FC2ブログ

「売れる売場」はなぜ作れない?

そこが何であるかは、そこで何が起きているかで決まるとすれば、ものが売れてない商店街は,早晩商店街では無くなる。
「ものが売れる」とは商売を持続出来る、再投資の原資を確保出来る売上を維持出来る、ということ。

商店街を商業立地として存続させるには、「ものが売れる」状況を作り出さなければならない。これが商店街活性化の第一の目標である。
すると、第一着手は「既存の売れない売り場を売れる売り場」に変えること。
商店街活性化の核心課題は「売れる売り場づくり」だ。

住む人来る人が増え、通行量が増えても,「売れる売り場」が無ければ消費購買行動は増えない。商店街は商業機能を維持出来ず、衰滅趨勢から脱却出来ない。
売れる売り場あっての商店街、と知れ。

というあたりを前提にしながら、各地で取り組まれている「商店街活性化事業」を見ると、一言で言って「売り場の外で立ちすくんでいる」という状態。
売れる商店街を担う「売れる売り場づくり」に取り組む事業はほとんど無い。
商店街の存在意義=消費購買行動が行き着くべき場所・「買える売り場=売れる売り場」を作る仕事はもっぱら個店オーナーの役割とされている。

経営の将来的継続が危ぶまれる状態にある個店が、独力かつ自発的に現在の売り場を「売れる売り場」に変えていく力を発揮出来るだろうか。
これは難しい。出来るならとっくに取り組んでいるはず。


なぜ、商店街活性化は一丁目一番地・売れる売り場づくりに取り組めないのか?
活性化事業はなぜ個店売場の前で立ちすくむのか?
二つの理由が考えられる。
第一に、売り場は店主にとって聖域である、という考え。
第二に、「売れる売り場の作り方」の論理と技術を持っていないということ。

二つの理由は不即不離。
同時に対面することで解決法が得られる。
我々の経験からすると、第一の理由は鞏固なものでは無い。第二の理由が解消すれば霧消すると言ってよい。経験的に問題は「売れる売り場の作り方」の獲得だ。
獲得出来れば、取り組みは個店売場へ入っていける。


で、「売れる売り場の作り方」は我々が試行錯誤的に開発、手中にしている。商店街活性化、買い物行き先としての存在意義を実現する「売れる売り場づくり」は、その気になりさえすれば明日からでも取り組める条件が整っている。後は決断あるのみ。

思うに「売れる売り場づくり」の術式を持たなければ、「売れる売り場づくり」という課題に想到することは出来ないのかも知れない。
業種業態を問わず共通する「売れる売り場づくり」の術式を持っていればこそ、それが解となる問題に到達することが出来るのかも。

とは言ってみたものの、「売り場が問題」と分かっている関係者はいないと思う。
問題が分かれば、術式を持たなくても「勉強しよう」という取り組みが提唱されるはず。まったくもって提唱されないのは「売り場が問題」ということに到達していないということ。通行量を増やせば売り場が売れる・レベル。

中心市街地活性化基本計画が終了した都市、事業は消化したものの,商店街の商業集積としての再構築=売れる売り場の集積としての再構築は手つかず状態。ここからあらためて再スタート出来るものかどうか。

コミュニティモールプロジェクトを採用すればOKですけどね。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ