FC2ブログ

ポストコロナの商店街活性化

全国の緊急事態が解除されましたが、これを持ってコロナウイルスが収束したということでは無く、もちろん、経済が平常に向かうわけでもない。
コロナウイルス流行による経済.社会生活の混乱の収束、とりわけ商店街活性化に関わるものとしては、商店街の活性化への道があらためて拡がることは誰もが願うところですが、一方、忘れてはならないことは、商店街はコロナ襲来以前に、消費増税を引金とする〈買い控え・店ばなれ〉による深刻な売上減少に見舞われていたことです。
コロナ流行以前に起きた消費低落がコロナ収束によって回復する、という流れは期待できません。

さらに溯及すると、多くの商店街は消費増税以前から慢性的な業績の衰退が続いていたわけで、それが消費増税を契機にその趨勢に拍車が掛かり、さらにそれが局限まで到達したのがコロナウイルス禍だったのですから、即ち、商店街活性化という課題は、コロナウイルスの収束や消費税の改革で即活性化するという性格の問題では無いということです。

☆商店街衰退の根本原因
商店街から買い物客が減少し、空店舗が固定化する、即ち空洞化しているのは、消費購買行動が〈買物行先〉に期待していることと現実の商店街が提供している〈売場〉も様態とのギャップにあります。
商店街を形成している個々の売場の多くが買物行先として陳腐化している、あっても無くてもいい存在だと評価され、お客の足が遠のいていることが商店街空洞化の根本原因であり、売場の陳腐化からの脱却こそ商店街の空洞化からの脱却、商店街活性化の課題です。

☆コロナ収束後の商店街活性化
商店街が商業集積としての持続を目的とするなら、その取組はコロナ襲来、消費増税施行以前から続いていた〈空洞化による衰退趨勢〉からの脱却を目指すものでなければならない。
「コロナからの脱却」という未曾有の課題、従来の活性化手法では解決出来ない課題に直面している現在を長年にわたって進行している〈買物行先としての陳腐化・空洞化〉から脱却する機会として活用しなければならない。

   〈陳腐化〉からの脱却とは:
    ※陳腐化=標的とする客相から「陳腐=あっても無くてもかまわない」と評価されて
     いる売場が陥っている状況。努力しないから陥っているのでは無く、間違った仮説
    ―試行を積み重ねた結果として売場に現出している業容(品揃え・提供方法・環境)。

☆取組の在り方
コロナ→消費増税→衰退趨勢とさかのぼって考えると、商店街が商業集積として生き残るという課題は上述の通り、
〇コロナが収束しても解決しない
〇消費増税が定着しても改善しない、たとえ消費税ゼロが復活しても改善されない。
〇「売場の陳腐化」から離陸しない限り、衰退趨勢から脱却することは出来ない。
ということで。
「ポストコロナ」の商店街活性化は、〈陳腐化からの脱却〉以外に無いことをあらためて確認していただきたいと思います。

商店街活性化=陳腐化―空洞化趨勢からの脱却であることを了解すれば、ポストコロナへの第一着手が「陳腐な売場」から漸進的に脱却していく〈進化する売場〉を目指す街ぐるみの取組で無ければならないことはあらためて説明する必要は無いと思います。。
警戒解除で戻ってきてくれる(かっての)得意客にあらためてポストコロナの得意客として愛顧し続けてもらうには「陳腐な売場」からハッキリ脱却しなければならない。
コロナ以前、消費増税以前の売場のままでポストコロナのショッピング行先として選に直されることは不可能なことは言うまでもありません。
が、しかし、ものは考えようで。

消費増税への効果的な対応に取り組めなかった商店街は、コロナ襲来がなかったら、「衰退趨勢を直視して対策を講じる」という課題を共有して取り組むことは難しく〈ゆでガエル〉状態に陥っていた商店街にとって千載一遇の活性化へのチャンスと考えるべきでは無いでしょうか。

「売れる売場づくり」の取組で「お客と共に進化する売場」を目指す個店の続出が唯一の商店街活性化への道。
商店街が進むべき道を選び直すきっかけとして〈ポストコロナ〉は最善の機会、この機会をモノに出来なければ商店街活性化が実現する機会は二度と現れないと思いますが、如何でしょうか。

コロナ禍を転じて福と為す、自店の繁盛と商店街の再生に一体として取り組む〈売れる売場づくり〉を提案する次第です。
ポストコロナ、商店街が進むべき道、従来歩いてきた道はコロナで塞がれてしまいましてた。これから先、もっと優れた実践できる案が提出されることは無いと思います。
〈売場の陳腐化〉からの脱却は、小売業界全体の課題、その意味でポストコロナは横一線からの再スタート、地場小売業、商店街活性化の千載一遇の機会、“話は分かるが内部の機運が熟していない”と躊躇すれば機会は他から奪われます。
“幸運の女神に後ろ髪はない” といいます。思い立ったが吉日、何も準備せずに取り組めるのが〈売れる売場〉づくりの特徴です
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ