商店街が直面する二つの課題

今、全国の商店街はほとんど例外なく二つの課題に直面しています。

一つはずうっと続いている課題。
商店街を活性化する方法を探し当てること。
もちろん一発勝負で活性化出来るわけは無いので、自分たちの力でこつこつ取り組んで行けば、次第に業績が向上し街全体が商業集積としての魅力を取り戻す、と言う方法が望ましいですね。
というか、厳しい状況で新たな投資などは思いも寄りませんから、こつこつ取り組んで活力を向上させる、という道を見つけ出さなければならない。

もう一つのかだいは、いよいよ来年10月に押し迫った消費税率アップへの対応です。
今現在も熾烈になっている価格アップの中での価格競争が否応なく激化します。
これにどう対応すれば良いのか?
ご承知のとおり、前回、8%にアップの時は景気対策と言うことで,賑わい補助金による販売促進が取り組まれました。
しかし、その結果はどうだったでしょうか? ほとんど成果らしい成果は得られず、さらにそれ以降の支援制度は限定されて現在に至っています。
政府はコン空きも景気対策を講じるとのことですが、果たしてどういう施策が打ち出されるのか?
「プレミアム商品券」は予想されるところですが、他に何か出てくるでしょうか?

もう一つ問題がありまして、商店街組織が個店組合員にとって本当に価値のある組織なのか?ということです。
市役所の一部ではこのことが深刻な問題として浮かび上がっています。
総会の出席率などを見れば誰もが感じるところであり、議会でも問題になっています。

商店街組織は二つの問題に効果的に取り組むことによって、その存在価値を組織の内外に示さなければならない。
間近に迫っている消費税率アップを機会に、商店街が一丸となって二つの問題」に¥を一つの取り組みで解決していくことが求められています。

そのための唯一の方法が当社が提唱する「コミュニティモールプロジェクト」です。
既に当社が独自に収集した情報にもとづいて自治体、商店街向けに提案を始めました。
必要な方はメールで請求してください。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ