FC2ブログ

販売促進の常識

売上が下降したら販促は禁止、下降した原因を究明し、解決してからあらためて販促に取り組む。

ところが。
活性化が必要な状況に陥っている=各個店の売上が低迷している商店街では、活性化策として販売促進が取り組まれている。
活性化三主の神器とかポイントカードとか。

実は、三種の神器とかポイントカードを即効で売上アップに結び付けるのは難しいことでは無い。すぐ出来ますよ(^_^)
しかし、やらないのはそれでは問題の解決にならないから。

問題は、売れる売場を作り・維持すること
ですからね。
売れない売り場が取り組む販売促進の目的は、当日の売上はもちろんですが、今日売れた結果、明日以降のお客が増えること。
これは販売促進だけではゼッタイに出来ないこと。

ちなみに、なぜ小売業では「売上が落ちたら販促は禁止〉と言われるのか、分かってますよね?
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ