FC2ブログ

消費税対応で 起死回生の商店街活性化

消費税率アップまであと一年、対応策を考えなければならない時期に差し掛かっていますが、今現在、商店街の状況はどうなっているでしょうか。

全国ほとんどの商店街が共通して次のような状況にあると思われます。
1.個店業績の長期低迷が止まらない
2.活性化事業の成果が得られず、蓄積できない
3.組織の求心力の低下
中活法―中心市街地活性化基本計画による中心商店街活性化の取組もほとんどの計画が目標を達成することが出来ずスキーム自体の点検が必要になっているのでは無いかとさえ思われます。

一方小売業全体の状況を見ると、広域商圏ではショッピングモールやドラッグストア、ディスカウントストアなどの業態間競争が特に食品を中心に激化しており、さらにeコマースもいよいよ本格的な展開期を迎えています。
多くの商店街は、激化する一方の競争の中で、商業集積としてのあるべき将来像を描くことが困難な状況から脱却できないまま不毛な活性化事業に明け暮れているといって過言ではありません。                 

このような状況において施行される消費税率アップは、個店及び商店街にとってきわめて対応が難しい課題であり、対応を間違えると厳しい影響を蒙ることは確実です。
消費増税にどう対応すべきか?

増税に対応する唯一の方法は、増税によって生じる競争、消費購買行動の変化の影響を出来るだけ受けないようにあらかじめ対策を講じること消費。
そのためには、お得意さんを対象に「もっと買いやすく・楽しめる売場」を提供する売場づくりに取り組むことが必要です。
「売れる売場づくり」ですね。

消費増税対策としての売れる売場づくりに取り組むことで、お得意さんを始めショッピングにいっそうシビアになる消費購買行動にあらためて「選ばれる売場」を実現することで、「増収増益」を実現しようというのがお勧めする売れる売場づくりです。

消費税対策セミナーとして「売れる売場づくり・試行版」を提供中です。
内容は「売れる売場づくり」理論と臨店指導をセットにしたもの、商店街活性化と消費増税対応という二つの課題を一つの取組で解決するのが「売れる売場づくり」、あなたの商店街でも是非開催を検討して下さい。

これまでに「キラリ」に取り組んだ商店街の皆さんへ。
依然として「キラリ」に代わり得る活性化の方向と方法が登場しないことはご承知の通りです。
キラリのバージョンアップとして推進中の新しい取組は、商店街のコンセプトを定め、コンセプトを実体化していく取組を「活性化」として捉え、バージョンアップした「売れる売場づくり」を中核としたそると&ハード各種事業の一体的推進によって商業集積としての再構築を目指します。
従来の活性化事業の低迷を突破する唯一の方向と方法です。商店街活性化を本当に望むなら、スルー出来ない提案だと思いますが如何でしょうか。

詳細は、ホームページにアップします。
なお、都道府県、市、商工会議所には明日メールで開催を提案します。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ