FC2ブログ

小売業的合成の誤謬

有店舗小売業:
地場小売業、進駐小売業、テナントなど
無店舗小売業:
訪問販売、出張販売、通信販売など
かって、有店舗小売業の信用の根源は不動産に投資している以上、商売を継続出来ないようなことはしでかすまい、ということであり、部分的には「商店街の信用」が補完していたかも知れません。空店舗が増えたり、補助金をもらっての出退店が多くなると「地元に店舗を構えている」ことと信用が余り結びつかなくなりました。今現在、商店街立地の売場の信用はどこに根拠があるのでしょうか。
ECの場合はどうでしょうか。
時流に便乗した刹那的な商売が横行、ECとはそういうもの、キワモノ商売というレッテルが定着するかも知れませんね。
コロナ騒動で大手ファッション企業のECへの傾斜が進んでおり、リアル売場の大幅な縮小が続いています。業界紙によればコロナ収束後もこの傾向を維持する企業が多いようです。
街着を売っている企業が街に構えているリアルの売場では売れずに、街以外に売場を求めているわけですが〈街には来なくてもいい〉ということでしょうか。
「合成の誤謬」部分最適と全体との矛盾の困った例です。

ポストコロナの商店街活性化

緊急の取組は既存個店群の収益構造の再構築。
その重要性はこのところ毎日のように強調しているところですが、ネットで見る限り、ポストコロナに向けた商店街活性化の取組について具体的な方向おと方法を提案している専門家はいないようです。消費増税対応策もほとんど見られません。
どうも商店街活性化は商店街が実際に陥っている問題状況とは無関係に〈商店街活性化事業〉として知られている類いの事業メニューに補助金を活用しながら取り組むこと、になっているようです。
ポストコロナ、今すぐ着手しないと〈持続可能性〉をドンドンはぎ取られていく商店街立地の個店ですが、打つ手があるのか?
当社はポストコロナの活性化策として〈売れる売場づくり〉を提案していますが、
1.なぜこの事業に取り組まなければならないか
2.具体的な取組方はどうなっているか
理解されているでしょうか。
この取組は
1.持続可能性をドンドンはぎ取られている個店の体力挽回
2.同時にポストコロナの個店売場の在り方を習得、実現する
3.商店街全体が進むべき方向と方法を関係各方面にアピールする
という、今現在やらなければならない課題に対応する取組です。
自粛延長という話もありますが、活性化が必要=来街ショッピング客が激減している商店街が〈三密〉を畏れて営業自粛を続けるというのは自殺行為です。感染防止対策を十分取り組んだ上で出来るだけ通常営業に戻ることが必要です。
そのとき大事なことは、〈売場が変わった、楽しくなった〉ことがお客さんに認知されること。見やすく、買いやすく、回遊しやすい売場へ転換してお客を迎えること。
この取組は出来るだけ早く着手することが必要です。
お客が新しい生活様式・買物行先を決定する前に、アピール出来ることが成功のカギです。
取り組めそうですか?
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ