商店街活性化のミッシングリンク

 同じタイトルの記事を何回か書いていますが。

 どうもおかしいですよね。
商店街はショッピングの場、ショッピングは個店の売り場で行われる。
商店街を活性化したい、と考えるならイの一番にチェックして、問題があれば改善しなければいけないのが,来街目的を果たす場所:個店の売り場のしつらえですね。

 ところが。
商店街活性化の取組が始まって以来、個店の売り場に問題がある、と言う指摘はほとんどありません。
一方、消費者アンケートでは「品ぞろえが新鮮でない」、「陳列が見にくい」といった指摘が毎回繰り返されているというのに・・・。
商店街ぐるみで売場の改善に取り組もうという企画はほとんど出てきません。

 一方、商店街のイベントでは、街に人を呼ぶのは商店街の仕事、集まった人をお客にするのは個店の仕事、と言われます。
商売のプロなんだから,店前通行量をお客に変えるくらい出来るだろう、と言うことですが、出来ません。
お客にするためには、「見てみたい」―「見ると買いたくなる」―「買うとまた来たくなる」というお客の変化が期待出来る売り場を提供し手置かなければならない。そうしないと、イベント客を自店のお客に転化することは出来ません。

 そういう売り場づくりが出来ているかどうか。
これはもちろん出来ていません。出来ているならイベントに取り組まなくてもお店は繁盛しているはずですから。

 お店はイベント客を売り場に迎え入れ、ショッピングを堪能してもらう準備が出来ていない。
準備をしないまま、イベントを開催し一過性の来街者を増やしても、お客は売り場に見向きもしない。
結局、イベントに来たお客さんはお店には立ち寄らないまま,イベントが終わると同時に帰ってしまいます。
売り場を試すことも無かったので、明日明後日、買い物に来ることはありません。結局、イベントは商店街のお得意酸を作ることが出来ません。その原因はイベントにあるのでは無くて、お得意さんが作りたくてたまらない、しかし、売り場の作り方が分かたない個店にあるのです。

 それなのに、どうして個店・売場の改革改善に取り組もうとしないのか。
不思議でたまりませんね。
活性化の取組を上から見ると、真ん中に売れない売り場が鎮座していて、その周囲をソフト・ハードの活性化事業が取り組んでいる、という図ですね。取り囲んでいる事業群は,売り場については一指も触れず、沈黙したままそれぞれの事業に取り組んでいる・・・。

 と言うことの連続で今日という日を迎えていますが、明日もまた今日の続きで売り場の話はご法度、でしょうか。
どうしてこういうことになっているのか、誰か推理してみてください。
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ