商店街活性化・根幹となる取組

 閣議決定「中心市街地活性化を図るための基本的な方針」には、中心市街地活性化が進展しない原因をいくつか指摘していますが、なかでも特に重視したいのは、
「専ら基盤整備などの周辺事業にとどまり、中 小小売商業としての競争力の根幹である業種揃え・店揃えの最適化に関する取組が不十分であった」
と指摘されていることです。
 
 中心市街地の商店街をはじめとする商業集積・施設群が空洞化しているのは、広域に参入している多種多様な商業施設群との競合の結果です。競争力の根幹(すなわち競争の課題)を最適化する取組が不十分であったため、新規参入した競合に遅れを取ったのが空洞化の主因です。
残念なことに,基本方針において指摘されているこの「競争力の根幹」の整備の不十分については、真正面から取り上げている基本計画は無いと思います。たとえ有ったとしても、現実に取組が計画出来るかといえばそれは無理、必要な利理論・技術が揃えられていません。

 さて、商店街活性化の目的は、商店街の商業集積としての持続可能性の再構築です。
競合との競争に適切に対応する術を持たなかった商店街は、空洞化の一途を辿って現在に到っていますが、持続可能性を再構築するには、【競争力の根幹】である【業種揃え・店揃えの最適化】に取り組まなければならない。
競争力の再構築なしに持続可能性を再構築することは出来ませんからね。

 そこで問題になるのが「業種揃え・店揃えの最適化」とは何を意味するか ? と いうことです。
この問題についてはこれまで幾度となく説明しているので、【ブログ内検索】で確認してください。

 今現在、商店街が最優先で取り組まなければならない問題は、【商業集積としての持続可能性の根幹】は、商店がぐるみで【売れる売り場】の集積へとその在り方を転換していくこと。

 その取組の中核に位置づけられるのが【売れる売り場づくり】です。
業績が低迷する個店群の売場を【売れる売り場】に転換することが、商店街の持続可能性再構築の取組の根幹となる事業です。
もちろん、この事業には現在―将来の競争環境、消費購買行動等の変化を踏まえた、
①商業集積としての在り方を実現する方向と方法、個店群の売場の転換の方法等に関する理論、
②店間実務のための技術
③転換を商店街全体に伝播する仕組み
三点セットの装備が必要です。

 ご承知のとおり、当社はこの3点セットを装備しており、【キラリ輝く繁盛店づくり】として全国の有志とともにb取り組んでいます。
取り組みを通じて、三点セットは逐次改良を重ねており、現在、【売れる売り場づくり】という商店街喫緊の課題をテーマにsitが取組として提案しています。

(続く)
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ