り、〈まちづくり〉は “もう商店街活性化は陳腐化した” という一方的な宣告と共に一部の商店街で使われ始めたのに学識経験者が追随したのが最初です。
以来、「まちづくり」はまちをどうしようというのか、定義も目的も無いまま、商店街の現状にソフト、ハードの「何かを加えること(加上)」を「まちづくり」と称して取り組んでいるわけです。

「つくり」とは言うもののまちづくりには〈実現を目指す上位目的〉が無い。
何かを加えること=まちづくりですから、その結果何を成果として蓄積するか、ということには関心無し。
終わったことをあれこれ言っても仕方が無い、それより興味があるのは〈次は何を加上しようか〉ということで、補助金のメニューはどうなっている?・・・・

『中活法』のスキームによる取組も『中心市街地活性化基本計画』に計画されている事業メニューを見ますと『街に何かを加える事業』ばかり、街の商業集積としてのあり方を現代化する、持続可能な商業集積として再構築するという上位目標はありませんから、好きな事業に好きなときに取り組む、結果は興味なし(繰り返しになりますが、終わった事業のことをあれこれ言っても仕方が無い)、というのが「まちづくり」の特徴です。

ポストコロナ、いよいよ本業の立て直しに取り組まなければなりませんが、そこで問われるのが商店街組織の事業活動のあり方です。
これまでの〈まちづくり〉方式を踏襲するのか、本気で各個店の増収増益実現~商業集積としての充実・再構築を目指すのか。

コロナ災害の影響はこれからが本格化します。
経営の維持拡大に必要な原資を恒常的な売場運営で獲得できるか、売れる売場を構築出来るか?
この問題に商店街組織はどう対応しようとしているのか?
ポストコロナ、第二波、第三波の襲来が予想されるとき、一日も早く 〈売れる売場〉づくりに着手、得意客を増やすことで基礎体力の強化に努めることが求められています。

【拡散のお願い】
ご承知のとおり、ポストコロナの商店街活性化、個店の繁盛実現の方向と方法を提案しているのは弊社だけです。
一方、全国には活性化の方向と方法、売れる売場づくりの方法を模索している商店街、個店が多いと思われますがマッチングの機会がありません。
お心当たりがありましたら、是非拡散していただきますようお願いします。
ポストコロナ、商店街の生成を目指す取組は個店、商店街を越えて、ベンダー、自治体まで巻き込んだ取組になることが求められています。
よろしくご協力ください。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ