商店街活性化に欠けているもの

商店街活性化、全国の取組に共通して欠けていることがあります。

それは、知識と技術を更新する、これからの商店街で商売を持続していくために必要な知識、技術を身につけるための取組です。


繁昌するためには経営環境の変化に的確に対応しなければならない、とは商店街の内外でよく聞かれる常套句ですが、環境の変化とは何がどう変わっているのか、対応するために何をなすべきか、そのために派どのような技術がひつようか、といった具体的な派qなしまで降りていくことはほとんどありません。「環境対応」はお題目だけですね。


中心市街地活性化基本計画も同様でありまして、緩急の変化の具体的な説明も無ければ、対応するための課題も明らかにされておらず、従って、そのための事業は計画されていません。

商店街が環境の変化に対応するために必要な業務に取り組むための知識や技術を修得するための事業計画は、立てられいない、と言うことです。

実際に計画を見ますと、小売業の経営に関する専門的案知識屋技術を要する取り組みはほとんど計画されていません。こんなことで環境の変化に対応する経営が出来るでしょうか?


肝要の変化は大きく3つに分けられます。

1,消費購買行動の変化

2.競争の変化

3.個店・商店街内部の変化

です。それぞれの内容を適切に理解して店舗。売り場の在り方に反映させないと新しい繁昌を実現することは出来ません。しかし、残念なことに、これらの変化を理解する取組は全く計画されていません。


さらに、店舗。売り場を最適状態に維持するための技術に就いて、体系的理論的に理解する、と言う作業も全く行われていない。

各個店の「経験と勘」に頼っています。


一方競争相手である、各種商業施設の方は、パート、アルバイトさんから店長まで、一所懸命勉強しています。抑も店舗規模や資本規模で勝負にならない上に、勉強しない、ということになれば、もはや『競争』など口にすることが恥ずかしいくらいです。


一日も早くこの状況=理論と技術がそろっていない)から抜け出すことがはんじょ上hの吉ですが、皆さん、なかなかその気になりません。

勉強しよう、と呼びかけ準備をしてもその気になって参加してもらわないことには、個店の繁盛も商店街の活性化もありません。一度は必ず『環境の変化に対応する店づくり・売り場づくりのありかたを勉強しなければならない。

その機会として我々が提供しているのが5.25のセミナーです。

(続く)


有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ