FC2ブログ

商店街活性化のみえざる手

通行量を増やせば「見えざる手」が働いて個店群の増収増益が実現する、
空店舗を減らせば「見えざる手」が働いて個店群の増収増益が実現する。
主流となっている取組のシナリオだが取り組む事業と期待する最終成果との関係は明らかではない。「見えざる手」の働き?

巷間、成功事例と喧伝されるものは、空店舗解消プロジェクトが多い。手っ取り早いのは飲食系でそれも夜型が多い。空店舗は埋まったが、見えざる手は働かず、個店群ヘの波及効果はほとんどなかった、というケースが多い。
空店舗が埋まった時点で成功というお約束。
開業者のその後は別の話。

一方、「通行量の増加」についてはどんな意味でも成功事例が少ない。非物販の集客施設を整備したなど増加したケースもあるが、個店群への波及効果は生じていない。
結局、「見えざる手」は存在しなかった、ということだろうか?

「見えざる手」は存在せず、見えざる手だのみの活性化事業は「活性化への道」ではなかった、ということだろうか?
手を変え品を変え同質類似事業に繰り返し取り組んできた皆さんの、消費増税直下という現時点での感想は如何に。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

売れる売場づくり本舗

  • Author:売れる売場づくり本舗
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ