FC2ブログ

商店街活性化の新段階

 これまで様々の活性化事業が取り組まれて来ましたが、それらの事業には共通して一つの欠陥がありました。
それは、事業が終了すると同時に事業の成果が消滅すること。
 本来、事業の目的は事業に取り組むことではありません。
事業の目的は事業に先立って事業の外にあり、事業の成果は事業終了後に事業の外に現れなければならない。
そうしないと活性化に役立つ事業とは言えません。
 しかし、商店街で取り組まれている活性化事業の多くは、事業終了後に事業の成果が現れるという形にはなっていません。
何故でしょうか? 事業になにか問題があるのでしょうか?
考えて見たいと思います。
 事業終了後に事業の外に成果が現れると言うとき、その成果とは何でしょうか? 多くの場合、人出、通行量だと考えられていると思います。多くの取組がその目的として「通行量の増加」を掲げていることから明らかです。
では、事業終了後に据える通行量は何を目的に通りを歩いているのでしょうか? 既にイベントなど来街を訴求する事業は終わっているというのに?
 イベントが狙う通行量の増加とは、買物目的の通行量、回遊者数増加です。
商店街活性化を目的に通行量の続かを目指すのですから増える通行量は買物客数でなければならない。そうで無いと事業に取り組んだ甲斐がありません。
 事業終了後に増えることが期待される買物客ですが、買物客は何故増えるのでしょうか?
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ