FC2ブログ

商店街活性化 直面する問題

 中企庁が昨年開催された「商店街政策の新たな在り方検討会」における経営支援部長さんの挨拶には大変驚かされました。

今後の政策の在り方について、方向・方法が分からない、従来の取り組み、経緯にこだわらず、画期的な提案を期待するという内容で、正直びっくりするとともに検討会の成果に期待したものでした。
残念ながら検討会における議論はこれまでの議論の延長上を出ることは無く終始したようで、日頃真摯な問題意識を持っていない問題について注文されたからといって待ってました、というわけにはいきません。
従来どおりのパターンで従来どおりの施策の「加上版」が提案されておしまい。

我々の考えでは、今必要なことは新しいアイデアを出すことでは無く、活性間取り組みのありかた自体を吟味すること。
まずは、取り組みのスキームを吟味することからスタートしなければならない。

商店街活性化のスキームは中心市街地活性化法のスキームです。これ以外に商店街活性化を推進するための枠組みは用意されていません。そのスキームに基づいて作られた基本計画によって取り組まれた商店街活性化(法では「経済活力の向上のための事業」)の取り組みのほとんどが目標未達に終わっており、少数の目標達成したケースでも活性化に成功した、という状況は解消されていない、と報告されています。

このことは何を意味するのか?
多様な条件の下にある中心市街地・商店街の活性化がほとんど成功していないということが意味することはふたつしか考えられません。
一つは、もはや商店街の活性化は不可能だということか?、
もう一つは、『中活法」のスキームでは活性化出来ない、ということか?

この二つ以外の原因があるとは考えにくいのですが、我々の結論は第三の道です。

活性化が実現でいないのは,もはや商店街を活性化出来る条件が無くなっているからでも、スキームが不適切だからでも無い、なんと、取り組みの基本となる中心市街地活性化基本計画がスキームを的確に理解しないまま作られているため、スキームが機能しなかったことが活性化出来ない原因だということです。
なかなかたどり着けない原因だと思いますが、何しろ我々はこの道一筋、20年以上取り組んでいますから、蛇の道は蛇、です(^_^)

これまでの取り組みは、スキームを使いこなすことが出来なかった。なぜか? 使いこなすために必要な商業理論を装備していなかったから。

そうと分かれば善は急げ、あらためてスキームをきちんと理解した上で、活性化実現の方向と方法を『プロジェクト』として確立、組織的な取り組みを構築し直さなければならない。
天の時・消費税率アップへの対応という課題を前面に押し立てて、税制対応、個店の繁盛実現、商店街の商業集積としてに再構築、組織の活性化という山積する難問に一体的に取り組むことで、活路を切り開いていきたいと思います。

7月から本格的な活動スタートです。

商店街活性化は日本経済全体の問題

「売れる売り場づくり」で繁盛の可能性を確認した店主さんに共通する問題意識は、①仲間の店も取り組んでもらいたい、と、②取引先(メーカー、問屋)は大丈夫だろうか?ということです。
これまでは気を配る余裕が無かった自店の存続を左右する外部の条件に目が向くようになるわけですね。
商店街立地の中小個店をチャネルエンドにしていたメーカーや問屋の中には、①よりいっそうチェーン店との取引を重視する ②小売り直営に切り替える という戦略転換をするところが多くなっています。
もちろん、引用記事にあるように廃業するところも少なくありません。
国内消費財産業のチャネルエンドをになう商店街、「売れる売り場づくり」だけではその持続可能性を確立することは出来ません。
商店街活性化は、国内消費財産業全体の存続に関わる重要な課題ですが、残念なことにそういう視点で問題に取り組んでいる事例はほとんどありません。

消費税率アップは、消費財産業全体の縮小趨勢にさらに拍車を掛けることになります。
商店街御消費税対応策は川上を巻き込んだ取り組みにしていくことが必要ですが、問題はだれが旗を振るのか。
全振連か、支援センターか。或いは霞ヶ関か。
いずれにせよ、従来の活性化施策のレベルでは対応出来ないことはハッキリしています。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ