FC2ブログ

問題解決入門 (1)

商店街活性化事業は、立場を問わず参加者の問題解決能力の向上・改善が実現する内容で取り組まないと当面の問題も解決出来ないと思います。
問題解決とは:
もっとも広義に定義すると、所与の(前提となっている)目的を基準にして、
+を増やし、
-を減らす
ことです。
そのためには、プラス、マイナスを評価する基準が必要であり、それが問題解決に先行して掲げられている「目的・目標」です。
目的・目標がしっかり理解され、さらに、目的・目標を達成するための条件が頭に入っていないと、問題の解決は出来ません。
問題解決のプロセス:
通常、問題解決は次のようなプロセスで進みます。
0.前提:問題発見のアンテナを張っている
1.問題の端緒の発見
2.問題の評価
3.問題の定義
4.解決策(仮説)の提出
5.仮説の評価・採用
6.実施
7.結果の評価
8.全体の批判
ちなみに良く言われる「Plan―Do―See(Check)」とは、「6.実施」の内容です。
問題解決を通じて問題解決能力を向上改善するには、問題解決プロセス及び各プロセスで取り組む内容を十分理解しておくことが不可欠です。
(続
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ