FC2ブログ

商店街活性化を定義する

 いつも読んでいただいている皆さんには既にご承知の通り、我が日本列島に於いては、「商店街活性化とは商店街がどうなることか」目的も定めないまま活性化事業が取り組まれています。
目的の無い事業ですから、取り組むことに意義がある、事業が終わった後に成果として何が蓄積されるか、ということは誰も考えていない。
その結果、活性化事業に取り組んでいる間もずうっと街の空洞化は進むばかり。

一年後に迫った消費増税への対応策もほとんど講じないまま、転換期を迎えることになりそうですが、あなたの街では如何ですか。

  タイトルについて。
我々は「商店街活性化」を「商業集積としての再構築」と定義し、その方向と方法を「コミュニティモールプロジェクト」として提案しています。今現在、商店街活性化実現の方向と方法として唯一提案されているものです。
提案をまとめるには相当の勉強を要しますので、今から取り組んでも間に合わないでしょう。
結局、我々の提案が最後まで唯一の活性化の方向と方法になるかと思います。

商店街活性化の定義:「商業集積としての再構築」
をもう少し詳しく言い換えると、
「自生的商業集積から計画的商業集積への漸進的移行」
が商店街活性化の定義です。
(自生的商業集積、計画的商業集積については、先日説明しました)

集積としての性格の移行=プロジェクトの方向
漸進的移行=プロジェクトの方法です。

既存営業中の各個店が売上を落とすこと無く、業容を転換していく取組がメインになりますから、仮説―試行、漸進的な取組になります。

事業で使われる用語も変わります。
商業集積、集積間棲み分け、業容転換、売買接点、増収増益、相互作用・相乗効果、誘因と回遊性の拡充等々。
コトバが変わると頭の働きが活性化されます。

コミュニティモールの「売れる売場づくり」では既に実体化されています。
計画的集積の「計画的」とはコンセプト主導で売場・品揃えを標的客相の生活ニーズへのソリューションとして実現していくこと。
売場の相互作用、相乗効果が自生的集積とはまったく違います。
(コミュニティモールのコンセプト、POPコンプレックスは、イオンモールなどのコンセプト、テナントミックスとは雲泥の差があります。イオンモールが深甚に蒙るEコマースの影響をコミュニティモールはほとんど受けません)

商店街活性化、あなたはどう定義していますか?
その活性化はあなたをあなたのお店をどこに導いていきますか?
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ