FC2ブログ

07/28のツイートまとめ

takeoquolaid

当時、ダラス、セントルイス等における集積間競争のメインは既にショッピングモール間競争でした。当時、日本の小売業界は米国の20年遅れで動いている、と言われていました。モール間競争の実態は大変勉強になりました。我が国と比較した米国小売業の特徴は、コンセプトが明快なこと。
07-28 23:57

こうして書くと難しそうですが、既に選択肢のひとつは完成しています。【キラリ輝く繁盛店づくり】ですね。「商業集積としての再構築」こそが商店街活性化への道だということが周知されれば、支援制度も整備されると思いますが、それまでは現在の諸制度を活用しながら取り組むことになります。
07-28 23:17

新しい『商業集積としてのありかた」を構想し、自助努力でそれを実現しなければならない。「商業集積再構築事業」ですね。メインになるのは、「商業集積間競争」の環境において持続可能な集積としてのコンセプトの作成と再構築を可能にする店づくりをマネジメントする能力を身につけること。
07-28 23:12

商店街の現状に何かを付加することで商店街を活性化する、すなわち、商店街の「デスティネーション」を変化させずに何かを付加することでデスティネーションを変化させたのと同じ成果を各個店にもたらすことが出来るだろうか?もちろん、不可能ですね。したがって、活性化を目指す商店街は
07-28 23:08

だけ、現状に付加出来ることは限られていますから、取組の内容も『異名類似微差事業』になります。いくら付加しても活性化の実現に向かって成果が蓄積されることはありません。
07-28 21:33

商業集積としての再構築という基本姿勢が無いと、概ね三年をワンクールとする「異名類似微差事業」を繰り返すことになります。「再構築」は取組の成果を積み重ねていくので、年を経る毎に事業内容がより高度化していきます。『再構築』というコンセプトが無い取組の場合、現状に何ごとかを付加する
07-28 21:31

RT @R7pwX: 上杉隆氏「21人の候補の政策を見て投票して」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/sxj1LHangu #Yahooニュース
07-28 20:48

再開発事業による「集客核」の整備、既存「核施設」のリニューアルなどに取り組む場合は、「集積論」的知識が不可欠です。大型店を作れば即「集客核」になるというのは、大店法時代特有のノウハウ、時代背景を無視して作ると「お荷物」になってしまいます。失敗事例多数。
07-28 20:36

商業集積にとって「核店舗」とは何か?核店舗にとって「商業集積」とは何か?ショッピングモールにとって「核店舗」とは?我々は90年代、ハイパーマートUSAの進出で激動のさなかにあった米国南西部、大都市郊外における集積間競争の実態調査なども含め、理論的に解明しています
07-28 20:33

#活性化真偽商店街活性化にはしかるべき『商業理論』を装備しなければならない、というのが我々の持論、ご承知の通り。中でも今すぐ必要な各論の一つが「商業集積論」です。商業集積とは何か?典型的な商業集積:ショッピングモールについて。差別化戦略はなぜ金太郎飴になってしまうのか?
07-28 19:21

続きを読む

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ