時間堪能型消費

マーケティング方面ではモノからコトへ、とよく言われ、「時間消費」という概念も眼にします。
時間消費、はて、時間を消費するとはどういうことか?
いずれにせよ、時間は過ぎて行くもの、つまりは消費されて行くものではないか?
と思っていましたが、考え直して見れば、これは時間の過ごし方を消費の対象にする、ということ。自分が「こんな風に過ごしたい」と期待する時間を堪能することにお金を掛ける、ということ。つまり、表題になります。

「時間堪能型消費」は、長年使用している概念、初見方は検索して見てください。

我々はいつも環境に包まれて時間を過ごします。時間を堪能するとは環境を堪能すること、堪能出来る環境を作り、それに囲まれて存在すること、それが時間を堪能する、消費するということでしょう。
このように考えてくると、時間を堪能するためには、環境の質が問題だということが分かります。
小売業、サービス業の店作りの新しい着眼です。

もう一つ、我々が重用する概念に「高度必需」があります。
是非こんな風に時間を過ごしたい、という期待と期待する時間を過ごすために無くてはならないもの、代替を入手することが困難なものを意味します。
誰のどのような高度必需、時間堪能に貢献するのか?
地場小売業・サービス業のコンセプトのテーマです。

ちなみに、キラリ輝く繁盛店づくり、売れる売り場づくりは「時間堪能型消費」をターゲットにしていることは、受講された皆さんは周知徹底しているはずですが、覚えていますよね(^_^)

忘れた人は「サイト内検索」でご確認。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ