FC2ブログ

06/03のツイートまとめ

quolaidbot

という店づくり・関係づくりを目指しましょう。おっと、店づくり抜きの関係づくりは成立しません。まちゼミ、100円商店街などが繁盛につながらないのは「店づくり」をスルーしているから。
06-03 23:13

もちろん、お得意さんはお店を援助するためにお得意さんなっているわけではありません。お店が可愛いからでもありません。みんな可愛いのは自分自身。お得意さんがお店とつきあってくれるのは、それが自分にとって意義があるから。お得意さんが「自分のために」行動するとお店が儲かる、
06-03 23:11

シャッターの外側でいくらお金を掛けて通行量を増やしても個店のお客は増えません。個店を助けられる施策とかありませんからね。個店を助けられるのは、その店のお得意さんだけ。お得意さんが店を気に入って使い続けてくれれば、そういう人がこれから増えれば、お店は助かります。
06-03 23:08

商店街活性化=通行量の増大という路線は、どうも「弱い立場の中小個店を店前通行量を増やすことで支援(援助)しよう」ということのような。毎度のことながら、シャッターの外側の施策、たとえば、通行量をいくら増やしても、「入って見たくなる店」でなければお客はゼッタイ入りませんから。
06-03 23:05

合言葉は【イベントのお客を個店のお得意さんへ】これを実現しない限り、個店と「商業集積としての商店街」の明日は「明るい日」とは呼べません。問題は「お得意さんへの転換」をどう実現するか?「個店のお得意さんをイベントで作る」ことは不可能、「三種の神器」もお得意さんは作れません。
06-03 19:15

#商店街活性化定義もはや、定義抜きの活性化を看板に対症療法をくり返すという方法は、商店街活性化実現の障害になっているのではないか。商店街活性化に自店の商売の将来を賭ける皆さんは、「商店街活性化への道」=商店街の再構築は自店の繁盛実現から、という気概が必要なときです。
06-03 17:43

集客イベントも個店の売上には響かない。「活性化=通行量の増大」という目標は、イベント当日は実現するものの、恒常的な賑わいはほど遠い。困るのはこれからもずっと商店街で商売を営まなければならない、若手店主さん、後継者の皆さん。このままでは「商店街活性化」に期待は出来ません。
06-03 17:29

その後の経緯は省略するとして。今なお、商店街活性化と言えば定義無し、脈絡抜きの数値目標、数値目標と言えば「通行量の増加」という取組が続けられている。一度スタートに立ち戻って「活性化とはまちがそうなることか,考えてみよう」といったあるべき話は関係各方面、どこからもでてこない。
06-03 17:14

このとき、通行量が増えれば街はどうなるのか、目標数値を達成したら街の何がどう変わるのか、という研究は一切無し。学識経験者さんやコンサルタントさん、都市計画の専門家さんなど多数参加して活性化計画が作られましたが、活性化の定義、目標の意義、目標数値の所以などの説明は一切無し。
06-03 17:08

おかしいですね。活性化の定義は無いのに、活性化を実現するための数値目標が決定される。こういう成りゆきで決定される数値目標ですから、昭和以来の症状である「通行量の減少」の回復を図ろう、ということで目標:通行量の増加、目標数値:適当に。5%くらいは出来るんじゃないの、というノリ。
06-03 17:06

続きを読む

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ