FC2ブログ

商店街活性化、ポストコロナドクトリン


〈ドクトリン:方式〉
ポストコロナの小売業への影響は前代未聞、業界全体のアウトラインが存続出来るかどうかすら予断を許さない状況だ。地場中小小売業、商店街はこれまでの在り方の延長上で考えたら絶対にダメ、まずは環境変化の全体の俯瞰から、ということで昨日ご披露しました。
喫緊の作業は押さえるべき環境変化について、自店の業容、所属集積、地域の状況にブレイクダウン、自店を取り巻くミクロマクロの環境項目、変化の様相、趨勢を把握すること。
この課題を免れられる小売業は業種業態を問わずありません。国内全小売業が同じ課題に直面しているわけです。ものすごいことですね。
状況に個別企業レベルで対応するには前提となる商業理論の不在が大きく響きます。
状況を理解し対策を講じる作業の前提となる道案内が提供されていないのですから。
コロナ襲来以前への回帰を目指したら、増税の減収減益、さらに溯及しても〈ものまり・店あまり〉長期消費低迷趨勢ですから、状況打開にはなりません。前に進む以外にありませんが、この状況で前に進む―環境の変化に対応していくには何をなすべきか?
さすがにここから先、通行量、空店舗、まちゼミ等々、従来平時の立地改善&販売促進事業の同質僅差事業が取り組まれることは無いと言いたいところですが、如何でしょうか。
いずれにしろ、眼に見える費購買行動の地殻変動的変化を目の当たりにして、業種業態を問わず全国の小売業が一斉に対応策を取り始めめます。多くは経験と勘に基づく取り組み迷走も多いことでしょう。それらの総体の結果としてポストコロナの小売業界が徐々に形成されていきます。
商店街は今度こそ〈経験と勘〉という中身は経験でも勘でも無い蒙的状態から脱却、〈仮説―試行〉に挑戦しないと1,2年後には再生不能に陥るところが蔟出することでしょう。
状況が落ち着くまで堪え忍ぶ、変化の方向が確定したら全面展開、それまでは我慢するしか無い、という悠長な方針は取れません。なんとしても売上の確保が最優先の課題、それも将来の増収増益路線の構築に直結しなければ、持続可能性は得られません。
何故か? ここからは業種業態不問、百家争鳴的対応努力の競争が始まり、環境変化に適応できない事業体、集積は消え去る以外にありません。
小売業界全体、全企業の仮説―試行の総体の帰趨によって小売―川上産業の将来が徐々に形成されていく、間違いない。
全体像が見えたときはすでに遅し、そこから趨勢に追従していく、というのはホトンのD不可能です。。
全小売業が例外なくポストコロナのポジション取りに百家争鳴の時、地場小売業、商店街&サポート集団はこの状況を起死回生のチャンスに転換できるでしょうか。
我々の提案:
商店街活性化、ポストコロナドクトリン。
商業集積としての持続可能性の再構築。
プロジェクトとして取り組み、まず「売れる売場」づくりで有志個店群の即時増収増益を実現し、活性化の可能性を実証、一点突破全面展開、点から線―面へ取り組みを拡大して「店揃えの最適化」を追求する。
事業の継続発展を決意する個店、商業集積としての存続を目指す商店街が一体となって取り組む条件が揃いました。
ポストコロナドクトリンは地場小売業存続発展の最後のチャンスです。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ