FC2ブログ

商店街活性化の二大条件

何十年も取り組まれているのに商店街活性化はなぜ成功しないのか?
成功しないだけではなく、取組の在り方もほとんど改善されず、失敗の教訓が蓄積されることもない、これが商店街活性化の歴史であり、現状です。

どうしてこんなことになっているのでしょうか?
考えてみたことがありますか?

商店街が活性化出来ないのは、いつも申し上げているとおり、商店街活性化とは商店街がどうなることか、定義されていないことが根本原因です。
さらに言えば、そもそもこういうプロジェクトを定義せずに進められると思って疑わない基礎体力に問題があると言わざるを得ない。特に自分の事業の」命運が掛かっている商業者の皆さんは、本気で取り組まないと大変なことになりますよ。

さて、今日は標題について。
商店街活性化を実現するためには、二つの絶対に欠けてはならない条件があります。これを持っていない限り、これから先も商店街が商業集積として再生されることはない、と断言できる条件です。

第一の条件は、商店街が商業集積として持続するために目指すべき方向:称号集積としてのコンセプトを決定していること。
「歴史と文化を活かしたまちづくり」などの【標語】は掲げられていますが、これはコンセプトではありません。コンセプトは商店街が広域生活圏で担うショッピングゾーンとしての役割を簡潔に表現したものです。
これが決まらないと各個店が繁昌を目指した転換していく方向を決めることが出来ません。

第二の条件は、各個店の【売れる売場】への転換を実現していく理論と技術を装備すること。
集客イベントで集めたお客を個店のお客にするには、入店を誘い、ショッピングを経験してもらい、高い評価を得ることが必要です。そのためには、お客がショッピングを楽しめる条件を備えた売場を作る理論と技術が不可欠です。
この条件も商店街にはありません。

二つの条件は、コンセプトがゴールとするなら、【店づくり技術】はゴールに向かって街が進んでいくための言動力、駆動力、基礎体力そのものです。
ゴールと基礎体力の両方を持っていない取組が何かを実現することが出来るでしょうか?
やみくもに取り組んだといて、その結果として皆さんが期待されている、時僕可能な商店街の実現に近づくことが出来るでしょうか?

商店街活性化を実現するため、不可欠の二大条件は、勉強せずに手に入れることは出来ません。
対策無しで消費増税を迎えた後の商店街の惨状を予測すると、勉強の機会は今しかありません。
勉強に着手するか、活性化を諦めるか、掛け値無しの二者択一の時だと思いますが、いかがでしょうか。消費続税、始まってみないとわからない、ということで行きますか。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ