売れる売り場の作り方

商店街・中心市街地活性化の取組が進展しないのは、既に我々が繰り返し述べているとおり、各種事業の成果が【商店街の得意客の増加】として蓄積されないからです。


何故蓄積されないのか?

答えは簡単、得意客になりたい売り場が存在しないから。


入って見たい売り場、買いたくなる売り場、再訪したい売り場が準備されていなければ、集客事業その他、商店街への来街者を増やす事業の成果が【得意客の増加―買い回り・遊歩客の増加】として定着することはありません。即ち、商店街の活性化は出来ない、ということになります。


活性化の取組が始まって以来、来街者を自店のお客にする【売り場づくり】は各個店オーナーの責任とされてきました。たしかにそのとおりですが、突っ込んで考えてみると、果たして個店には【売れる売り場】を造る知識・技術が備わっているだろか?ということがあります。

如何ですか?


もし【売れる売り場】を作り維持する技術があればそれは売り場づくりに活用され、「売れる売り場」が実現しているのでは無いでしょうか?

そうすれば、集客イベントなどで来街した人が売り場に【お試し入店】してくれる、お得意さんになってくれる、「客数・売上」アップが実現しているのでは無いでしょうか?

いくら集客イベントに取り組んでも得意客が増えない、ということは売り場に問題があるのでは無いか?


あらためて考えてみると、商店街の皆さんは【売れる売り場の作り方】について、学び・研究したことがあったでしょうか? 店づくりは基本的に「見よう見まね+差別化」ということで終わっており、商店街から【客離れ】が起きてからも、店づくりはほとんど変わっていません。

一方、お客の方は新しく登場した様々の売り場を体験し、用途に応じて使い分けるという買物行動が当たり前になっています。つまりお客は変化しているわけです。


商店街を活性化するには、変化したお客の消費購買行動から見て、「わざわざ出かけるに値する】と評価される売り場・売れる売り場を揃える以外に方法はありません。

【客離れ】が生じている売場を売れる売り場に変えること、これが商店街活性化・喫緊の課題です。

売れる売り場が無ければ、イベントその他で集めた来街者が商店街の得意客になることはありません。売り場の現状に目を閉ざして取り組まれる集客イベントの結果を見れば明らかです。


現在、商店街には【売れる売り場の作り方】が共有されていません。

小売業には、業種業態を問わす、【売れる売り場】に共通する原則があり、それはお金を掛け無い、短期間の取組で修得することが出来ます。

好むと好まざるとに関わらず、「売れる売り場の作り方」を知ることは、これからの商店街活性化にとって有力な選択肢を知ることです。


商店街活性化に関わる皆さんは、立場を問わず、個店レベルの取組【売れる売り場の作り方】を理解し、その実践・普及の必要の有無を判断していただきたい。


公開セミナーはそのためのまたとない機会です。

お誘い合わせの上ご参加、お待ちしています。


有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ