FC2ブログ

商店街活性化の新しい門出

商店街活性化とは商店街がどうなることか?
定義をしない取組は、これまで商店街が長年取り組んで来た、繁盛していた当時の取組を繰り返すことになります。
繁盛していた当時の取組は、繁盛を維持、存続させるための取組、販売促進事業と共同施設・設備の整備がメインでした。商店街にとって繁昌商店街であり続けるために、定期的に取り組む年中行事、恒常業務でした。
繁盛している商店街恩の取組ですからいやが上に盛り上がります。通りは肩が触れあうほどの通行量・・・。

月日が経って、郊外にショッピングセンターやビッグボックス(ドラッグストア、ユニクロなど)が進出してきますと、「商業集積間競争」の時代です。
自然生長的集積と言われる商店街の「業種揃え・店揃え」ではショッピングセンターと競争になりません。
商店街は陳腐化―劣化―空洞化というをたどります。

このままでは商店街として生き残れない、ということで取り組まれるのが商店街活性化。
放っておけば商業集積としての機能が劣化してやがて商店街として存続できなくなり可能性が高くなっている商店街に持続可能性を取り戻すための取組です。

ところが、実際に取り組まれた事業のほとんどは、昔、全盛期に取り組んだ事業とほとんど変わらない、繁盛商店街が取り組む販売促進事業になっています。
ご承知の通り、販売促進事業は繁昌している売り場が取り組めば成果が挙がるのですが、繁昌していない売り場が取り組んでも成果が挙がることはありません。
なぜか?

売場に魅力がなくて客足が遠のいている売場にお客を集めようとしても来てくれないからです。
商店街が取り組んでいる活性化事業のほとんどが、繁昌商店街時代、各個店・売場のほとんどが繁昌していた時代に繁昌を持続するために取り組んだ事業ですから、当然、売場にはなnの問題もない、来街者が増えれば入店・買い上げ客が増える、という時代の販促事業です。

この事業を集積間競争で劣化している商店街の家政舵牛として取り組んで成果が得られるものでしょうか?
その答えは既に出ています。(写真参照)
P1050483.jpg

それにもかかわらず、活性化事業と言えば相も変わらず昔ながらの販売促進事業ばかり・・・。
この流れを断ち切って、正真正銘、商店街を商業集積として作り直す取組をスタートさせなければならない。
当社が提唱している「消費増税対応・売れる売場づくり」はそのための取組の第一段階です。

商店街を再生するには、来街目的となるべき個店・売場を「売れる売場」として作り直すことが不可欠です。
シャッターの内側の不具合をシャッターの外側の恒常業務で改善することは絶対に出来ません。商店街が繁昌していた時代、その繁昌を実現してITらのは各個店の売場だったことを思い出しましょう。

現在の活性化事業は昔同様、各個店・売場にはあたかも何の問題もないような仮説のもとで恒常業務として取り組まれています。しかし個店卯フィ場の実体は「売れない売場」そのものですから「売れる売場」用の販促・恒常業務は役に立ちません。
取り組んでも取り組んでもそこから脱却出来ない「蟻地獄」のような状況・・・。

蟻地獄から抜け出すには、「恒常業務」と決別、商店街活性化への道を¥経踏み出すことが必要です。
「消費増税対応・売れる売場の作り方」試行版 :講義と臨店指導の開催をあらためてお勧めします。
http://www.quolaid.com/kongonoyotei/2018syouhizeitaisaku.pdf

恒常業務の場合は、特に「目標」を立てる必要ははありませんでした。
売場をバックアップすればよかったのですから。
しかし、商店街活性化、集積間競争に敗北中の商店街がその存亡を賭けて取り組む事業は恒常業務の延長ではありません。

あるべき商業集積としてのコンセプトを確立し、それを導きとして各個店の売れる売場づくりを導き、空地空き店舗の活用で「集積間競争における競争力の根幹である業種揃え・店揃えの最適化」に取り組むことが」「照合集積としての再構築」、商店街活性化が向かうべき方向と方法です。

これまで常識として誰も疑わなかった「恒常業務」の取組から脱却、真に商店街の活性化、個店の繁昌を実現する「商店街活性化への道」を選択しましょう。あなたの決意が商店街活性化への新しい門出となります。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ