FC2ブログ

消費増税への対応

商店街として如何に対応すべきか?
問題を真正面から受け止めている商店街・執行部は少ないでしょうね。

これまでの経験からは、販促イベント、プレミアム商品券、新しくポイント還元が加わるという国の支援施策をしょうかするだけでは何の対応にもなりません。
これらは、自主的な対策を講じた上で取り組めば効果が期待されるが、自助努力抜きで取り組んでも効果が無いことは活性化事業一般と同じですね。

商店街活性化の真の意味=商業集積としての持続可能性の維持・再構築という上位目標を真剣に考えていれば、商店街にとって消費増税が持つ意味が理解され、チャンスとして活用出来るのですが・・・。

消費増税対策は「商業集積としての再構築」をスタートさせる絶好の機会という位置づけて取り組まないと効果を発揮することが出来ません。
特に今回の消費増税対策は、商店街施策と言うより「買い控え」対策が重視されており、大型店と商店街の区別無く消費の落ち込みを防止することが主眼になっているように思われます。そうなると、国の施策で消費増税以降の競争げきかに対応することはとても不可能です。

 自主的な対策を今すぐ講じることが必要ですが、活性化=恒常業務の一環として取り組んで来た皆さんのエンジンが掛かるのはプレミアム商品券が発売されるころ? それでは決定的に遅すぎます。
前述の通り、本格的な対応を考えるなら、「売れる売場づくり」への取り組みをしっかり検討されるべきです。

※国の商店街に対する消費増税対策支援のメニューは目下作成中とのこと。ホームページで告知されるそうですから時々チェックしましょう。どんな施策が提供されるのか分かりませんが、施策メニューの内容如何に関わらず「売れる売場づくり」への自主的取り組みは不可欠です。

消費増税対応講習会
お金を掛けない・売れる売場の作りかた
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ