FC2ブログ

販売促進か商店街活性化か

 売り場の陳腐化、劣化が原因で証跡不振に陥り、空店舗の発生―固定化、街区全体の空洞化と商業集積としての劣化が深化していく商店街、活性化のための取り組みは、そのほとんどが「販売促進」でした。

販売促進:
集客イベント
ポイント事業
まちゼミ、100円商店街、一店逸品、バル
空店舗活用
アーケード、カラー舗装
非物販集客施設の設置
マンション建設
駐車場、交通手段整備
等々々

 それなりの効果はあったことでしょうが、根本的なところに問題が。
これらの事業に取り組んだからと言って、「売り場」が「売れる売り場」に変化することがありません!
これらの事業は、もし「売れる売り場」がそろっている商店街が取り組めば、売上アップ、得意客増加という効果が得られ、街をショッピング目的で回遊する人も多くな利、街に賑わいが生まれることでしょう。

 しかし、売れる売り場がそろって無ければどうでしょうか?
街に来た人は、売り場に引き寄せられ、売り場内を回遊し、あれこれと商品を手に取り、買い上げてくれるでしょうか?
魅力的な仕掛けをすればそういうことが起こるかも知れません。しかし、仕掛けで作った買上客が仕掛けがおわった後もお客として来店来街してくれるでしょうか?
ももと売れずに個待困って仕掛けに頼る売り場ですからね。
仕掛けが無ければお客は来てくれません。

 結局、売れない売り場がその状態を放置したまま、販売促進に頼るのは、一時的な効果はあったとしても、効果が無くなれば元の状態に戻ってしまう、ということです。
これはどこの商店街でも日ごろ経験していることですね。

 冒頭に書いた「販売促進事業」をもう一度見てください。
「中心市街地活性化基本計画」でけいかくされ、取り組まれた事業のほとんどがここに含まれているはずです。
そうです。中心市街地活性化基本計画で空洞化している商店街を活性化させるという目的で取り組まれた事業のほとんどは、陳腐化・劣化している売り場は放置したまま、「売れる売り場」なら効果が期待出来る「販売促進」に集中していた、ということになります。

 肝心の売り場が「売れない売り場」のまま、時間を掛け、お金を掛けてお客集めても、売り場のお客=得意客を作ることは出来ません。これはキモに銘じておくべき。

 三種の神器など「新規客が欲しい」と売れない売り場はほっぽり出したまま、大切なお得意さんもほっぽり出したまま、新規新規というのはとんでもない話。

 ポイント事業はさらに問題。
売上が落ちると、2倍セール、3倍セールとプレミアムをつけて何とか売上を作ろうとする。そのときは売上が作れたとしても、売り場は陳腐なまま、セールを契機にお客が増えるということはない。

 会員は減る一方、加盟店も減る一方、義理で加盟している店舗は退会ですね。
朝敵低落傾向に陥っているポイント事業が今すぐ取り組まなければならないことは、加盟店の売り場を「売れる売り場」に改革すること。これに全力を傾注しないと明日は無い。
顧客満足は、加盟店の売り場での買い物堪能を通じて実現する、これがポイント事業の新しい使命。

 解散か継続か、検討中のポイント事業は、当社に相談あれ。
売上増、加盟店増を実現するには、既存加盟店の売れる売り場を実現する以外に方法はありません。せっかくの運営資金、売り場づくりに投資するべきです。

 多種多様な商店街活性化メニューがありますが、みてきたように、取り組めば「売れる売り場」が実現する、という事業は一個もありません。
個店音繁盛、商店街御活性化を本気で目指すなら、「売れる売り場」づくりに集中すること。
漫然と販促事業の試行などに手を出さないこと。

 活性化が必要な商店街にとって、売り場福利と無関係に取り組まれる販売促進事業は活性化実現への障碍だといってけして過言ではありません。
販促が大事か売れる売り場実現を目指すか、二者択一。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ