誰が基盤整備事業を仕掛けるのか?

 これは様々です。
様々ですが、スタート時点で整理整頓しておかなければいけないことがあります。

 商店街活性化の取組の全体像にきちんと組み込むことです。
もし、全体像が作れ荒れていなかったら、基盤整備事業の取組を通じて全体像を作ること。
これは極めて重要な課題です。
そのための手順を説明します。

1.発意
  あなたが誰であれ商店街―中心市街地活性化の推進に、基盤整備が必須だと了解し、取組をスタートスルニは、まず、取組の全体像を理解することが必要です。
全体像抜きの取り組みは、簡単な問題で矮小化sれてしまう可能性があります。
商店街活性化の全過程を通じて繁盛店・売れる売り場を増やし、維持していくことは常に取組の中心に位置づけられます。
他の事業tの連携も重要です。
成果を挙げるには活性化の全体像を理解し、そのなかでの「当事業の位置、時点における課題」などを理解していることが重要です。

(続く)

基盤整備の行く手

 基盤整備事業、「売れる売り場づくり」はもちろん、売れる売場を作ることが最終目的では無く、繁盛する個店を実現しながら同時に商店街のしょうぎょう集積としての再構築をめざしします。
ここが個店の経営改善とは違うところですね。

業種業態を問わず、商店街立地の売り場を売れる売り場に転換しようというプロジェクトですから、無いようは自分たちで勝手に決めるというわけにはいきません。

(続く)

商店街活性化 基盤整備事業

 長年、袋小路に入っている感のある商店街活性化について、抜本的な転換を提案します。
名づけて[商店街活性化基盤整備プロジェクト]。

基盤整備とは:

 一般に基盤整備と言えば土木建築方面の取組ですが、商店街・中心市街地活性化の場合、土木・建築方面の取組以前にもっと基本的なな課題があります。ハード面の整備よりももっと基礎的な条件整備。基本中の基本がきちんと整備されていることが土木建築的段階的基盤整備が本物の基盤整備となるかどうかを左右する、という正真正銘的基盤整備です。

 つまり、基盤整備を始め、ソフト&ハード両面、多種多様に取り組まれる活性化を目的とする事業群が所期の効果・貢献を果たすための条件をあらかじめ整えておくこと。
もし、活性化事業の効能効果を発揮させる条件が整備されていなければすべての活性化事業が徒労に終わります。ですよね?

 基盤整備事業以降の活性化事業を効果あらしめる条件とは何か?

【それは「売れる売り場」が軒を連ねていること】です。
景観整備、イベント、非物販の集客施設の整備等々、来街者を増やす事業の効果が発揮するには、事業に先立って【売れる売り場】が揃っていることが前提になります。

 ところが、実際の活性化の取組はここの論理が完全に倒錯していて、「売れていない売り場で商品を売る条件」として活性化事業が位置づけられ、取り組まれている。端的に言えば、売れない売り場は店前通行量を増やせば売れるようになる、という仮説に基づいて事業が企画され取り組まれているわけです。

 景観を整備する、コミュティ施設を整備する、空店舗出店補助etc,. すべての事業が「通行量が増えれば売り場は売れる」と言う前提で取り組まれています。
実際はそうはいかない、と言うことが全国各地の種横転街における実践でずうっと実証されていますが、なかなか取組を転換することが出来ない。
店前通行量の増加で効果が出ないなら、直接入店者を確保しよう、と始まった「商店街活性化・三種の神器」はさらに劇的で、店頭・店内にイベント客を誘引しても、売上げ―顧客増加を実現出来ません。

 その原因はたった一つ、基盤である「売れる売り場づくり」が作られていないから。
たぶん、皆商店街の皆さんは、自分の売り場が「売れない売り場」になっていることに気づいていません。

  そう言えば以前、まちぜみに取り組んでいたお店で、ゼミの参加者は来るんだけど売上げにはつながらない、とぼやいていたおかみさんが「見える化」に取り組んだら、ゼミ参加者が買ってくれるようになった、と喜んでい報告してくれたことがあります。
いまではまちぜみのモデル店だそうで、「まちゼミの前に基盤整備ですよ」とちゃんと伝えるよ~に(^_^)

 さて、現在の活性化事業の継続を主張できるのは、とりあえず、取り組んでいる事業が自分の店にとってプラスになっている人ですね。
プラスとは:
①イベント毎に新規の来店客があり
②その後数日間続く
③その中から結構な割合で得意客が増える
ということがイベントのたびに起きている人です。店づくり、売れる売り場づくりがちゃんと出来ているからですね。
繁盛店にとってはイベント様々です。

  多くのお店で①~③が起きていれば活性化事業は大成功ですがそうはいかない。
商店街のイベント当日は、ショッピング目的のお客は激減する、というのが多くの商店街に共通する傾向ですね。

 多くのお店は、イベント当日は新規来店客どころかお得意さんの来店さえ諦めています。
これでは活性化事業の効果はゼロ同然、何回繰り返しても同じ結果が繰り返されるだけ。

 と言うことで、活性化への近道は「商店街活性化基盤整備事業」に取り組むこと。
他に方法は無いと思うのですが、取り組めない事情があったりして。

その1.一国一城の主が死守する売り場に踏み込む腕と度胸がありますか?
その2.踏み込むに当たって装備する「売り場づくり」の効果効能如何

 考えると誰でも二の足を踏むのが当然でしょう。
シャッターの内側に問題があると分かっていても着手出来なかった二大理由です。

 我々はなぜ提案出来るのでしょうか?
我々が提案する「商店街活性化基盤整備事業」は、皆さんご存じの「売れる売り場づくり―キラリ輝く繁盛店づくり」です。
われわれは二大難問をどうクリアしているのか?
実は[その一]は大した問題ではありません。
一国一城的プライドも売上不振には勝てません。というか、個店経営のプライドの源泉は売り場、売上げ、お客の支持ですから今やqもン大はプライドをどう取り戻すか、ということです。
我々が提唱する[お金を掛けずにここまで出来る! キラリ輝く繁盛店づくり]のように繁盛出来る、と納得出来れば動きます。

 問題は[その二]にあります。
この厳しい時代、モールを始め郊外型商業全盛という時代に、商店街立地で・業種業態不問・お金を掛けず・商品構成を変えずに「売れる売り場」に変身させることが出来る、だれでもその気になりさえすれば売れる売場を作ることが出来る、というのが[その二]への答えです。
そして、今現在この答えとして唯一提供されているのが我々の[キラリ輝く繁盛店づくり]です。

 商店街活性化事業は「売れる売り場」の存在を前提に組み立てられているが、売り場の現状は果たして如何。
活性化の基盤となる「売れる売り場」の再構築=商店街再生基盤整備事業への着手を急ごう。

 
取り組めない事情というのは積年の不毛な取組に起因することが多かったりしますが、それはともかく。取り組めない事情を内側に抱えていたのではできる事業もできなくなります。
出来ない事情をどう解消するのか、腕の見せ所、知恵の出しどころ(^_^)
と言うことで、商店街活性化は、今すぐなんの準備もせずに着手出来る「基盤整備事業」への取組がスタートしないことにはシナリオが書けない。話はそれからだ、と言うことですね。

 各種活性化事業を成功させるには、基盤となる「売れる売り場」が整備されていることが根本条件。実際の商店街に「売れる売り場」は揃っているか? 活性化事業の効果が発現しないのは、基盤である「売れる売り場」が少ないことが最大の要因、「売れる売り場」を増やすことが活性化への最優先で取り組むべき課題です。

商店街活性化事業が成果を挙げられないのは、
1.もはや商店街という存在を活性出来る条件が無い のかあるいは、
2.取組が根本的に間違っていたから
のどちらか。
どっちがどっちか決着させて次の行動に移るべき。

 答えは簡単。
繁昌している商店街もあるわけですから、1ということはあり得ません。
答えは2です。

問:活性化に取り組んでいる商店街が活性化出来ないのはなぜか?
答:取組が根本的に間違っているから。


  “手直しすればいい”とか “何かを付け加えたらといい”というレベルでは無くて、従来の取組は根本的に間違っていた、と確認しなければならない。 根本的な間違いとは?

  これまでの活性化事業は
「個店のシャッターの内側には問題は無い。問題は来街者・通行量が少ないこと」
という前提に基づいて組み立てられているが、この前提は間違っているということ。です
間違った前提で取り組む事業で活性化出来るわけが無い。

 現在取り組まれている活性化事業が前提にしている条件は適切なのか? それとも間違っているのか?
どう考えるかで商店街の命運が定まる時期を迎えていると言って過言ではありません。

ということで、あなたは:
間違っていない派? それとも
間違っている派?
どちらでしょう(^_^)

事態がここまで深刻化すれば、取り組み方が間違っていると見る以外に無いだろう、と考えるあなたには起死回生の方法が(^_^)

 通行量が増えることで売上アップが期待出来るのは、自動販売機とコンビニエンストア。
品ぞろえが売れてなんぼの商売人が通行量などあてにするわけが無(い^_^)

  とは言うものの、通行量増加という活性化事業の柱のひとつが「商店街実態調査」ことアンケート調査によって示されたた商店街の問題意識「通行量が減少していること」を反映していることは言うまでもない。藻谷謬論もしかり。
空洞化に陥っている商店主さんたちの問題意識が活性化策を決めているの図。

 我々が見るところ、商店街活性化の取組、本物かどうかを見分けるには、基盤整備=売れる売り場づくりに取り組んでいるかどうかを見る。これは厳然たるDemarcation。
執行部を担う巡り合わせとなっている理事長さんは、既定路線を継続するのか、基盤整備に移行するのか、これまでにない決断を迫られていると思いますが、責任者としての心境としてはどうでしょうか。

 いったん、移行を決断すると若干の整理整頓は必要かも知れませんが、移行してしまえば明るい日々が訪れるかも。もちろん、自店売場の業績も今以上に伸長すること間違い無し。分かってて行動しないのは罪ですよ(^_^)
(続く。

商店街活性化、職業的指導者の不在

 商店街活性化の取り組みには、商商業理論(一般論)、POP理論、商業集積論などを装備していることが必須ですが、既製品は提供されておらず、また、商店街単位で独自に構築することは不可能です。餅は餅屋、学識経験者さんの出番ですが、商店街活性化を導ける内容を持った理論は提供されていません。
 一方、実践面を見ても商店街活性化のキモである「売れる売り場づくり」を指導出来る専門家はほとんどいません。
(「業種別繁盛店の作り方」は出来る人がいると思いますが)

 理論無し・専門的リーダー不在の取組、これが現在の商店街活性化の取組の環境ですね。
ちなみにここで言うリーダーとは商店街組織のリーダーのことではありません。
商店街活性化の一部始終を理論と実践両面にわたって、指導・支援する専門職としてのリーダー、必要により商店街組織を指導支援する職業的リーダーです。
この職業的リーダーがいない、と言うのが後で見るSMなどチェーン小売業と商店街との大きな違いの一つです。

 商店街活性化が取り組まれているのは、商店街が成功したことのない「集積間競争」のまっただなか、モールを始め多種多様な商業施設・集積を向こうに回して商業集積としての歩JIを再確保しようと言うのですから、理論も指導者も必要ですよね。
これが両方とも不在、と言うのが商店街家政科の現状でアスね。

 これでは商店街が活性化出来ないのは無理も無い。繰り返しますが、ここで言うリーダーとは商店街のリーダーさんとは違いますよ。
商店街活性化の指導支援を背紋とする職業的指導家です。

 話は変わりまして。
 スーパーマーケット(SM)が米国から上陸、瞬く間に全国に波及した背後には、日本リテイリングセンターをはじめ指導にあたる専門機関があり、相互にしのぎを削りながら、商店街から「脱藩」した青年商業者を指導育成しました。疾風怒濤時代。

 ご承知のように米国という先進事例があり、それを論理化して、理論―実践技術両面にわたって、新入社員から経営トップまで体系的・実践的に指導する専門家機関があったわけです。
その指導支援のもとで、SMが全国に波及し、その中からGMSが生まれSCが登場する、という発展があったのですが、理論と技術両面にわたる指導支援無くしてこの発展は考えれません。

 一方、商店街の方はどうでしょうか?
上記のSMーGMS-SCの全国全都市侵襲に対して地場商業者の事業機会を確保維持するための取組の特徴は、理論も指導者も無かった、と言うことです。

 国は、『大店法』を制定、調整4項目によって地場商業者の事業機会を確保する機会を設定しましたが、上述のとおり、理論と指導者を欠いた取組でしたからほとんど成果を挙げることが出来ませんでした。
 後年、学識経験者さん達が「大店法による対応には限界があった」と言うのは笑止千万、この人達(その先代筋)が対応するための論理と技術を提供出来ず、商調協の要職を務めながら指導らしい指導は出来なかった、と言うことです。

 以来今日まで、商店街活性化を導く理論は無く、指導者は不在という状況が続いています。
理論と指導者無しで商店がが活性化できる、そんな状況では無いことは皆さん、十分分かっていますよね。
 ちなみに、SM~GMS~SCという新業態の発展を理論-実践的に指導した中心人物は日本リテイリングセンターの渥美俊一。徹底して米国SMの理論と実践を指導しました。

 同じ時期商店街は何をしていたか?
我々も理論と技術が必要だ、という声はほとんど挙がりませんでした。
高度化事業も個店経営の経営革新無しでは所期の効果が得られないスキームでしたが、その部分は作文で済ます、と言うのが常套だったような。
 向こうは勉強と技術修得に必死、こちらは慣れ親しんでいる商店街間競争の武器・集客イベントくらいしか取り組めない、という状況がずうっと続いて今日に至っている、と言うことは、時々確認された方がよろしいかと。

 と言うことで。
無い無い尽くしの商店街活性化ですが、理論と指導者の不在はなかでも飛び抜けてとんでもないことですね。
商店街活性化、本気で取り組むなら職業的指導者を確保しなければならない、とご理解いただいたでしょうか?
善は急げ、確保すると当たらし展望が見えますよ。
おっと、商店街活性化の「職業指導家」でないとダメですからね。」

ブログの位置づけ

㈲クオールエイドのホームページのトップという位置付にいたします。
ここをブックマークして頂くと、ほぼ毎日アップする記事とそれに関連するホームページ本体記事へのアクセウガ可能になり、より全体的な情報の獲得が可能になります。

常連さんの中にはブログ~ホームページから適宜情報を収集して自分たちの勉強会の資料を作成されている例もあります。

各種SNS~ホームページにまたがる情報提供の【核】に位置づけるのが当ブログです。

引き続きおつきあいのほどお願いいたします。

商店街活性化はなぜ必要か?

 税金を投入し、行政を始め外部の人材多数を参画させてまで、なぜ商店街を活性化しなければならないのか?
(※2012年5月の記事再掲)

 コミュニティ機能だから維持しなければならない、という最新版を始め、様々な視点からその必要性が唱えられていますが、今現在、当記事を読んでいらっしゃるあなたは、商店街活性化はなぜ必要か? 胸を張ってその必要性をきちんと説明できますか?
 その説明は、説明を受けた相手から“なるほど、そういうことなら商店街は是非活性化しなければならない”と心の底から確信してもらえる内容、競合する郊外型集積の関係者でも“それも一理あるな”と認めざるを得ない、そういうレベルで「商店街活性化の必要性」を構築することが必要です。

 言うまでもなく、「必要」かなければ、いくら取り組んでも「活性化の実現」という成果に結びつけることは出来ません。
 商店街はなぜ活性化しなければならないか?
今どき発せられるこの質問の意味するところは、“商店街を活性化するために何故税金を使うのか?”ということですからね。

 小売商業の機能=消費財を品ぞろえして消費者に提供する,ということなら商店街立地以外の商業者でも、(商店街以上に)上手にやっています。
市民の中には、“商店街が無くてもショッピング行き先には困らない”、という人も大勢います。

 税金を投入し、行政を始め、外部の人材多数を参画させてまで、なぜ商店街を活性化しなければならないのか?
 
 この問いに答えるには「商店街活性化の方法と方向」を正しく理解しておくことが必要です。方法と方向が理解されていないと、いくら税金を投入しても「リターン」が発生せず、リターンが発生しないと商店街か活性化した、とは言えません。
「リターン」とは何か?

第一に、地域住民が稼いだお金が域内を回流すること
第二に、商店街に新しい投資機会=信用創造が実現すること

 この二つが実現することで、小売商業が「地場産業」として地域の活性化を牽引する役割を担うことが出来ます。

 ご承知のとおり、『中心市街地活性化法』では、中心市街地活性化を定義して、
①(中心市街地所在の)都市機能の増進 及び
②経済活力の向上
としています。覚えていますか、皆さん(w

 全国都市の中心市街地にあまねく立地している「都市機能」は商店街、商店街=中小小売業の集積は、「経済機能」であることは言うまでもありません。『中心市街地活性化法』が期待する中心市街知の活性化においては“経済機能としての商店街”の活性化が極めて重要な位置を占めています。

 さて、言うまでもなく、都市の縁辺地域にはいわゆるショッピングモールをはじめ「郊外型商業」が蟠踞しています。商店街の空洞化にこれらの郊外型商業の進出が大きく影響していることはいうまでもないことです。
“ショッピングセンターがあれば商店街は必要ない”という人もいますし、中心市街地に住んでいる人達もたいていは郊外へショッピングに行っています。

 郊外型商業(チェーン小売業)は何を目的に進出しているのでしょうか?
広域の住民の生活に【消費財】を提供することで、【売上】を作り、【利益】を得ることですね。
問題は、この売上(そのもとになっているのは地域住民の所得(給与や所得)の行き先です。
チェーン小売業の売上は即日本部に回収されます。
本部から環流されるのは、店舗の経費だけ、利益部分は本部に収納されてしまい、二度と地域に戻されることはありません。
これがずうっと続くわけですね。
地元企業がいくら稼いでもそれが消費段階でチェーン店に向かうとあっという間に地域から消滅します。

一方、商店街立地の地場小売業の場合はどうでしょうか。

地場小売業、聞き慣れない言葉ですね。

takeoが最近思いついた言葉ですが、商店街・中心市街地活性化、さらには国産消費財流通全全般の活性化そしてもちろんわが国経済の将来を左右することになるであろう言葉です。

 地場企業=当該地域の企業者が起こし、当該地域を対象に営業する企業のこと。
地域住民による地域のために地域の資源を活用して営まれる営利事業です。
地域の経営資源を活用して営む企業ですから、その経営活動は域外から移入せざるを得ないものを除いて域内で調達します。人・もの・金。

 地域住民が経営する地域住民を対象にした事業はすべて地場企業です。
建築関係、個人向けサービス関係、住宅向けサービス業等など、枚挙にいとまがありません。もちろん、我が商店街に立地する地場中小小売商業もその仲間です。
これらの企業に共通しているのは、そこを通過するお金がすべて地元から入り、そして域外からの調達などを除く経営費用もすべて地元に出ていく、ということです。

 創業資金・運転資金を地元金融機関から調達し、地元顧客を対象に売り上げを簡単にいえば、「粗利=付加価値」のほとんどすべてが地元に回っていく、というのが地場企業の、したがって地場中小小売業の経営活動の貨幣面の働きです。
地場でない、例えば郊外のショッピングセンターなどとの違いは明らかですね。
ショッピングセンターは、消費財の販売を通じて地元のお金を集金して本部に持っていく、という活動のために出店しています。
好むと好まざるとに関わらず、SCでの買い物に使われた地元のお金はその日のうちに本部に回収されるのです。
地元の「粗利」は本部の粗利、その使い道は本部が決定し、当該企業の優先順位にしたがって使われていきます。

 地元の中小小売業が一念発起、繁盛店への転換を決意し、見事「繁盛への道」を築いたとします。
お客がお店を信頼してくれたわけですね。
お店のお客に対する信頼は、お店の信用となり、経営の拡充に必要な資金調達が可能になります。ここがポイントです。

 経営活動によって作られた信用に対して地元金融機関が貸し出しを行います。
ここでいままで地元で使われたことのないお金が地元に生じます。このお金は商店から地元の建築業その他へ回っていきます。
地元の小売店が再投資をすることは、これまで地元に無かったお金が地元を回流する、その分だけ地元で流通するお金が増えることを意味します。

 ショッピングセンターの売り上げは、いくら売れてもこのような働きには関係ありません。ひたすら地元のお金を本部に持って行くばかりです。
地元資本の小売店が頑張ると地元を回るお金が増える、これは地域にとって経済がその分だけ成長する可能性が生まれること、すなわち、活性化することそのものです。

 まず、このことをしっかり理解しておきましょう。
ショッピングセンターで使われた一万円と商店街で使われる一万円、地域経済全体に及ぼす影響は全く違います。
ショッピングセンターで使われたお金はその分だけ地元から使えるお金が減ることを意味します。
商店街で使われるお金は「粗利」に相当する分は地元で回流します。
まず、
この違いをしっかり理解しておきましょう。

 こういう状況において考える“商店街活性化は何故必要か?”という問題、困っている商業者を助けるため、とか、せっかくの街への投資を無駄にしないため、とか、「中心」がないと街らしくない,コミュニティの担い手だから、などなど、経済や特に消費購買行動とはあまり関係のないことを並べても“なぜ必要か?”という問いの答えにはなりません。

 前にも書いたように、商店街は「中心市街地に立地する経済機能」ですから、その必要性は「経済的必要性」を中心に考えなければならない。

 いいんですよ、“物売りだけが商店街ではない”という主張があっても。
でもそこが商店街である以上、「物売り」機能は基本中の基本ですからね。“物売りだけが商店街ではない”と言いたかったら、ちゃんとものが売れるようになってからにしていただきたい。

 思わず脱線してしまいましたが。
この時期、本気で“商店街を活性化したい”と思うなら、まず“都市の経済機能としての小売業”の現状を観察し、そこに解決すべき問題を発見すること。
当該都市における栗商業の配置状況に“問題”を発見しなければならない。その現状に「問題」が見つからないとすれば、残念ながら、商店街活性化は不可能です。諦めなければならない。なぜそう言えるか?

 都市の小売業の配置に問題がない(商業機能は十分間になっている)とすれば、商店街を活性化する必要はありません。もちろん、そこに立地するここの商業者・組織にとっては大きな問題ですが、都市や市民にとっては“何が何でも”活性化しなければならない理由はありません。

 っしかし、もし“都市の小売業のあり方”に「問題」が見つかれば、その問題を解決する手段・機能として商店街を活用出来るのではないか? もちろんそのためには商店街が現状ままではだめ、機能を改革しなければならない、つまり、活性化しなければならない。
問題が見つかり、その解決策として「商店街活性化」を位置づけることが出来てはじめて、“商店街活性化は必要だ”という客観的な根拠が主張できます。

 “商店街が活性化しないと、何が・何故、いけないのか?”
特に「住民の福祉の向上」「地域経済の改善発達」などを目的に掲げている団体・組織に所属し、「商店街活性化」を担当している人は一度はしっかり考え、必要性及び実現の方法と方向について、ぶれることのない確信を持っていただきたいと思います。

 これは中心市街地・商店街活性化に限ったことではなく、都市の活性化、地域の活性化という上位課題についても同じことが言えるのでありまして、もちろん、その「必要性&可能性」についても共有することが必要です。

 先日、茅野市で開催された個店経営研修事業の成果報告会に臨席された柳平市長さんは“事業の成果を市の産業振興ビジョンに反映させる”とおっしゃいました。
 今求められているのは“地域経済の活性化を牽引する商店街活性化”であり、必要とされているのは“地域経済活性化の担い手としての商店街の再構築”です。

 皆さんが取り組んでおられる「商店街活性化事業」は果たしてこのような方向を目指しているでしょうか?
3年後、5年後、御地の商店街はどうなっているでしょうか?

 「物売り(お客から見ればショッピング)機能」が再構築され、その結果、“ショッピングを堪能する”人たちで街が賑わう、というあるべき方向への歩みが始まっているでしょうか?

 経済機能としての商店街は何故活性化しなければならないか?
 どうしたら都市機能としての再構築が可能か?

 いくら商店街の現状を見ても答えは出てきません。

続きは:掲示板【都市経営】で。

売れる売り場づくりと中心市街地活性化基本計画

あなたは『中心市街地活性化基本計画』を読まれたことがありますか?
『〇〇市中心市街地活性化基本計画』で検索すると、すぐ入手出来ます。
未見の人は、あなたの個店経営に直接関わる計画、時々チェックして下さい。

チェックするのは「第七章中小小売商業高度化事業を始め・・・・・経済活力の向上のための事業及び措置」としてどのような事業及び措置が計画されているか。
ポイントは、計画されている事業及び措置が推進されると自分の経営にどう影響するのか、計画では商店街―自店はどのように動くことが期待されているか、ハッキリわかる計画になっているかどうか。

さらに計画は、「ショッピングモール時代に、我が中心商店街に期待する役割」をハッキリ示しているか?
計画されている事業に取り組めば、役割を担うために必要な体制が作られるのか?
計画されている事業に取り組むことが「自店の繁盛への道」になるのかどうか?

答になるようなことはほとんど書かれていないと思います。

総務省のレビューで指摘された「ほとんどの基本計画が効果が発現していない」根本原因は、中心商店街という既存の商業集積をどう再構築するのか、という中心市街地の根本問題がハッキリ把握されていない。
そのために『ショッピングモールとの棲み分け』、「売れる売り場づくり」など活性化実現の根幹に関わる課題への取組が全く計画されていない。
これは御市の計画だけでは無く全国ほとんどの都市の計画に共通する明かな「欠陥」です。

基本計画には商業集積としての在り方を再構築する、ための下位計画が立てられていないので、基本計画から中心商店街が進むべき道、進むために必要な事業を引き出すことはできません。
個店経営の持続可能性を確立する方向も示されていない。
自分たちで考え、構築しなければならない。

そのための取組が「売れる売り場づくり、キラリ輝く繁盛店づくり」です。
その効能は
1,取り組めば売上げがアップする
2.「売れる売り場」を作り維持する「あたま」が作れる
3.運命を共有出来る仲間が増える
4.商店街の商業集積としてめざすべき方向と方法が分かる
等々。
正しい方向を選択すると,複雑に入り組んでいる様々な問題が“霧が晴れたかのように”ハッキリ見えて、解決出来るようになります。凄いですね。

商店街の皆さんが今すぐ着手すべきことは「うれる売り場づくり」。
この事業に着手し、その効果を確認することが、次の取組への展望を切り開いて行きます。
繁盛可能性を実証してみせる相手は、商店街の中だけでは無く、基本計画を作り、推進している自治体の首長さん以下関係各方面も含まれます。

個店経営は、自店が繁盛すればお客さんの生活堪能を実現し、商店街活性化の実現につながり、さらに市民所得の市内循環も拡大するという都市にとって不可欠の存在、誇りと自信を持って商売繁盛に邁進しましょう。

もちろん邁進するのは「売れる売り場づくり・キラリ輝く繁盛店づくり」。
他の選択肢はどこからも提案されていません。現状路線を辿るのか、キラリを採用するか,二つにひとつ(^_^)

 昨日、ネット上でメールアドレスを入手している商店街にはメール添付で講習会【売れる売り場の作り方】の開催をお奨めするDMを発送しました。あなたの商店街には届いているでしょうか。

案内の入手は こちら

講習会〈売れる売り場の作り方〉ご案内

本日発送しました。
都道府県、市町、商工会議所、商工会、商店街、中央会、まちづくり会社など

売れる売り場の作り方〉

商店街―中心市街地ぐるみで取り組む〈売れる売り場づくり〉=〈キラリ輝く繁盛店づくり〉です。
現在、商店街活性化を成功に導く条件として〈繁盛店-売れる売り場づくり〉を提唱しているのは当社だけです。
個店にとっては経営の持続可能性を維持するため、商店街にとっては商業集積としての〈持続可能性〉を再構築するため、売れる売り場の存在は不可欠です、.

ご承知の通り、当社は〈キラリ輝く繁盛店づくり〉という取組で、商店街に繁盛店を増やして行く、点から線、線から面へと拡大していく取組を商店街活性化のメインの事業として提唱しています。

これまでの取り組みの総括wふまえて今後はさらに充実した取組とするべく、試行版の着手以前から緊密に連携して取り組んで参ります。

市議会議員さん主催の商店街活性化セミナー

 町田市議会議員 吉田つとむさん主催の商店街活性化セミナーの講師を仰せつかりました。
吉田議員は現在同市議会議長を務めておられます。

第33回セミナー
地場小売業・商店街の繁盛店づくり
お金を掛けずに売れない売場を売れる売り場に

第33回と言うことですから、吉田さんにとってセミナー形式で市民に情報を提供するというのは、政治活動の手法なのでしょうが、他にもこういう方法を採用している議員があるものかどうか。
商業関係は初めてだそうですが、こういう取組が拡がるといいですね。
あちこちで宣伝したいと思います。

 地方自治体の議会で商店街活性化は定番で質疑が行われているようです。
特に多いのが補助金で開催されている集客イベント事業の効果について。
異端と当日の人出は多いが、一過性ではないか。
イベント以外の日々、商店街ではどういう取組が行われているのか?
等々。
担当者は大変そうです。

ところが。
我田引水のようですが、キラリに関する限り、批判めいた質問は全く行われいないようです。
自分が提唱していた取組がようやく始まった、参加店を巡回してみたがそれぞれ立派な店になっている・・・。

キラリ関係の予算は部長査定フリーという話もありました。

商店街のお客さんの反応も上々で、こ「ういう取組をしている商店街は市の誇り」という人まで(^_^)、.
みんなが期待する「キラリ輝く繁盛店づくり」。
勉強無くして繁盛なし。

しかし。
どう言うわけか、肝心の商店街だけがいつまで経っても盛り上がらない。
参加店は繁盛を実現し、意気軒昂ですが、取組がうまく拡大して行かない。
このあたり、当社の取組方がいまいち「遠慮がち」だったところに原因があり、深く反省しているのですが、それはともかく、せっかく「繁盛への道」を掘り当てたというのに、従来の輔じょっじぎょうと全く同じパターンで消化してしまうと言うのは許しがたい(^_^)

 勉強を継続しないとモールとお客に置いていかれる、と言う危機感はないらしい。
それとも、危機感よりもアキラメが先に立つようになっている?

 思わず愚痴になりましたが、実は当社のセミナーには議員さんが参加されたり、質問を寄せられたりすることは珍しくありません。
しかし、活動の一環として,自分の主催で「商店街活性化」について情報を提供する目的のセミナーを開催されるというのは、おそらく前代未聞ではないでしょうか。
こういう取組、どんどん拡がって欲しいですね。当社セミナーに参加された議員さん達にはさっそく情報を提供しなくては。

 NPOさんにも開催して欲しいですね。
ついでと言ってはなっですが近くに仕事に来たときにお付き合いさせていただきます。
みんなで勉強がイヤな商店街を包囲してしまいましょう!(^_^)

元祖・100円商店街を分析する

元祖・100円縁商店街を分析する

新庄市南・北本町商店街の取り組み
(『中小企業庁・がんばる商店街77選』)

 今や全国70数カ所の商店街が取り組まれているという「百円商店街」の元祖です。
100円商店街とはなにか、あらためて「元祖」新庄市の取組の報告を検討してみましょう。

引用******************************

1.事業実施の背景  
 商店街の活性化に特効薬はない。」と言われ続けている。未だに行政の行う活性化事業というと、空き店舗に公的資金を注ぎ込んで、一時しのぎの賑わいを作り出すだけか、または単なる客寄せイベントでお茶を濁すかで、補助金が底をつけば、あとはきれいに元通りということが多い、との批判がある。しかし、こうした問題は「さらなる地価の下落・テナント料金の破壊」という特効薬の調合の仕方を誰も知らないだけだ、という思想のもと、「活性化に結びつかない使われ方をしているお金も、自分達の税金なんだ。」という若者達のNPOグループ「NPO-AMP」が考案したのが全国初となる「新庄100円商店街。」である。
現在では各個店とも順調に新規顧客を確保しており、県内外からの視察団体も後を絶たない状況となっている。
引用終わり***************************

 従来の集客イベントに対する批判は結構厳しめですね。
しかし、「本当の問題」は、イベント客を入店客―買物客―得意客に転換させる力量の無い個店(売り場)にあるわけで、そこを指摘し、対策を提起できない批判は「聞き飽きた」(^_^).

> 現在では各個店とも順調に新規顧客を確保しており、県内外からの視察団体も後を絶たない状況となっている。

  と書かれていますが、本当に“順調に新規顧客を確保”出来ているか、当事者の報告を分析して検討してみようというのが当記事の狙いです。
“県内外からの視察団体も後を絶たない”というのは本当だと思います。

2.事業の概要

引用***********************
 商店街全体を一店の100円ショップに見立て、全ての店の店頭に100円コーナーを設置。会計は店内のレジで行う為、買い物客は気がつかないうちに店内に誘導される形で足を踏み入れ、今まで入ったこともない店内の様子を知ることに。各個店では専門店だからこそできる在庫処分も可能となり、100円ショップでは陳列不可能なレベルの掘り出し物が軒を連ねる。
引用終わり*************************
 
“商店街全体を100円ショップに見立てる”
からにはその業容(品揃え・購買促進システム・店舗環境)をきちんと把握しないと。
しかし、これは全く実現できていない。
着想は、百均は集客力がある、商店街全体で百均見立ててで集客しよう、と言うことだったのでしょう。
しかし、百均と商店街では「本当に売りたいもの」がまるで違いますからね。

ここで言われる100円商店街とは、
①特定の日時
②商店街有志店舗の
③店頭の一部
における取り組みですから、1年365日100円均一の100円ショップとはまったく違います。

>会計は店内のレジで行う為、買い物客は気がつかないうちに店内に誘導される形で足を踏み入れ、今まで入ったこともない店内の様子を知ることに。

 店内に入るのは外の100円売り場で勝った商品の「お勘定」のためです。
お客に入店させるために一手間掛けさせる、お客からすれば、店頭の百均売場にレジを置いてもらいたいところでしょう。
さっさと次の100円売り場に移動したい、店合いのプロパー商品を見る気など全く無かったお客が「店内の様子」をみようという意欲を持つだろうか。
入店させたお客に店内を回遊する意欲を喚起する手だては用意されているでしょうか。

 そもそも、“お客に見てもらえば気に入ってもらえる「売れる売り場」が準備されているだろうか。
ということです。この点、レポ-トとには何も記載されていません。

>各個店では専門店だからこそできる在庫処分も可能となり、100円ショップでは陳列不可能なレベルの掘り出し物が軒を連ねる。
つまり、「百均見立て」とは言いながら、実は「在庫処分」なども兼ねているいうことですね

①百円で売って惜しくない、
②売れ残り品やこのために仕入れた商品を
③百円均一で店前に並べる
④これを買いに来たお客を
⑤店内レジに誘導し
⑥店内を回遊させ
⑦あれこれ買ってもらう
⑧またのお越しを期待する

 ということですね。
「事業の概要」を一読して、理解できる「100円商店街」はこういう企画です。

3.事業の特徴と効果

5項目に分けて報告されています。

(1)イベントと個店の商売が直結

引用**********************
 今までのイベントでは商店街の一点にしか集客することができず(例:福引きなど)、客を個店に引き込めるかどうかは、全て個店の営業努力にかかっていた。しかし、100円商店街の場合、客は無意識のうちに店内にまで足を踏み入れるシステムになっている。商店街全体というより全ての店が会場と言える事業であり、回遊性も非常に高い。
引用おわり*************************

 お客さんが “無意識のうちに店内まで足を踏み入れ” たとしても、“無意識のうちに店内を回遊し、欲しい商品を見つけて買い物する”ことは起こりません。購買には「AIDCA」というプロセスがありますから、特定のアイテムが購買されるには首尾良くAIDCAプロセスがすすまなければならない。
「相当の魅力」が店内で実現していないと目的を達成できないわけですが、そのあたりはどう考えられているのか
言及されていません。

>商店街全体というより全ての店が会場と言える事業であり、回遊性も非常に高い。

  この場合、「回遊」とは “百円均一の商品が陳列されている店頭巡り” のことです。
店内での「お勘定」は “100均売り場である各店の店頭巡り”という目的にとって “一秒でも早く済ませたい” プロセス、心は既に次の100均売場に向かっていますから、「店内回遊」を期待するのは難しい。

 もちろん、日ごろ「売れている売り場」が、「冷やかし」来店を訴求する仕掛けとして取り組む場合は、効果があるかも知れませんが、あまりよい手法とは思えません。
100円商店街全体のなかに埋没する可能性が大きそうです。

 後の 「反省点と課題」 を見ると
>  今までのイベントでは商店街の一点にしか集客することができず(例:福引きなど)、客を個店に引き込めるかどうかは、全て個店の営業努力にかかっていた。しかし、100円商店街の場合、客は無意識のうちに店内にまで足を踏み入れるシステムになっている。

というのは、レポートを見る限り、実現出来ていません。

引用しますと
>100円商店街で客を商店街に呼ぶことに成功した。今後は、いかに店の中に足を運んでもらうかを考える時期になってきていると思われる。郊外店に対抗する個店ならではの知識、ノウハウ、サービスで店の中に足を運んでもらい、店の人とコミュニケーションをとってもらうことが鍵となっている。

と書かれていますので。

  結局、このイベントも他の集客イベント同様、“個店の営業努力(知識・ノウハウ・サービス)”を駆使しないと “来街客を入店客へ”は実現出来ない。お勘定のためのレジ行きはショッピングでは無く、作業です。

 100円商品のオンパレードで来街を訴求、「店内レジ」 利用で、お客を引き込み、回遊させ、プロパー商品の販売に結びつける、という企画はシナリオ通りには動いていない.
つまり、商店街活性化策としての100円商店街は、計画通りには機能していない、機能させるには解決すべき課題がある、ということですね。

(2)歩行者天国にしないメリット
引用********************
 歩行者天国だと、せっかく集まった客が道路の中央に固まってしまい、個店との間にかなりの空間が生じてしまう。歩行者天国にしないことで、客と個店の間の距離を縮め、さらに狭い範囲に集客することであえて人混みを作り出し、集客効果を増幅させている。
おわり*******************

> 歩行者天国だと、せっかく集まった客が道路の中央に固まってしまい、個店との間にかなりの空間が生じてしまう。歩行者天国にしないことで、客と個店の間の距離を縮め、さらに狭い範囲に集客することであえて人混みを作り出し、集客効果を増幅させている。

 よりお店・ショーウインドに近いところを歩いてもらう、ということでしょうか。

 ちなみに「人混み」が多いと集客効果が生まれるというのは、「人混み」が多いところで商売をしたことがない人の考え。
「人混み」が多いと、通行者は安全通行に気を取られてウインドウショッピングは出来ません。表参道とか。

100均で集めたお客は100均で動く。
100円商店街のお客さんは、100均売場から100均売場へと回遊するのであり、プロパーのショーウインドをチェックしてお店~商品を吟味し、衝動入店する、店内でプロパーのショッピングを楽しむという行動は期待できません。

(3)R&Dセクションのフル活用

引用********************
 今までのイベントでは、多くの費用と労力を投下すればするほど、それに比例して、結果を見ずに自己満足に走る傾向が多々あった。

本当の目的は何なのかを追求し、常に客と参加店の両面から意識調査を行い、結果を次回へとフィードバックするシステムを活用している
おわり**********************

「比例して」というのはどうでしょうか。
大きなイベントを組むとイベント自体に満足して,そもそもの目的を見失う、と言うことでしょうか?
そういう傾向があるかも知れませんね。
費用と労力、そんなに何時までも投下できるとも思えません。

 しかし、この批判は100円商店街にも当てはまるわけで、100円商店街の「本当の目的」ってなんでしょうね。
まちの賑わいづくり? 繁盛店づくり?
「繁盛店づくり」としての効果は間違い無く現れているのでしょうか?

(4)優れた費用対効果

引用*****************************

 通常一万人以上を集客するイベントというと、必要経費は膨大な額に上る。これに対してチラシの原稿も手づくり、印刷も印刷機でスタッフが直接行う等、贅肉を徹底的に排除した結果、一回の開催当り経費を約十万円まで削減することに成功している。これにより、官公庁等からの補助金は今のところ一切使用していない。しかし、その分労力の増加は避けられず、人件費への支出を計算していない非営利組織特有の手法になっている。

おわり************************

費用対効果とは、“経費を削減すること”ではありません。
商売人は儲かってナンボ、掛けたお金に対応する売り上げ・儲けが出るなら、経費を使うのはやぶさかでは無い。
費用対効果。補助金付きのイベントに比べるとたしかに費用は軽減されていますが、肝心の効果のほどはどうでしょうか。

>これにより、官公庁等からの補助金は今のところ一切使用していない。しかし、その分労力の増加は避けられず、人件費への支出を計算していない非営利組織特有の手法になっている。

せっかくここまで来たわけですから、なんとか所期の目的を達成していただきたい。
お金が掛からない・自力主体のイベント、ではなく、販売促進に徹していただきたい。
販売促進の効果が得られれば労力などは物の数では無い(^_^)

効果は“一万人以上の集客”。
つまり、“お金をあまり掛けずに集客できる”というのがこのイベントの現実の【効果】のようですね。
問題は、集客が「売り上げ」として報われるかどうか。
「入店→プロパー商品の衝動買い」を実現する仕組みをホンキで構築すべきです。

(5)集合体の力=組織強化へ

引用********************************
 今までの中心商店街活性化事業というと、行政や商店街組織の一部の役員だけがアクションを起こしていて、その他の大部分が「ただ乗り」状態だった。しかし、100円商店街を開催する場合には、「商店街加盟店の90%以上の参加」を絶対条件にしているため、その結果、集客力はさらに向上し、全ての店を主催者として機能させることに成功。これにより、やってもらうという事業形態から、自ら作り出すという事業形態へ移行することになり、これから商店街の意識改革を行っていくための土壌造りになっている。
おわり**************************

 当初の目的だった「販売促進」はプロパーの商品の販売につながらず、結果、【集客イベント】に変化しているような・・・。
個店の店頭が催事場ですから、全員参加は実現しますが、上述のとおり【店内回遊~プロパー商品の買い上げ】は実現していない。「売れる売り場」とは無縁のイベントになっている・・・。
9割以上の店舗が参加することで “集客力はさらに向上” したそうですが、肝心の「売り上げ」は変化したのでしょうか?

「売り上げ」につながらなければ、各個店の取り組み、だんだん縮小されそうですね。

 「意識改革」ってなんでしょうね。「意識を改革する」と何にどんな効果があるのでしょうか?
百均イベントに取り組むと“意識改革の土壌作り”になる?
うーむ、意味不明です。
この事業に取り組めば売上げがアップし、得意客が増える、はずでした。初心を貫いていただきたい。

で、肝心かなめの“参加各個店の売り上げ”はどうなったのか?
100円商店街に興味を持つ人の100人が100人、是非とも知りたいこの点については、一言も触れられておりません。
触れられておりませんが、「反省点と課題」などを見ますと課題として、“イベント来街者を個店に入店させる”ことがあげられています。
つまり、イベント来街者を入店させ、プロパーの商品を買ってもらう、という当初の目的は果たされておらず、今後の課題になっています。

この課題にどう取り組もうとしているのか?
ここが肝心要ですが今後の課題、と言うことまでで具体的な取組の方向は出ていないようです。

5.事業の課題・反省点
引用********************
 ~いかに店の中に足を運ばせるか~

 100円商店街で客を商店街に呼ぶことに成功した。今後は、いかに店の中に足を運んでもらうかを考える時期になってきていると思われる。郊外店に対抗する個店ならではの知識、ノウハウ、サービスで店の中に足を運んでもらい、店の人とコミュニケーションをとってもらうことが鍵となっている。

おわり**********************

 入店客の確保はこれからの課題、ということは “100均で入店客を集め、プロパーの商品を買ってもらう” というそもそものシナリオが実現していない、ということです。これは企画のスタート時点でしっかり組み立てておくべきことだったのは無いでしょうか。

「個店ならではの知識、ノウハウ、サービス」って何でしょう?
それを使うとお客が “店の中に足を運んで” もらうことが出来るんだったら、どうしてスタート時点からそうしないんですか?
実際は、「そのつもりではじめたがそうはいかなかった」ということですね。
郊外店に対抗する個店ならではの

店の中に足を運んでもらい、店の人とコミュニケーションをとってもらうことが課題となっている。

というのは、集客イベントで集客している他の商店街と同じ課題に直面しているということですね。
重大な発言です。
通りでイベントをしても入店客が無い、だから個店の店頭でイベントに取り組んだ、しかし、入店―買い物をしてくれるお客は増えない。
で、これからイベント客を買物客に変身させる取組にチャレンジしなければならないのですが、その武器はと言えば、
「個店ならではの知識・ノウハウ・サービス」
ということで、それがあるならどうしてこれまで使わなかったのでしょうか。

 持っていない(持っていないから使えない?) なら、どうやって「知識・ノウハウ・サービス」を用意するのですか?
そもそも、それらを準備してから取り組むべきだったのでは?
と言う疑問が生じます。

ま と め
  各項目ごとに、報告されている内容をもとに考察を行います。

今や全国70個所以上の商店街が「100円商店街」に右へならいしているそうですが、もちろん、その結果も同じく右へならえ、になっていることでしょう。

 こういうことに取り組んでいると、本当に取り組むべき仕事を見失うことになりかねません。

①自前の販促費を使ってチラシを作り、
②各店毎に企画した100円商品を掲載する、
③お客はそれを目当てに来街・来店する。
最初のうちはもの珍しさからお客が集まります。
もちろん、集まって来るのは「100円商店街」という企画に惹かれ、チラシの100円で買える商品のオンパレードに釣られて来たお客です。(それぞれのお店のお得意さんが来ることはまず無いでしょうね)

このお客に対して、
④商品は店頭に陳列、お勘定は店内のレジで
という仕組みを作るのが「キモ」でありまして、
⑤100円商品の支払いのために入店してきたお客に
⑥上手に接客してプロパーの商品を販売する
というのがこの企画の狙い。

 そう簡単にいくものかどうか。
ものはためし、お客の立場で考えてみましょう。

(1)お客の事情とお店の期待
  とある商店の企画商品(100円)が気に入ったお客が、支払いのためにお店に入り、レジまでやって来ます。
このお客は何を考えているか?

“早く支払いを済ませて次の店に行かなくちゃ!”
ということですね。
握りしめたチラシの百縁商品群のうち、「買うべき商品」にはマジックで黒々とチェックがしてある。
早く行かないと売り切れるかも知れない!

 一秒でも早くお勘定を済ませて次の店へ行かなくちゃ、ですね。
“店内にもいろいろ揃っていますからゆっくりごらんになってください”などと誘われても耳に入りません。なにグダグダ言っているのよ、早くして(笑

 そもそも。
100円商店街に来たつもりのお客に、100円集客に頼ろうとする商店街・個店がが何を売ろうというのか、という根本的な疑問があありまして、日常的な買い物客が絶対的に不足しており、イベントを企画してもイベント来街者に買ってもらえない商店街、プロパー商品を100円客に買ってもらえるはずはないのであります。
それよりも、プロパーの商品をお得意さんに如何に買ってもらうかを考えた方が絶対効果が挙がります。
何故そう言えるか?

 100円商店街の来訪客にとって、来街目的=目的の買い物は100円商品です。
100円で提供されている商品を冷やかし、気に入った商品があればあれこれ買う、というのが今日のショッピングの内容です。
つまり、今日のお客は「100円客」です。

 問題は、100円客がプロパーの商品を買うだろうか?ということでありまして、100円商品がお目当てで、買い上げた100円商品の支払いのために「レジがそこにしかないから仕方なく」入店、レジまで入ってきたお客に“接客してコミュニケーションを作り、プロパーの商品を買ってもらう”というのが狙いです。

 二つ問題がありまして。
第一に、そもそも“早く次の店に行かなくちゃ”と気がせいているお客に、“接客してコミュニケーションを作る”という技術を参加店が持っているだろうか?
そういう技術を持っていたなら、「100円商店街」などという企画に走る前にその技術を駆使して繁盛を作ることが出来たはずではないのか?

第二に、接客技術を持っていたとして、肝心かなめ、プロパーの商品は100円客の心を掴むことが出来るか?
ということがありまして、この場合、狙いは「衝動買い」ですからね。
①100円商品を買い回りたいお客の足を
②接客で押しとどめ、コミュニケーションを形成し、
③プロパーの商品を売りつければ
④お客はにわかにその商品が欲しくなって買い上げる
ということが起こるものかどうか?

 そりゃあ、中にはそういうお客もいるかも知れませンが、ごくごく少数ですね。多くのお客は「百縁商品ハンター」、その他の商品に関心はありません。もともと「陳腐化」していてショッピング対象にならない商店街の企画、企画が当たっても陳腐化している売り場のしつらえでは欲しい賞品が目に飛びこんできませんから。
そもそも「衝動買い」の対象になる品揃えがお客に見えるように提供されていれば、百円客を集める必要はありません。プロパーで売れているはずです。

 販促費をはたいて取り組んだ百縁商店街ですが、客単価は上がらず、プロパーの商品は売れず、「確かに人は来た」という結果に終わります。
費用対効果? 話になりません。
 販促経費もペイしませんから、次の開催の経費は別途調達することになります。来街者を増やすためにはチラシをたくさん撒かなければならず、経費負担はズッシリ、これを通常の売り上げから捻出するのは大変のはず、人出があったからといって度々開催することは出来ません。
二ヶ月に一度、三ヶ月に一度というようにだんだん間延びしてくるのではないでしょうか。
でも大丈夫、誰も“今度はいつ?”と期待している人は一握りです。

 それでもせっかく始めたイベントですから、延び延びになっても三年くらいは続けなくちゃ、
“取り組んでいなかったらもっと空洞化が進んでいたはず”
という都合のいい弁解などもありまして、継続することになります。

 ということで、100円商店街、商店街の活性化=売り上げアップにはつながりませんが、最低でも三年くらいは継続することになります。その間、他の事業には取り組めません。
「シャッターの内側・業容改革」・「売れる売り場づくり」という正真正銘の活性化策に取り組むことが阻害されます。

 商店街には “役に立たない活性化事業に取り組むと空洞化が促進される” という経験則がありますが、一店逸品に引き続き登場した100円商店街企画、取り組んだという話はいろいろ聞きますが、取り組んだ結果、街が活性化した・繁盛店が生まれ始めた、という話はありません。

 それとも聞いたことがありますか?

 ということで、言い出しっぺさん、実施中の皆さん、取り組みを検討中の人、以上の批判に対して言いたいことがあったらご遠慮なくどうぞ。

 本来ならば、
①お客が来ないのは店づくりが陳腐化しているからだ、と自覚して
②品揃え・接客・提供環境=三点セットの「売れる売り場づくり」に努めるべきところ、
③売り上げが上がらないのは来街者が少ないからだ、と責任を転嫁
④100円j企画で100円客を集めれば
⑤プロパーの商品が売れるようになり、繁盛続出・空洞化は解消する
という「風が吹けば桶屋が儲かる」的な思考プロセスで作られた企画ですが、「物珍しさで人が集まった」という情報を「活性化施策として成功した」と勘違い、次々に導入する商店街があるわけです。

 この事業に取り組んでいる商店街をはたから見ますと、これはハッキリ、
「我が商店街は「空洞化」「お客離れ」という問題を“100円商店街でバッチリ解決できる”と考えている、つまりそのレベルの商店街なんです、ということを満天下に向けて告知しているに等しい」
という見方もあり得ます。

痩せ尾根縦走

 右を見ても左を見ても千尋の谷、行く手は細い一本道、おまけに後戻りは出来ない・・・。
というのが「商店街活性化への道」です。
たまに見えたりする歩きやすそうな道は、たいてい行き止まりか麓へ逆行する道です。

 100円商店街などはその一例でありまして、“すでに全国70個所の商店街で取り組まれている、早く取り組まないとバスに乗り遅れる”などと取組を奨励する人がいたりします。
こういう人は、“商店街活性化とはどっかの誰かがやっていることをマネすること”だと勘違いしており、“何が何でも繁盛店を増やしていくことだ”などとは夢にも思ったことはありませんし、そういう取り組みを理解していませんし、理解しようとも思っていませんから、こういう人の立場に配慮して、イヤイヤながら取り組んだりすると後が大変ですからね。

 どんな事業でも一端動き出すと当分は止めようがないのでありまして、短くても一年間は確実に動きます。中に面白がる人が出てきたりすると2,3年はアッという間です。
経験した人数知れず。

 その間、肝心の『売れる売り場を祖揃える』取り組みの方は、全く考慮されません。
キラ裡の取り組みでもせっかく点から線レベルの繁盛が実証されても、“次は百縁商店街だよ~”と “まちぜみだよ~” といわれるとそちらに流されていくと奈落に転落、ということになります。

 100円商店街、せっかく取り組んでいるのですから、本当に効果のある取組に中身を改善したらどうでしょうか。
お奨めは“売れる売り場づくり”に取組、その節目節目で100円イ商店街のベントに取り組む、という仕組み。
これでしたら確実に百縁商店街を契機にプロパーのお客が増えますよ。

善は急げ、です(^_^)

仮説-試行と仮説-検証

最近のキラリの勉強会では【セブンに学ぶ】がよく出ます。

セブンは仮説―検証
キラリは仮説―試行 ですね。
両者の違いはどこにあるか?

セブンの場合:
実は「仮説」のなかに「試行―評価」が含まれています。
セブン的仮説=【仮説―試行ー評価】です。
セブンでは誰が仮説―試行に取り組んでいるのか?
なんと、オーナーや取引先やもちろん本社も取り組んでいます。ここにゼブンイレブンの【仮説―検証】の秘密がある

セブン的仮説ー試行に駆り立てるもの

オーナー:自店の業績向上、客うう✕客単価の向上
取引先:棚の確保
本 部 :売り場づくりの最適化

オーナーさんが自店の業績向上のtが目にあれこれ工夫する.仮説です。成果が挙がったり挙がらなかったり、巡回指導員さんのアドバイスあり。成功すれば業績向上。
取引先:仮説-試行を通じてセブンイレブンの業績向上に貢献することを通じて自社の目標を実現する
本 社:セブンシステムの最適化を実現してお客のニーズに対応の最適化

仮説-試行の結果は本部に集約され、本格的に検証される。検証の基準は、部分最適では無くシステム全体の最適化にどう貢献するか。採用が決定すると全店舗に普及させる。
システム全体が仮説―検証システムになっている、と言うのがセブンイレブンの凄さです。

ひるがえって、商店街立地の個店/キラリの場合はどうでしょうか?

キラリの仮説-試行は、
問題発見ー定義ー解答仮設―試行-結果の批評
と進みます。
その前に〈問題を発見するアンテナ〉が有るのが特徴です。

(続く)

区画整理事業は起死回生になり得るか?

 中心市街地―商店街の大規模プロジェクトは再開発と区画整理。
今日は商店街の区画整理について。

 始めに確認しておくべきことは、商店街の区画整理による活性化は、中心市街地の空洞化が都市計画の課題になる以前の話。
小売業の競争が「商店街鐶競争」が中心心だったころの事業です。
この時期に漫然と取り組むととんでもないことになりますね。

懸念されるのは、テナントが集まらないこと。
漫然と,立地条件が改善されたので、以前の業種でワンランク上のテナントが集まるのでは無いか、などと考えているととんでもないことに。

始めに、これから30年は持続可能な商店街を作る、というように基本方針を決めること。
これを確立することが第一です。
地権者の合意はまずこの一点。そのためには,商店街活性化を取りまく環境y0件を理解することから。
ショッピングモール時代に商店街が目指す商業集積の可能性、標的と集積の在り方。

ここで合意形成が出来ないと、個々の店舗毎に《テナント募集》では「応募するテナントがいない」となるのが目に見えています。

「こういうテナントに集まってもらいたい」 と思うなら、そういうテナントが「是非出店したい」と思うような街区の計画を作る、故出る的なテナントを先行確保して《モデルショップ》として出店する、地権者の店舗は新しいコンセプトを体現する方向でいち早く開店、繁盛して見せる、と言う取組が必要です。

商店街を一個の《計画主導で構築された商業集積》として作って行くことが必要です。
この取組に失敗は許されません。

コンセプトの基本方向は、高度必需対応=時間堪能型商業集積です。
目下、地主さん達に基本方向を提案する資料を作成中。

関東甲信越・講習会開催のお奨め

 次のとおり、篤志家の主催による公開セミナーが開催されます。
大型ショッピングモールの進出が相次ぐ状況のなかで、商店街・中心市街地活性化のための情報提供という趣旨です。

テーマ:『ショッピングモール時代の中心商店街活性化』
講 師:武雄信夫
場所:町田市市民フォーラム
日時:6月1日(水)午後

商店街活性化を語る上で重要なことは,ショッピングモールとの関係をどう考えるか、ということですが、ご承知のとおり、各地の取組ではこの問題が微妙に避けられています。まるでモールに触れると,すべての活性化事業の効果が吹き飛んでしまうと恐れられているような・・・・。
ショッピングモールの正体を知れば,それが危惧であることが分かります。
中心商店街活性化は、ショッピングモールの正体を知り、これと『棲み分け』を目指すことで,始めて可能になるります。
セミナーでは、ますます大型化するショッピングモールの正体を説明し、中心商店街が目指すべき「棲み分け」の方向と方法を提案します。

 関連で募集します。

 このセミナーの前後の日程で,商店街―中心市街地活性化関係の講習会を企画される方はいらっしゃいませんか。
6月1日前後の日程でしたら、旅費が軽減されます(負担は東京⇔会場限り)

テーマ:主催者が直面しておられる問題に即して設定してください。
講 師:武雄信夫(当社代表)

テーマの例はこちら

お問い合わせはメールでどうぞ

キラリ輝く繁盛店づくり 講習会ご案内

商店街活性化は、来街者を増やし、通行量を増やして、個店の客数増加・業績向上を実現する、というシナリオで取り組まれていますが、周知のとおり、所期の成果を挙げることが出来ません。逆転の発想:個店を繁盛させ、通行量を増やして、来街者を増やす、という真逆の活性化シナリオは検討されたことがあるでしょうか?

商店街が陳腐化―劣化―空洞化したプロセスを考えれば、個店の繁盛実現=売れる売り場づくりが商店街活性化への第一歩だと言うことが理解されます。
商店街空洞化のプロセスは、
①新規に登場した売り場との比較で商店街の売り場が『陳腐』と評価されて顧客が離反する
②売上げが減少した個店は商品の回転低下、営業経費の節減で売り場が劣化する
③持続不可能な状況に陥った店舗が廃業する
④通行量が減少する
⑤空店舗が固定化して街が空洞化する
というシナリオです。
商店街の通行量の減少は、売り場が陳腐化、劣化した結果、顧客が新しい商業集積へ移動したことが原因です。結局、商店街の空洞化は、立地する個店の売り場の陳腐化から始まっています。

したがって、商店街を活性化するには、
①来店目的となる『売れる売り場』の創出。売れない既存売り場を売れる売り場に転換する。
②売れる売り場が増えれば買物客の回遊が増え、街が賑わうようになる。
③街が賑わえば,新しい買物客の来街が増える
④空店舗・空地を利用した新規出店が増える
⑤街は活性化する
というシナリオが考えられます。
このシナリオの優れているところは、商店街の自助努力で実現可能なところです。

商店街活性化、漫然と活性化事業に取り組むのでは無く、空洞化のプロセス、活性化のシナリオをリカして、段階的、漸進的に売れる売り場を増やして行く以外に方法はありません。
その方法として唯一存在するのが当社が開発した『キラリ輝く繁盛店づくり』です。
業種や規模は部門、お金を掛けず、計画を立てず、誰でもこうすれば売れる売場を作ることが出来る、と言う画期的な方法です。

『キラリ輝く繁盛店づくり』取組の全体像を把握するための講習会を受託中です。

〇試行版

〇グループによる取組・キラリ本体

「小売業パラダイム」の転換

 商店街活性化のパラダイム。
商業集積としての商店街の空洞化の現状を理解し、問題を発見し、解決策を考え、計画的に実施していく、一連の行動の基礎となる知識の体系を「小売業のパラダイム」と呼ぶことにします。
「商店街活性化という問題を理解する知識の枠組」。
 現在広域商圏に展開している多種多様な商業施設・集積を説明する理論体系。
定義された専門用語相互の関係として小売業を説明する理論が不可欠です。

  商店街を活性化したい、と考えたとたん、モールをはじめ郊外型商業との消費購買行動における位置関係をどう考えるか、と言うことが不可避の課題になります。
 この問題に適切に答え、活性化の方向と方法を定めるには、小売業を理解する理論体系が必要であり、そこでは使用される専門用賀がそれぞれの関係をふくめmきちんと定置されていることが必要です。

 専門用語はきちんと定義されてパラダイムに位置づけられて初めて本物の専門用語です。
現在商店街活性化で用いられているのは、都市の商業機能が「商店街と大型量販店」位しか無かった当時の常識のままだと思います。だから「商業集積」とか、「ショッピングモール」といった商店街活性化を考える上で不可欠の存在を理解するために必要な知識がありません。

 時代遅れになっている理論、専門用語で問題を考えていたのでは正しい解答に辿り着くことが出来ません。
正しい解答が無ければ、活性化を実現することが出来ません。

 今現在、多くの商店街活性化が行き詰まっているのは、活性化を考えるときの基本となる用語―理論が、過去の常識のままであり、きちんと整理された理論になっていないことが大きな要因だと思います。

  パラダイムを整備すること、この問題に取り組むべきは学識経験者の皆さんですが、取り組まれている様子は見えません。
商店街―中心市街地活性化を導いているのは、広域・商業集積間競争が存在しなかった「古きよき時代」の常識、これで状況を観察し、判断していては,広域・集積間競争の最中に商店街を活性化する方法と方向を発見することは難しい。

 難しいからと言って放置しておけば、商店街の前途は暗くなる一方ですが、何をどうしたら良いのか、パラダイムの転換は大仕事ですからね・・・。

「売れる売り場」が商店街を救う

 商店街活性化の目的は、売れていない売り場が売れるようになること。
そのためにソフト、ハード様々な事業が取り組まれます。
来街目的となる施設の整備、イベントの開催、街並み整備、街具の整備等々。
各種事業の成果として来街者が増え、街を回遊する通行量も増え、結果的に個店で買物をしてくれるお客が増える。というしナリオですが、なかなかうまく行きません。来街者を増やすことは出来ても,この人たちを商店街の買物客、得意客にすることがなかなか難しい。商店街活性化の最大の問題です。

 得意客が増えないと、平常日の来街・回遊・買物客は増えません。イベントで来街した人は,イベントを楽しむことが目的ですから、なかなか買物にはつながらない。
現状のままでは、活性化施策に取り組んだ結果、平日の通行量が増える、個店のお客さんが増える、売上げが向上する、という期待は実現出来ません。
全国の商店街で何十年も取り組まれて来いた各種の活性化事業、これから画期的な方法が出現することは考えられないですね。

 どうすれば良いのか?
一方、個店の現状を見ますと、いつまでも活性化事業の成果が挙がるのを待っているわけにはいかないようです。
早く成果を挙げないと、存続が難しかったり、事業承継を諦める個店経営も増えてきます。そうなると、いよいよ商店街の行く手は危うくなる。待ったなしの状態の商店街も少なく無いと思います。

 起死回生の方法は、逆転の発想。
街を活性化して個店を繁盛させる、と言うこれまでの考え方を逆転させて、個店を繁盛させることで来街者を増やし、通行量を増やし、街を活性化させる、と言うことは出来ないでしょうか?
これまでこの方法の可能性はほとんど検討されていません。
(続

商店街活性化のミッシングリンク

 同じタイトルの記事を何回か書いていますが。

 どうもおかしいですよね。
商店街はショッピングの場、ショッピングは個店の売り場で行われる。
商店街を活性化したい、と考えるならイの一番にチェックして、問題があれば改善しなければいけないのが,来街目的を果たす場所:個店の売り場のしつらえですね。

 ところが。
商店街活性化の取組が始まって以来、個店の売り場に問題がある、と言う指摘はほとんどありません。
一方、消費者アンケートでは「品ぞろえが新鮮でない」、「陳列が見にくい」といった指摘が毎回繰り返されているというのに・・・。
商店街ぐるみで売場の改善に取り組もうという企画はほとんど出てきません。

 一方、商店街のイベントでは、街に人を呼ぶのは商店街の仕事、集まった人をお客にするのは個店の仕事、と言われます。
商売のプロなんだから,店前通行量をお客に変えるくらい出来るだろう、と言うことですが、出来ません。
お客にするためには、「見てみたい」―「見ると買いたくなる」―「買うとまた来たくなる」というお客の変化が期待出来る売り場を提供し手置かなければならない。そうしないと、イベント客を自店のお客に転化することは出来ません。

 そういう売り場づくりが出来ているかどうか。
これはもちろん出来ていません。出来ているならイベントに取り組まなくてもお店は繁盛しているはずですから。

 お店はイベント客を売り場に迎え入れ、ショッピングを堪能してもらう準備が出来ていない。
準備をしないまま、イベントを開催し一過性の来街者を増やしても、お客は売り場に見向きもしない。
結局、イベントに来たお客さんはお店には立ち寄らないまま,イベントが終わると同時に帰ってしまいます。
売り場を試すことも無かったので、明日明後日、買い物に来ることはありません。結局、イベントは商店街のお得意酸を作ることが出来ません。その原因はイベントにあるのでは無くて、お得意さんが作りたくてたまらない、しかし、売り場の作り方が分かたない個店にあるのです。

 それなのに、どうして個店・売場の改革改善に取り組もうとしないのか。
不思議でたまりませんね。
活性化の取組を上から見ると、真ん中に売れない売り場が鎮座していて、その周囲をソフト・ハードの活性化事業が取り組んでいる、という図ですね。取り囲んでいる事業群は,売り場については一指も触れず、沈黙したままそれぞれの事業に取り組んでいる・・・。

 と言うことの連続で今日という日を迎えていますが、明日もまた今日の続きで売り場の話はご法度、でしょうか。
どうしてこういうことになっているのか、誰か推理してみてください。

再開発ビルは何故成功しないのか

多くの都市の中心市街地活性化基本計画には 「核施設」 の整備が計画されています。
中心市街地の集客核であり、多くの場合、商業施設です。
量販大型店(GMS)が撤退した空店舗のリニューアルや公共機関との複合ビルの場合もあります。
いずれも当該施設が広域から集客し、中心市街地全体への回遊を創出して一挙に活性化を実現する、という計画でした。

 ところが、ふたを開けてみると、施設への集客は出来たものの、施設外への回遊はほとんど起こりません。当て外れ。
そうこうしているうちに肝心の集客核からも客足が減り、業績は次第に悪化、低迷するようになります。
いろいろと手を打つのですが、なかなか効果が挙がりません。
そうこうしてるうちに、
郊外や隣接する自治体にモールなどが進出するとさらに落ち込みがひどくなり、核店舗が撤退、執行部交代、債権放棄等々、あれよあれよという間にお荷物になってしまう・・・。

 都市の規模や施設の規模を問わず、どうしてどこの街の核施設も同じような運命をたどるのか?
その原因を明らかにして、新しい繁盛を実現していく対策を提案したいと思います。

 しかし、ただ、あーですよ、こーしたらいいですよ、だけでは面白味に欠けるので,どこか、どなたか、“うちが実験台に上がってもいいよ、本当に活性化出来るのなら”という手は挙がらないでしょうか。

 クオールエイド流繁盛店づくり、お金は掛けない。計画は立てない・新規のお客は欲しがらない、三点セットで立ち直らせるという企画です。ちなみに「キラリ」はこれまでにも、百貨店、商業ビル、エキナカモールなど「中心市街地の核店舗」で取り組まれています。

□ 結論からいいますと

 なぜ再開発ビルは軒並み失敗続きなのか? 結論から言いますと。
計画した人(グループ)が、商業についての知識を持っていなかった、今どき中心市街地に商業核を新設するにあたっては、必ず持っておかなければならない知識を持たないまま、漫然と建設に取り組んだ、ということですね。これが失敗の最大の要因、全国の開発事例=失敗事例に共通する原因です。

 多くの事例では活性化策に取り組まれていますが、その取組は、上記の失敗要因に気づかないまま、要因に対する対応を講じられないレベルで進められていますから、いくら注力しても効果が挙がりません。

 せっかく作った核施設、中心市街地の核店舗として機能させるには何をどうすれば良いのか考えます。
問題に直面している人は、お付き合いいただくときっと得るものがあるはずです。

□ 「集客核」について

 商業関係で“核”“核店舗”と呼ばれる施設については定義がありません。
核店舗に限らず、小売業界の用語はあまりきちんと定義しないまま使われています。
商店街、中心市街地界隈で流通している商業用語、専門用語も定義されていません。
定義されていない言葉を使った考察で、原因が複雑で大勢の人が関係している問題の解決策を考え出し実行して目的を達成することは難しい。
第一に、解決策が“見た目”レベル、問題の現象的な部分に対する対症療法位しか考えられないでしょうし、その対応も何のために取り組むのか、関係者が共有することはなかなか出来ないと思います。
専門用語の定義、難しく考えることはありません。
この言葉で何を言い表そうとしてるのか? ということ。
商店街、中心市街地関係の専門家さん達が使う“専門用語”、果たしてちゃんと定義されているかどうか。
直接聞いて見ては如何でしょうか。

  さて、“核店舗”について。
これは「商業集積」において特別の地位を占めている店舗のこと。
特別の地位とは、その商業集積
全体を代表している、象徴するポジションにある店。その商業集積が対応するショッピングニーズの中心部分に対応している、商品(売場)構成、サービス、店内環境を実現している店舗のこと。
核店舗とは,その店をみればその商業集積がねらっているデスティネーション(消費購買目的)を理解出来る、という特性を持っています。

  計画的に作られる商業集積は,核店舗を中心に据え、その周囲にサブテナントを配置するという形。
サブテナントとは、核店舗が象徴するデスティネーションを補完補供する店舗、売り場です。

  集積類型が同じ商業集積の場合、核店舗は大体同じ業態になりますから、余り独自性を発揮することは出来ません。いたずらに売場を拡大するとマネジメントの効率が低下します。
集積間競争に勝ち抜くにはサブテナントの充実が不可欠です。

□ 核店舗のテナントミックス

 もう少しテナントミックスの原理について説明しておきましょう。
中心市街地,商店街にとっても重要な概念、タウンマネージャーさんでこの概念をここで説明する内容で理解しておかないと役割を果たすことが難しくなります。

 さて、核店舗(ここでは百貨店・DMS)といえども単体で成立しているわけではありません。
同業種・同業態間の競争は、どちらが業態としてのデスティネーションを(消費購買行動からみて)実現しているか、を巡って行われます。
というか、同業間の競争なら「差別化」でいけます。
差別化とは:
➀同業他店がやっている「よさそうなこと」は全部採用した上で
②他店がやっていないことをやる
という昔の経営手法ですね。

 同業間競争の場合、特にどちらも「見よう見まね」で作った業容ですからどうしても似通ってきます。
目隠しして店内に入って目隠しを取ると,どこの店にいるの分からない,といわれるくらい。
この点、核店舗業者にはよくわかっていますから、自社内部の努力による差別化は困難となれば、後はテナントで勝負しなければならない。
競争相手が持っていないテナントをどうリーシングするか。
これが百貨店、GMSの競争戦略・経営持続戦略としてのテナントミックスの基本です。
核店舗を撤退に追い込んだモールのテナントミックス戦略も「ご当地初登場」のテナントをの宣伝に頼るなど余り変化はありません。

 ということで、以上を踏まえて「中心市街地の新核店舗」の考察を続けます。

  本来、テナントミックスは、核店舗が構築している業容(来店目的=デスティネーション)をいっそう充実せる、補完強化することが目的です。競争=お客の消費購買行動への対応です。

 百貨店やGMSが細かな顧客ニーズの変化に対応することは業容の特性から難しいと言うこともあって、テナント=専門店の力を活用して集積としてのデスティネーションを作る、という方向が主流ですが、この手法もろとも郊外のモールに敗退した、というのが中心市街地から核店舗消滅の事情です。
 
  ちなみに、同じ手法で勝利しているかに見える郊外のモールも内実は厳しく、ここに中心商店街起死回生の道が見えているのですが、その話はまた後ほど。

□ 中心市街地の集客核

 中活法において中心市街地とは、「都市中心部の商業街区プラスアルファ」をいいます。
ここを間違うと、ものの見方考え方、施策、全て間違う可能性がありますから要注意。
ちなみに、今大きな問題となっている地方創生に関わるコンパクトシティ指向には、中活法のスキームは対応していません。
よくよく吟味して見ること。

  さて、中心市街地的商業集積の核と言えば、昭和の頃は百貨店か量販百貨店、それにトレンディ服飾系のテナントビルと決まっていました。
ところが空白の二十年、平成の御代に入るとこれらが揃って“核機能”を喪失、業績不振ーリニューアル―業績不振という「負の連鎖」にはまり込み,相次いで撤退に追い込まれたことは周知のところです。
核店舗が撤退すれば、その集客力に依存していた「買い回り型商店街」はたちまち通行量激減、閑古鳥が闊歩する事態に陥ります。

 中心市街地活性化は、低迷する中心商店街を活性化することを使命として制定されたことは、改正前の法律の正式名称が、「中心市街地における市街地の整備改善と商業等の活性化の一体的推進に関する法律」だったことに明らかです。

 状況からして
商業等の活性化を任務とする中心市街地活性化基本計画に掲げられた商業等の活性化のための事業の筆頭は、
「中小小売商業高度化事業」です(現行法も)。その目指すところの第一は、中心商店街に集客核を再建すること。

ここまでよろしいですか?

□ 課 題

 中心市街地・中心商店街に新設する集客核の課題とは。

 従来、自他共に認める中心商店街の核店舗=百貨店等が退出した後を引き受けて集客の核となる施設の業態・業容は如何にあるべきか?
前提条件の第一は、百貨店や量販百貨店(以下「GMS」)では話にならない、ということです。
だって、従来しっかり地域に根を張っていたはずの店舗群が総退出せざるを得ない、「地殻変動」が起きているわけですから。

  ちなみにこの地殻変動は、核店舗のみならず、それを取り囲んで立地する商店街群全体にも同様に深甚な影響を及ぼしていますが、この地殻変動が全く理解されていない、今日に於いてもなお、というのが大問題。

  新に核店舗を計画するに当たっての作業は、
1. 既存核店舗を総退出せしめた「競争環境の変化」を的確に理解し、
2.その理解の上に新に計画する
「核店舗」の業態・業容を計画立案する
という創造的なものです。さらに、
3.核店舗として、商店街の各個店が構築すべき「新しい繁盛への道」
のモデルとして,
繁盛を実証し、ノウハウを構築し街なかに普及する
という役割を持ちます。
スキームに於いて「核店舗の整備」が高度化事業構想―タウンマネジメントの根幹に据えられたのは以上2つの理由からです。

  中心市街地活性化推進の核となる「核店舗」への期待と課題は以上のとおりですが、実際の取組に於いてこの期待と課題はどう理解され、計画に反映されたか。

□ 計画されたこと

 中心市街地活性化基本計画における核店舗の整備は、
1.新設
2.大型店が撤退した後の建物を再利用
という方法が一般的ですが、
計画するに当たっては、どちらの場合も、
1.商店街既存の各店舗が撤退に追い込まれた原因の究明
2.これから商店街の核となり得る店舗が具備すべき要件
などについて、検討された形跡はありません。
これは大変重大な問題。

  本来なら、
1.新規に開設する核店舗の業容がなぜ“核店舗”としてふさわしいか,説明した上でさらに
2.核店舗を整備した効果を獲得するには商店街全体・既存各個店はどんな自助努力が必要か?
この二点を基本計画上に明らかにして、
3.商店街・各個店が核店舗を中心に再構築していくデスティネーションを定義し
それを実現して行くシナリオを描き、
4.各段階をクリアしていく行動・事業を計画する
これが『中心市街地活性化基本計画』の任務です。

  実際はどうであったか?

核店舗の果たす役割を踏まえた業容の構築・・・・無し
商店街とともに構築していくデスティネーションの定義・・・無し
商店街・個店の努力が向かうべき方向・・・無し
取組のための体系的な施策・・・無し
という無い無い尽くしで取り組まれたのが核店舗の整備、これで
核機能を期待するとか、
商店街活性化の牽引車とか言われてもですね・・。

  開設してみたら、案の定、核機能は愚か自店の経営継続もままならない状況のものが多い。
この原因をもう少し詳しくみていきます。

□ 商店街の核店舗

 中心商店街が当該都市の〈ファイナルショッピングゾーン〉だった頃は、郊外の商業集積は影も形もありませんでした。当時、商店街の核店舗は前述のとおり、地方百貨店か量販百貨店、あるいは両者並立でした。当時は商圏内に比肩できる集積は無かったので、商店街立地の大型店=商店街の核店舗、という認識でよかったのです。実際、両業態とも当該商店街が標的として
いる消費購買行動に適合した店づくりでした。

  このことから、核店舗=大型店舗、百貨店や量販百貨店のこと、という俗説が生まれました。
ところが、郊外型商業の発展と共にこのような「核店舗」は郊外のショッピングセンターとの競合に敗北します。
(その経緯はあらためて後で詳しく)

  郊外型商業が全盛を極める時代には、商店街立地の百貨店、量販百貨店はそれらと太刀打ち出来ず総撤退を余儀なくされました。
撤退後には大型の空き店舗が生まれ、これを利用して新しい中心商店街の核店舗を設置しよう、というのが多くの都市で創られた基本計画の目玉です。

 この「核店舗」整備計画がよろしくなかった。
「核店舗」なら百貨店か量販百貨店(当時でいえば、ダイエー、ジャスコ、イトーヨーカドー、サティなど)と思い込んでいたので、打診しますが、もちろんいい返事はありません。
みんな、郊外に出店しているのですから当然ですね。
当てが外れましたが、建物の建設は既に進んでおり、何とか埋めなくてはならない。

 そこで招聘されるのがSC企業経験者たるコンサルタントさん。
テナントリーシングの経歴を買われてタウンマネージャーに就任した人もいます。

 大きな箱にテナントを入れ込む作業が始まります。
当初は、地元初登場のチェーンショップとか条件を挙げていますが、募集が難航するにつれて、条件を甘くせざるを得ない。
なにしろ、中心市街地の大型店に出店しようという奇特な企業はそう多くありませんから。

 オープン当日のテナントミックスを見ますと
「郊外型SCの二番煎じ」的なレイアウト―テナントミックスが出来上がっています。
期待していた地元の消費購買行動はがっかり。

□ 核店舗の低迷

 せっかく新設した核店舗ですが、期待したような“核機能”を果たすことは出来ません。
新施設が広域からお客を集客する
集まったお客が街なかを回遊する
既存商店街全体が潤う、
という周知の活性化シナリオですが機能しません。

 既に述べたように「核店舗」の内容が
【各種大型店が退出した中心商店街の集荷客】
にふさわしくなかったからです。

  その結果、中心市街地の回遊性の再構築どころか、新設した施設自体の業績が計画を大きく下回り、運営に支障が生じている店舗が続出する状態です。
もちろん、中心市街地全体の活性化を牽引するという当初の期待は全く果たされないまま。
こういう状況に陥っているケースは、珍しくありません。
(※その情報はネット上で調査すれば数多く出てきます)

  せっかく設置した核店舗ですから何とか存続させたいと施策を講じますが、成果が挙がりません。
その原因は【中心市街地に必要な核店舗】についての検討が不十分だったことが第一です。
中心市街地の集客核である大型店が退出した、たいへんだ、代わりの大型店を誘致しよう、
という【対症療法】が間違いでした。

 先 にも述べたように、既存の大型店が退出したのは(郊外に開設したショッピングセンター等の影響により)消費購買客から見た【来店目的】が陳腐化し、中心市街地までわざわざ出かけてくる魅力を感じなくなったことが原因です。

  その後に類似の施設を持ってきても同じ運命をたどることは容易に想像されるところ、実際に大きな期待のもとに苦労を重ねて開設した店舗の多くが同じ運命をたどりました。

  さらに。
低迷する施設を何とか活性化すべく、あれこれと施策が追加されますが、低迷の根本原因である店舗内容(業容)が中心市街地の核店舗に求められる要件を備えていない以上、【不足】していると思われる条件をいくら追加(加上)しても、焼け石に水、です。

  今現在、中心市街地には活性化の取組に失敗したがゆえに新に生じた問題というものがあり、この存在がいっそう活性化の実現を遠ざける要因となっています。
これは核店舗に止まらず、非・物販施設や、駐車場なども含みます。
共通しているのは、中心市街地の【来街目的の充実】という基本問題の解決に失敗した、あるいはその問題への取組を放置したまま、補完事業に注力したことです。
いずれも【中心市街地活性化】とは何がどうなることか、
という根本問題を誤って理解していたことに起因します。
なぜ誤解したのか、ということまで遡及するとたいへん根が深い問題です。

目標は「通行量増大」か「来街者増大」か

「通行量の増大」と一口に言いますが、ホントはもっと分析が必要です。
もやっとした取組ではいつまで経っても目標達成ができません。

□増やしたいのは、通行量か来街者数か。

 「通行量」だとして、
①目的不問、街なかを行き来する人数か
②ショッピング目的で来街、回遊する人数か?
欲しい通行者相によって増やす方法が変わります。

 商店街活性化において「通行量の増大」というとき、その目的は「経済活力の向上」ですから、増やしたい通行量は、「ショッピング目的で来街&回遊する人」ですね。
通行量の中身を無視すると、何でもいいから通行量を増やせ、ということになり、結果、通行量を増やすことがが出来ない、あるいは、通行量は増えたが活性化は出来なかった、という結果に終わります。日ごろ見聞するとおり。

商店街活性化の数値目標としての通行量の増大とは、〈ショッピング目的で来街&回遊する人〉を増やすこと。
必要な事業に色々取り組み、その結果として実現する〈通行量の増大〉を目標に掲げるわけですから、取り組む事業は〈住む人・来る人を増やす〉的事業とはほど遠いことになります。
 住む人、来る人を増やすことで数値目標を達成しても、商店街活性化の実現とは無縁の数値ですから、「取組の効果の発現は認められない」と評価されてしまうことになります。

このあたりは、中活・基本計画のプラニングで重要なこと。通行量を〈住む人来る人〉で増やそうとすると、総務省レビューの指摘通りの結果となるわけです。

□通行量増大のために取り組むこと

 さて、中心市街地活性化では『基本計画』に掲げられている、「数値目標:通行量の増大」の上位目的は「経済活力の向上」です。そのために取り組むべき事業が『基本方針』第七章に例示されていますが、高度化事業を筆頭にほぼ「商業の活性化」のための事業一色、即ち通行量の増大―経済活力の向上が商店街活性化と密接に連続していることが見て取れます。
各種の商業活性化関連の事業が列挙されているなかで、明示されていないのが「売れる売り場づくり」。画竜点睛です。

 「経済活力の向上―通行量の増大」という上位目標を実現するために取り組む「通行量の増大」ですから、取組はショッピング目的の来街訴求、得意客創出、回遊促進のための事業が中心にならないといけない。とりわけ、商業機能活性化の核心要素である「売れる売り場づくり」が不可欠になります。論理的な帰結です。

 目標が達成出来ないのは「通行量」の意味を誤解したうえで取り組む事業を企画していたからでは?
そうと知ったからには「売れる売り場づくり」に進路を取るべき。

「売れる売り場」を増やさないと通行量の増大は実現できない。
このことが周知されると、経済活力の向上―商店街活性化が現実の個店経営の自助努力と直結した目標になります。売れる売り場づくりの重要性、核心性は他の事業では代替できないことを了解したらさっそく行動開始ですね。

「売れる売り場」というミッシングリンク

  商店街全盛時代、通りにあふれていたのはみんな商店街のお客さんでした。商店街のイベントともなると、この人達が一斉に来街しますから文字どおり、通りは押すな押すなの大盛況、お得意さん主体の人出ですから、当日は人出に比例していつもとは比較にならない売上げが実現しました。

 今、イベントなどで商店街を訪れる人の多くは、日頃は商店街以外でショッピングしています。せっかくみんなで力を合わせてイベントに取組、お客さんが来てくれてもその人達が各個店に入り、商品を吟味し、買い上げていただく、というイベントのねらいはなかなか達成されません。

 イベントで来街した人を個店のお客に出来れば、その中からお得意さんが生まれる、やがて他の店にも回遊し商店街全体のお得意さんになってくれる・・・・、こういう流れが出来上がると,イベント開催の都度、個店でショッピングを楽しむお客が増え、お得意さんが増え、回遊客が増え、という〈善循環〉が起こって、徐々に商店街は毎日賑わうようになります。
もちろん昔のようにはいきませんが、現在とは比べものにならないくらいお客が増えることは間違いありません。

 問題は、この〈善循環〉をどうしたら産み出すことが出来るか。

 日本全国、数十年にわたって明けても暮れても取り組まれているのにほとんど成果が挙がらない商店街活性化。活性化のシナリオを読み解いてみますと、重大な欠落があることが分かります。
シナリオは概要、次のように描かれています。

①ソフト&ハードの集客事業に取り組む
   ↓
②集客に成功する
   ↓
③集まったお客が個店~商店街の得意客になる
   ↓
④商店街が活性化する

というシナリオですね。
 
 筋の通った取り組みですが、大きな問題が③にあります。
お客が買い物をするのは各個店の売場、すなわちシャッターの内側ですが、もちろん、ほとんどの個店の売場は「劣化スパイラル」に陥っています(陥っていなければ活性化に取り組む必要はない)。
シャッターの内側、つまり「買い物の場」が劣化している商店街に施策に誘われてやって来た人が「買い物客」になるでしょうか?

 もちろん、なりませんね。
この人たちは、ちゃんと日頃買い物に使う「買い物行き先」を持っており、ほとんど不自由を感じていませんから、何も商店街に北からと行って劣化しているお店を買い物の行き先に使う必要は無いわけです。

 ということで、いくら施策を講じても商店街が活性化出来ないのは、

①ソフト&ハードの集客事業に取り組む
   ↓
②集客に成功する
   ↓
③集まったお客が個店~商店街の得意客になる
   ↓
④商店街が活性化する

というシナリオのうち、③が実現できないから。
③が実現できないのは、軒を連ねる個店の売場が劣化している、〈売れない売り場〉になっているから。
売れ無い売場を売れる売り場に変えるのは,各個店のオーナーさんの仕事、ということになっています。その結果、〈売れる売り場〉は実現されず、イベント来街客を個店~商店街の買物客にすることが出来ない・・・。

 これまでの取り組みには「劣化している個店の売場を改革する」
という不可欠の取り組みが欠落していました。このため、せっかっくいべんとなどでお客を集めても、その人達が〈買物客〉になり、〈得意客〉になるというプロセスはほとんど機能しませんでした。その結果、通行量を増やせば街は活性化する、というシナリオが機能していません。
〈売れる売り場〉というリンクがつながっていません。ミッシングリングですね。

 個店の売場の改革にどう取り組んでいくか?
中心市街地・商店街活性化の最大の課題ですが、管見の限り、当社を除いて誰もこの問題を指摘している例は見当たりません。
さしあたり、第一線で取り組んでいるTMO、タウンマネージャーさん、指導に当たる専門家の先生方などはイの一番に気づいて、問題を指摘し、対策を講じるべきところだと思われるのですが・・・。

 「個店の経営支援を課題として取り上げる傾向は徐々に増えていますが、さて、喫緊の課題である「売場の改革・売れる売り場づくり」についてどのような「方向と方法」で取り組むのか、もちろん「施策」はそこまで指示は出来ませんからそれぞれの都市が能力全開で企画しなければならない。
〈魅力ある店づくり〉ということが最近よく聞かれますが、その魅力の中身、それをどう作って行くか、と言うことについての検討はまだこれかたのようです。gはや苦準備しないと時間は限られています。
 ご承知のとおり、我々は〈キラリ輝く繁盛店づくり〉という〈売れない売場を売れる売り場に変えていく〉方法、リオン・技術・仕組みを持っていますが・・・。

 商店街活性化のミッシングリング、きっちり対処しないと活性化のシナリオは稼動しませんが、さて、どう取り組みますか? 

集客イベントは客数・売上げのかき入れ時

 賑わい創出を目的に取り組まれる集客イベント、多くの商店街で当日はイベントの運営で手一杯、自店はほったらかしで集客行事に注力するパターンが定着しています。
その結果、当日は平常日よりも入店客す、売上げが低下する、と言う商店街も見受けられます。
言われるのは、当日の売上げ・入店客数は目的ではない、と。

 そうかも知れませんが、イベント本来の目的が『再来街(店)の創出』を大きな目標に掲げており、その目標を達成するための最大の課題である「売場の見える化」が実現されていれば、お客はイヤでも入店してきます。
売り場が見えた結果としての入店ですから多くが『売上げ』につながります。
このせっかくの好機が全く活かされていない。
 
 イベントの目的をきちんと踏まえて事業を組み立てれば、当日は売り場に特別の仕掛けをしなくても各個店の客数・売上げは確実に向上します。理論的にそうなるはずであり、かつ、キラリに取り組んでいる個店のイベントに際してのお客の動きによって実証されています。
キラリのみなさん、そうですよね(^_^)

 イベント開催時、参加した各個店に「客数・売上アップ」という業績が実現しないと、そのイベントは「再来街客の創出』という任務の達成に失敗したのかも知れません。ショッピングの場としての適否をチェックし、評価が高かった売り場以外に『再来店したい』という気持は起こらないでしょうから。イベント翌日から商店街は元通りの閑散振りに逆戻り・・・。成果の蓄積は出来ません。

 イベント当日は、イベント来街者に向けて各個店売場の『ショッピングの場』としての充実度合いを十分にアピールすることが必要です。AIDMAを発動させる機会がイベントだと考えることも出来ます。AIDMA誘発の準備はイベント直前の付け焼き刃では済みません。逆に言えば、イベントは日ごろこつこつと取り組んで来た「売れる売り場づくり―お客に見える店づくり」のその時点での到達レベルを『お披露目』する機会です。
イベントのたびにお披露目が出来ると日ごろの取組にいっそう気合いが入ります。本来、イベントはそのように活用すべきではないでしょうか。

 キラリを実践している個店にとって、イベント当日はまたとないか「き入れ時」、新規来店客の増加、売上げの増加が実現し、さらにイベント終了後の数日間は『イベント当日見せてもらいました』と言いながら一見さんが入ってくる・・・。けして通行量の多い商店街の話ではありません。キラリにと組んでいる商店街・売り場では普通に見られる成果です。
イベントにわざわざ来街した人が、今度はお店めがけてわざわざ来街してくれる、ということがイベント本来の目的の一つ。

 「イベントに売上げは求めない」という人もいますがとんでもないことです。それではイベント自体が目的化しており、従って、売り場の改善などはほとんど意識されていない取組になっていると思います。そういうイベントの繰り返しで商店街が活性化する、商店街の担い手である個店の売り場が賑わうようになる、ということはあり得ません。

 「イベントをかき入れ時にする」
もちろんそれは再来街、再来店に直結する【かき入れ】でないと意味がありませんから、「特価セール」や「一日限りの〇〇市」といった【企画もの】では無く、各個店プロパーの【売り場づくり】の成果として実現する「かき入れ」でなければならない。

そのためには,何が必要か?
キラリ実践中の皆さんはイベントのたびに実感し、いっそう
【売れる売り場づくり】に邁進されていると思います。
イベント=かき入れ時になっていないキラリさんはどこかで取組方を間違えています。点検し、改善してください(^_^)

商店街活性化・根幹となる取組

 閣議決定「中心市街地活性化を図るための基本的な方針」には、中心市街地活性化が進展しない原因をいくつか指摘していますが、なかでも特に重視したいのは、
「専ら基盤整備などの周辺事業にとどまり、中 小小売商業としての競争力の根幹である業種揃え・店揃えの最適化に関する取組が不十分であった」
と指摘されていることです。
 
 中心市街地の商店街をはじめとする商業集積・施設群が空洞化しているのは、広域に参入している多種多様な商業施設群との競合の結果です。競争力の根幹(すなわち競争の課題)を最適化する取組が不十分であったため、新規参入した競合に遅れを取ったのが空洞化の主因です。
残念なことに,基本方針において指摘されているこの「競争力の根幹」の整備の不十分については、真正面から取り上げている基本計画は無いと思います。たとえ有ったとしても、現実に取組が計画出来るかといえばそれは無理、必要な利理論・技術が揃えられていません。

 さて、商店街活性化の目的は、商店街の商業集積としての持続可能性の再構築です。
競合との競争に適切に対応する術を持たなかった商店街は、空洞化の一途を辿って現在に到っていますが、持続可能性を再構築するには、【競争力の根幹】である【業種揃え・店揃えの最適化】に取り組まなければならない。
競争力の再構築なしに持続可能性を再構築することは出来ませんからね。

 そこで問題になるのが「業種揃え・店揃えの最適化」とは何を意味するか ? と いうことです。
この問題についてはこれまで幾度となく説明しているので、【ブログ内検索】で確認してください。

 今現在、商店街が最優先で取り組まなければならない問題は、【商業集積としての持続可能性の根幹】は、商店がぐるみで【売れる売り場】の集積へとその在り方を転換していくこと。

 その取組の中核に位置づけられるのが【売れる売り場づくり】です。
業績が低迷する個店群の売場を【売れる売り場】に転換することが、商店街の持続可能性再構築の取組の根幹となる事業です。
もちろん、この事業には現在―将来の競争環境、消費購買行動等の変化を踏まえた、
①商業集積としての在り方を実現する方向と方法、個店群の売場の転換の方法等に関する理論、
②店間実務のための技術
③転換を商店街全体に伝播する仕組み
三点セットの装備が必要です。

 ご承知のとおり、当社はこの3点セットを装備しており、【キラリ輝く繁盛店づくり】として全国の有志とともにb取り組んでいます。
取り組みを通じて、三点セットは逐次改良を重ねており、現在、【売れる売り場づくり】という商店街喫緊の課題をテーマにsitが取組として提案しています。

(続く)
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ