FC2ブログ

活性化事業とコンセプト

 商店街活性化に取り組んでいる商店街で「商業集積として再生するためのコンセプト」を作成、事業活動の導きとしているところが有るでしょうか。
コンセプトから方向と方法が導き出されていない一過性の事業で活性化を実現することは出来ません。
次の例を比較して見ましょう
1.商店街活性化事業としての
通行量増大事業
空店舗活用事業
三種の神器事業
エリアイノベーション事業
等々
特に事業のあり方が規定されることは無く、事業の都度、取り組みたいように計画すれば良い。
独立・一過性なので、終わった後で反省や総括をしても仕方が無い、という感じ。
2.商業集積としての再生のための、コンセプト実現のための
という冠をかぶった
通行量増加事業
空店舗活用事業
三種の神器事業
エリアイノベーション事業
等々は、再生の実現に近づける企画が要求される。
結果の反省や成果の蓄積も当然行わなければならない。
個別事業の成果、先行、並進する事業群との連携の可否、
次の事業へのフィードバック等々
と言うことで。
事業におけるコンセプトの重要性が了解されたことと思います。
コンセプト無き活性化事業は、取り組む都度、事業実施すること自体が目的になってしまいます。上位目標はありませんからね。♫後には何も残らなかった。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ