FC2ブログ

07/29のツイートまとめ

takeoquolaid

@takebata 春光堂書店で衝動買いです。 https://t.co/NnUNhUZSVC
07-29 23:28

RT @takebata: 甲府中心部に用があったので、春光堂書店にふらり。今日もネットでは辿れない、意外な一冊と出逢える。こういう出逢いが嬉しくて、たまに覗きたく本屋さんです。 https://t.co/jHB82PGFVK
07-29 23:21

長年にわたり、新規参入各種商業施設からフルぼっこされてきた商店街、「商業集積としての再生」に取り組むのは結構ですが、「通行量を増やせば再生出来る」というのは違うんじゃないですか?広域商圏で経営努力として「店前通行量の増大」に取りんでいるのは商店街だけですけど・・。
07-29 23:04

それより自分たちが真っ先に (でもありませんが) 取り組んで繁盛を実現するとともに、【成功事例】とやらになってやろうじゃないの、というのが面白いと思いませんか。売場を磨くとイベント開催の都度、お得意さんが確実に増えますよ。
07-29 22:03

そのうち、通行量増加と並行して「個店売場の充実」に取り組む大きな流れが出て来るだろう、そしたら先行事例からノウハウをもらいながらうちも取り組もう、という方法は通用しません。大きな流れが現れるというのは考えにくいし、第一、ノウハウをもらえば繁盛できるというものでも無いでしょう。
07-29 21:59

各個店の売場が「買い物の場」として充実していれば、イベント開催当日、あるいは翌日、翌々日、来店客が増えるはず、しかし実際は増えませんね。ということは、通行量を増やしてもその結果として買い物客の増加=経済活力の向上は実現出来ないわけです。シャッターの内側の改革は不可避です。
07-29 21:54

これは重要。通行量がどんなに増えても、その結果として各個店の業容、売場が買物の場として充実するなんてことはありえない。通行量増大を目指す人たちは、シャッターの内側には問題は無い、通行量さえ増えれば街は買物客で賑わうようになる、と考えているわけだがそんなことがあり得ますかしら?
07-29 21:46

通行量を付加する取組と商業集積としての再構築を目指す取組、両者に違いを一言でいえば前者はひたすら取組を繰り返すだけ、後者は着実に「再構築」へ成果を積み重ねます。この違いは本質的な違い、通行量をどんなに増やしても『再構築』にはつながら ない.
07-29 15:00

商店街―中心市街地活性化を本当に実現したければ「商業理論」が不可欠ですが、①我々以外、誰もそのことを提唱しない。②既存の商学系の教科書では役に立たない。という実状です。理論無しの取組に疑問を感じない人が『取組には商業理論が必要だ』と思い当たる日は来ないかも知れません。
07-29 14:00

効果乏しい異名類似微差事業に違和感なく取り組んでいる間は、『商業理論の必要性』に思い当たることは無いんでしょうね。
07-29 13:38

続きを読む

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ