FC2ブログ

三方好しのコミュニティモール

 商店街立地の中小商業者にとって、商店街組織に加盟し事業に参加する意義は何か、といえば何でしょうかね。商店街組織は、中小商業者の協同組織としての役割を果たせる状況にはないのではないか。特に未曾有の環境変化への対応という課題への対応において、
商店街組織は有効な施策を講じることが出来ないまま今日に至っている。

 状況を突破していくには何が必要か。その方法として我々が提唱しているのが「コミュニティモールプロジェクト」。
ゆ~たらなんですが、これは最善手ですよ、たぶん。個店の増収増益を実現しながら広域商圏における商業集積としてのポジションを再構築する、というプロジェクトが幾種類も立案出来ることは無いでしょう。そもそも問題意識が無かったりして。

 商店街組織と個店の関係、これは誰の責任ということでもない、協同で脱却しなければならない状況だ。脱却の方法は我々が提案しており、少数だが既に採用着手している商店街組織がある。

 あらためて考えてみると、コミュニティモールプロジェクトは、都市経営、商店街組織、個店の三者の課題を一挙に解決する起死回生の術式であることが理解されます。問題は、そのことを理解し、我が商店街の活性化策として採用することが出来るかどうか。実はここが難しかったりしますね。


念のため。
「コミュニティモールプロジェクト」のご紹介

虚構の上に築かれた商店街活性化

商店街活性化事業のすべては、個店には「新規顧客創出能力」が完備している、という仮説を前提に組み立てられている。すなわち、すべての事業は、個店の「新規顧客創出能力」のもとに、「お客のタネを届ける」事業に他ならない。全事業の成果は、究極、個店群の「新規顧客創出能力」に依存している。

個店群の「新規顧客創出能力」は機能しているか?
個店売り場は、店前通行量を入店客―得意客に転化する力を持っているか?
この力が発揮されないと、活性化事業は全部すべってしまいますが。

ということで、
商店街活性化と銘打たれて取り組まれる各種の事業は、
個店の「新規顧客創出能力」は十全に機能している、
不足しているのは「客のタネ」だけ、
というもの凄い仮説の上に組み立てられているわけですね。
わ~、こんなこと言っていいのかしら(^_^)

で、「客のタネ」が藻谷浩介先生唱導の「住む人来る人」ですね。
住む人来る人が増えれば商店街は活性化する。
なぜなら、その売り場は人さえ来れば得意客に変える力を持っているから。
これが藻谷的仮説の隠された?前提ですが、個店群がその力を持っているかどうかは、街を歩いてみればすぐ分かる。

歩けばすぐ分かる=仮説は反証されるのに仮説が生きているのは、街を自分の眼で見たことが無い人が仮説を立て、同様に街を歩いたことが無い、歩いたことが無い人がそれを指示しているから、でしょうかね
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ