FC2ブログ

活性化と高度化

商店街活性化とは商店街がどうなることか?
活性化の取組が始まってから40年以上が経っていますが、未だに「活性化とは街がどうなることか」きちんと定義して使っているのは、ほぼ我々だけ、というもの凄い状況が続いています。何がもの凄いかと言えば、活性化とは商店街が、そこに立地する各個店がどうなることを目指すのか、という目標が無いのに活性化を実現するためと将する事業が繰り返し取り組まれ、プラスの効果を出せないまま、類似の取組が延々と続けられていること。
確かに自分たちは定義していないが、もっと上の方、活性化事業のメニューを考えている人は定義しているに違いない?
イーエ、定義していませんよ。
活性化の定義は活性化に取り組むそれぞれの商店街に任されているのです。
近年は、事業の成果が得られていないとして、「目標数値」を設定して取り組むことが求められていますが、「活性化」を定義していないのにそれを実現するにはどういう目標を立てればいいのか分かりますか?
多くの商店街が「通行量の増加」を目標にしていますが、活性化の取組が必要になっているのは、通行量が減ったからでは無く、買い物目的のお客が減ったからですね。
減ったお客は商店街以外に買い物に行っているのですから、イベントなどで来街者を増やしもお客の増加にはつながらない。
活性化の目標は「買い物客の増加」にしないと努力する目標・方向を間違います。
活性化とよく似ている「高度化」という言葉もありますが、こちらは余り知られていないかも。
国の商店街支援の柱ともいうべき事業で、アーケード、カラー舗装、駐車場などハード事業の多くはこの制度を使って整備されています。
正式の名称は、「中小小売商業高度化事業」です。
読んで字のとおり、中小小売商業を高度化するための支援ですが、さて、小売業の高度化とは何のことでしょうか?
この言葉も定義がありません。
高度化事業は、活法中―中心市街地活性化基本計画の背骨に当たる事業で、経済活力の向上のための事業の先頭に挙げられています。
旧中活法時代の「まちづくり会社」=TMOは、『中小小売業業高度化事業構想』を作成しないと資格がありませんでした。タウンマネージャーとはこの事業を活用して中心市街地―商店街を活性化する事業のマネジメントを担う人材です。あまり指摘されませんが、高度化事業を理解せずに中心市街地活性化を語ることは出来ません。
高度化事業:商店街の商業機能を高度化する事業ですが、実体はハード事業になっています。
高度化事業の趣旨:商業の高度化とは何のことか?
誰も理解していない。
活性化と高度化。
お金と時間と注ぎ込んできましたが、一体何のための事業なのか、これまでも今もさっぱり分からない、というのが実状です。
何のための事業か、きちんと理解すれば、取り組み方も分かってくるのですが・・・。
毎度のことながら、このあたり商店街―中心市街地活性化の一丁目一番地に当たる取組ですが、学識経験方面からは何の音沙汰もありませんね。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ